2010年01月10日

食べることは生きること。〜「食堂かたつむり」・小川糸〜

食堂かたつむり(ポプラ文庫) (ポプラ文庫 お 5-1)
食堂かたつむり(ポプラ文庫) (ポプラ文庫 お 5-1)
ポプラ社 2010-01-05
売り上げランキング : 5505

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハイ、更新がとまってましてどうも。
ここんとこ映画も見に行けてなくて。

ホントはこの話もスタッフブログでもいっかいとりあげますが
入荷が遅れてまして・・・。
映画化を前に文庫になります。
店頭に並ぶのはもう少し待ってねと。
だいぶ前にハードカバーで買って読んでたんですが
そういやUPしてなかったんで
再読して感想をば書こうかと・・・。


続きを読む
posted by Ageha at 14:32| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(8) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

大変よくできました。〜「ゴールデン・スランバー」伊坂幸太郎〜

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー
新潮社 2007-11-29
売り上げランキング : 2571

おすすめ平均 star
star真相は?
star映画も期待
starこれぞ小説!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブックフロアにいて、
この本が本屋大賞をとり〜の、山本周五郎賞をとり〜のして
大騒ぎしてたときは全然読む気なかったくせに。
映画で、堺さんが青柳でっていうたら
買うか?文芸書。(笑)

・・・ホントはスタッフブログで取り上げる話なんですが
とにかく伊坂さんばっか書いてるので
映画公開が近づいてからあっちでももう一回
プッシュしたいと思います。(結局書くのかよ!)
一部ネタバレを含みます。読後に。
posted by Ageha at 17:52| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(24) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

ココ・シャネル〜レビューの前に。

ココ・シャネルという生き方 (新人物文庫)
ココ・シャネルという生き方 (新人物文庫)
新人物往来社 2009-08-07
売り上げランキング : 639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シャネル―スタイルと人生 ココ・シャネル―ファッションデザイナー (こんな生き方がしたい) シャネルの真実 (新潮文庫) ココ・シャネル―悲劇の愛 ココ・アヴァン・シャネル 上―愛とファッションの革命児 (ハヤカワ文庫 NF 350) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


みんながクチをそろえて
シャーリー版シャネルがええと言うてるのに
何故かオドレィ版を推してしまうのは
おそらくたった一冊の文庫のせい。

8月真っ只中シャーリー版公開前に
入ってきた本で新潮文庫の「シャネルの真実」とともに
なんだかわからんけどすごく売れていた。
現在はハヤカワ文庫から発売された
「ココ・アヴァン・シャネル」上下が
もう露骨にオドレィトトゥの帯の影響で
わ〜っと動いてるけど。(笑)

続きを読む
posted by Ageha at 13:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

自分で並べててブラックだ・・・

文庫.jpg

ちょっとわかりずらい写メですいませんが。
ポチッと押していただくと若干フォトがでかくなりますので
そちらで確認してくださいませ。

映画「おくりびと」のピークは一応過ぎたんですけど
今TSUTAYAに新規入会していただくと
100円でおくりびとがレンタルできまっせ〜っていう
キャンペーンをBookフロアでやってまして
でもって、原作本と映画ノベライズを残してるんですが。

うちはホントにお客様の好みが千差万別で
こういう感動の名作を手にとられるかたわらで
こういうのが売れたりするわけで。

「死ぬかと思った」1〜4.
コレはマジやばいっすっていう体験も
もちろん掲載されてはいるんですが
どちらかというと排泄物ネタというかなんというか
要は人前で火がでるほど恥かいた
死ぬほど恥ずかしかったネタのほうが圧倒的に多くて
人の不幸を笑うというかアホにするというか
そういう類の本なんですけどコレがまたウケてるんです、実は。
文庫2冊でポイント2倍なんてのもやってるんで
既刊本まで新刊台オススメコーナーに持ってきて
複数冊のシリーズものは極力くっつけてる。(笑)

で、その横になぜか
「感染列島」映画ノベライズと
その類似品、関連作でもって
「パンデミックデイズ」と「HN51」
インフルエンザの恐怖感はいつの間にか
人の心から消えつつあって
何故かうちのフロアでも並べていたマスクは
正直もう誰も手に取らなくなったような気がしますが
「感染列島」がつい最近DVDになったことで
ちょっとジャンル担当としてはちゃっかりと
関連販売で並べております。
決して終わったわけではないんやで〜って。

もっともあの映画はまた極端な話で
東京が廃墟になってましたけどね。(!)

もうちょっとスペースがあったら
コワイ話も・・・と思ったんだけど
さすがにそこまでは並びきらなくて残念。(コラコラ)
posted by Ageha at 10:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

余命1ヶ月の花嫁

余命1ヵ月の花嫁 (マガジンハウス文庫) (マガジンハウス文庫)
余命1ヵ月の花嫁 (マガジンハウス文庫) (マガジンハウス文庫)TBSテレビ報道局

マガジンハウス 2009-03-26
売り上げランキング : 2080

おすすめ平均 star
star正直

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いつもなら、映画原作本として紹介するんですが
コレ、ノンフィクションですので。
映画のブログパーツをサイドに貼ってますが
多分映画は行きません。(オイ)
想像の域を出ませんが
涙涙のラブストーリーを見たいわけじゃないので。(!)

