2005年12月15日

バス通り・甲斐バンド

1974年・・というから今から31年前(!!!)のデビュー曲。
大掃除なんかしてるとたまにこういうものが出てきて
ついつい手が止まってしまうんである。
この曲が入ったアルバム「らいむらいと」は
CD化された時にジャケットが変わってしまったので
家に残ってたアナログLPを今日はここへUPしたくて。
kaiband01.jpg
Agehaが甲斐バンドのファンだったのはご多分にもれず「HERO」からで、
当時随分ライヴにも足を運んだ。
で、その頃友達と二人で分担してアルバムを買い集めたんだけど
おそらくは一番最初に手にしたのはコレで
・・・そしてコレ1枚だけがなぜかバリバリのフォークソング(死語?)。
「裏切りの街角」が入ったセカンド「英雄と悪漢」が出たときに
そりゃもういきなりの方向転換にファンがブーイングだったらしいが
結果オーライでその後「HERO」へ繋がっていくんである。

当時音楽のテストはバンド組んで
楽器でもボーカルだけでも期末のテストを評価してくれる先生だったので
さながらクラス単位でのライブ・・がどんなに楽しかったことか。
で、これはというかこのバンド、コードはやたら初心者向き(!)だったので
ちゃっかり使ったのである。
(ただし持ったこともないマンドリンをギターコード使ってという
はちゃめちゃぶりを誰も指摘しなかったとこがアハハハハ・・。
だって間奏のトレモロだけじゃヒマだったんだもの〜・・ってそんなアホな。)
過去のすっとこどっこいぶりは「カポタスト5のビートルズ」にて。

♪学生だった僕に うまく愛は語れなかった
長いこの道 ひとりじゃ遠すぎる  バス通り♪

当時、学生やから・・ってそれでまとめちゃってええんか〜〜って
思ってたんですけどね、今聞いたら実はその辺に
自分の未熟さとか不器用さとかいっぱいいっぱい思いがこもってて
それをその単語一つに省略しちゃったんだとわかるんですけど。
実際 銀杏並木のバス通りを何度も何度も通ってた思い出と
シンクロするんで言いたい事が言えない、伝わらないもどかしさは
その頃いやというほど味わいましたからね〜・・・。
それこそ泣きながら歩いて(!)帰ったことも何度もあったし。

なんで思い出したかというと今日誕生日なんですよ。
いや私じゃなくって。
・・・そんなことまでいまだに覚えてるもんなんですね。
posted by Ageha at 13:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

国民的行事・KREVA

まずは「BARKS」のニュースから。
http://www.barks.jp/news/?id=1000015058

モーツアルトの「アイネクライネナハトムジーク」
音楽の授業で、あるいはテレビでFMで
クラシックなんか興味ないわいと思ってても必ずどっかで
聞いた事のあるはずのメロディ。
チャ〜ン、チャチャ〜ン、チャ、チャチャチャチャチャ〜ン♪
ハイハイハイ・・って感じです。(いいのかそれで)
この曲にKREVAさんリリックつけてラップにしちゃいましたよ。
またビデオクリップが楽しいんだわ。
さっきのサイトでちょっと視聴できますからゼヒ。

国民的行事
B000C151E2KREVA SONOMI

ポニーキャニオン 2005-12-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
スタート(初回限定盤)
晴天 feat.CUEZERO,KREVA
イッサイガッサイ
ファンキーグラマラス Part2
A Peacetime MCU DVDエディション


うたまっぷから引用した歌詞も載せときますね。→こちら
気持ちは前向き、ポジティブ、ワクワク・・なのに
足元固めろ、仲間とともに・・・?
神様がくれる偶然なんて待ってられない、自分で未来を切り開くんだという歌。
タイトルにもメロディにもそれにくっついた歌詞にも3度びっくり。

ラップって韻を踏むから
時として語呂合わせであまり意味のない言葉の羅列にも
聞こえてしまうんだけど、
それでもこれだけいろんなラッパーがヒット飛ばしてるのを見ると、
せからしくたたみかける言葉の中にこれでもかっていう、
その人の思いがギューッと凝縮されてるのかもしれませんね。

・・でも舌かんじゃうからオバチャンにはつらい・・(-_-;)

KREVAさんといえば、初めて聞いたのはKICK THE CAN CREWの
「クリスマスイヴ・Rap」。
山下達郎さんはいまだに何度も何度も録りなおしてて、
必ずこの時期にかかるこの曲を当時はまた随分挑戦的だなと思ったけど
今年はTAKA+DA-K fromデリカテッセンが稲垣潤一の
「クリスマスキャロルの頃には」をラップにしてしまった。
そうやってどんどんクリスマスの名曲もどんどんラップになってくんだろか。
今風アレンジもいたしかたないか・・・。いや好みの問題だけなんですけどね。