乳がん検診の大切さや早期発見のための呼びかけで
今も日本のどこかを走っているはずの
さくらパンダ号のことを知ってもらいたくて。
それこそがこの話の主人公である千恵さんの
願いでもあったはずなので。

続きを読む
posted by Ageha at 19:02| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

聖☆おにいさん・中村光

聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

ハイ、3,2,1と並べてみました♪
また借りてきちゃって読破しました。(買えって)

モーニングツーって男性コミックですよね?
自分の担当ジャンルじゃないことはさっぱりわからんので(!)
ましてや、なんかきっかけがないと
なかなか手にとって読まんでしょう〜?
ワタシはハチクロでさえ、最初
そんなに絵が好きじゃなかったから
あんな話だと知るまでは触りもしなかった。
お、終わっちゃったよぉ〜〜って
最後にはうるうる泣いたくせに。(笑)

で。この「聖☆おにいさん」
3巻目が出たのが先月だったかな?
売り場でガンガンプッシュしてたのね。
入荷しましたよぉ〜〜って放送流してたから
そんなにすごいのかって聞いたら(!)
「読みます?」

ラッキー!(コラコラコラ・・・)



続きを読む
posted by Ageha at 14:08| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

エイプリルフールのお題その1.

今朝、「とくダネ」で紹介してた本がコレ。

「ファモーソ」
こちらで紹介してますからまあどんなんか見てね。

http://www.famoso.jp/mag/index.html


ファモーソ.gif

あ〜今日休んでるから現場がどうなってるかわからんけど
問い合わせって来てるのかな〜。
売れてるのかな〜。
・・・あとで行ってこよっと。(え)
店まで徒歩5分だもん。(アハハハハ)

うちは韓流ブックや時代小説を買うお客様が多い。
昼間はけっこう年配の方も来られる。
で、テレビで見たとか新聞の切り抜きもって
コレどこ?って方がホントに多い。

・・・さて冗談が通じるのだろうか・・・
それがむっちゃ心配だ。(笑)

ジュース1杯300万円とかいうジョークを
確かに普段日常会話で言うような土地柄やけど
それにしたって・・・(と、変にここだけ老婆心な
Agehaさんなのでした。)


コレ見てパロディ雑誌とわかってて
「定期購読!」とか言うてきたらどないすんねん?
さあ、売り場でコレをどう切り返すのかな〜(え?)
と、そこでかっこよく応対してくれたらサイコーだな〜♪

posted by Ageha at 09:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

「おくりびと」狂騒曲(爆)

まずはコチラのエキサイトニュースから
⇒ 「おくりびと」原作本爆売れ!
納棺夫日記 (文春文庫)
納棺夫日記 (文春文庫)青木 新門

文藝春秋 1996-07
売り上げランキング : 1

おすすめ平均 star
star祝!おくりびと、アカデミー賞
star「おくりびと」以上に感動しました。
star「命」って、「死」って

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

26日現在G-tool使ってブログにUPしたら
やっぱりアマゾンでも売り上げ1位になってるね。(笑)
問い合わせすごいんだろうな。

ってか、まあ全国の・・・にしたって
1日で720冊って異常!
・・・ってか、くれ。(爆)

本の取り合いもまた弱肉強食、いくら注文したって
トーゼン売れてるところへ本はいく。
たま〜になんであそこにはあんなにあるのよぉ〜って
思うことがある。(わわわわわ)

前もって準備したつもりでも
25日の段階で品切れをおこしました。
ホントならスタッフブログのほうで
これほど絶好のネタはなかったんですけどね。(笑)
宣伝したくても本あらへん。うぅぅ・・・
ただいま注文対応に追われ
その確保だけでも大変な状況です・・・。
いやまあうれしい悲鳴なんですけど。

ちなみにこのブログでのレビューはコチラ。
⇒ 「石文が伝えるもの。〜「おくりびと」〜」
続きを読む
posted by Ageha at 15:49| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(4) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

「ゆれる」に物申す。

ゆれる.JPG
ゆれる (ポプラ文庫 に 1-1)
ゆれる (ポプラ文庫 に 1-1)西川 美和


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは今月の新刊でポプラ文庫から発売された
西川美和さんの「ゆれる」
映画のレビューも小説版の感想も書いた。
文庫化されたんで買おうと思ってたんだけど・・・。
ちなみに小説の感想はコチラ。
http://cyberdoll.seesaa.net/article/24825255.html
映画レビューはコチラ。
http://cyberdoll.seesaa.net/article/31668940.html


続きを読む
posted by Ageha at 02:08| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。