レゲエ+ラップでレゲトン。(ドリカムの「SUNSHINE」もラップの新しい形で)
この前とりあげたオリエンタルラジオは漫才にラップをもちこんできた。
・・そんなに何とでもコラボできるもんなんでしょうかね?
今度はジャズや落語にまで進出(侵食?)してきたりして・・・。
posted by Ageha at 16:15| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

Only Humanと「1リットルの涙」

only human.jpg
オリコンの5位まで上がってきましたね〜。
ドラマ「1リットルの涙」の主題歌です。歌詞はこちら。→「Only Human
このブログで11月9日にとりあげた、レミオロメンの「粉雪」も4位にはいってて、
・・ここまできたら「3月9日」も同時ランクインしてほしいな・・。
昨日のラストシーン見た人から口コミで
広がらないかな〜。
もともとのファンはもちろん盛り上がってるでしょうが
レミオロメンの知名度めちゃくちゃあがりましたね。このドラマで。

あ、話がそれました。
Kはドラマ「H2」は見てなかったくせに主題歌に使われたデビュー曲、
「over」できゃ〜もんでハマってしまって。
顔は元気のないU.Kみたいな顔した人なんですが。(失礼)
(U.Kに関してはMusic Edgeのサイトで見てくださいませ・・笑)

12月3日に【1リットルの涙・スペシャルステージ】
”TEARS” UNPLUGGED LIVE featuring K
千葉そごう店で行うそうでして。
ドラマからもスペシャルゲストが来るって言うたら
どーっと集まるんだろうな・・・。

最初はね、ちょっとイジメがはいってんのっていう学園ものだったから
マジメで暗くって引いてたんだけど
最近は劇中でここに取り上げた3曲が流れるシーンは
もううるうるしてしまってダメなんですよ。
つくりもののドラマよりも壮絶な運命と戦ったリアルな話があって
それでもそれを不便とは思っても不幸だとは思わない、
・・そうやって動かなくなっていく自分の体と向き合いながら
一生懸命生きてる姿は涙なしでは見れないんですよ。
そりゃテレビドラマです。実際は恋愛モードの話はなかったかもしれない。
そういう時間もあればよかったのにっていうお母さんの話があって
当然、演出されたフィクションの部分もはいってるのでしょうが
・・それでも今たくさんの人の心をつかんで原作も100万部突破。

なくした物も多かったけど病気にならなければ気づかなかったこともある。
たとえば、自分を支えてくれる人の愛情だとか
ただ健康であるということがどんなにすばらしいことなのか・・って
ドラマでは語られていましたが、ただかわいそうだというだけでなく
そうやって自分の身に置き換えて今の自分がどんなにへこんでいても
苦しいことや悲しいことをかかえていても
見失ってるものがないか考え直すきっかけになればいいなと。
・・どんな状況にいてもそこに光を探す気持ちがあれば歩いていける。
そんな気持ちにさせてくれますよ。
B000BNM8XS
ドラマ「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

関連商品
Only Human
1リットルの涙
3月9日
粉雪
ラストレター―「1リットルの涙」亜也の58通の手紙
by G-Tools

43444061091リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記
木藤 亜也

いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 ラストレター―「1リットルの涙」亜也の58通の手紙 1リットルの涙 ママでなくてよかったよ―小児がんで逝った8歳 498日間の闘い 空への手紙―雲のむこうにいるあなたへ

by G-Tools


続きを読む
posted by Ageha at 11:11| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(5) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

コブクロの「桜」がドラマ主題歌に。

11月16日に一度とりあげて(→こちら)、21日に兼六園の桜UPして(笑)
で、三度目の追記もないよな〜ってことでもう一度「桜」の話。

コブクロの「桜」が来年1月スタートのドラマ「Ns’(ナース)あおい」の
主題歌に抜擢されたそうで。

もともとタイアップなしですでに35万枚売れてるこの歌。
主演の石原さとみちゃん効果もついて来年さらにJump upするかも。
主題歌起用をうけて来年2月にまた新パッケージの「桜」が
発売されるとか。
こっちには天海祐希、速水もこみち、成海璃子の3パターンで放映されてる
CMのDVDもつくらしくて本来の桜の季節に向かって
もいっかい盛り上がるんだろなと。限定に弱い人は10万枚うちの1枚を
今から予約してたりしてね。
詳しくはこちらで。→SANSPO COM.
・・正直今の段階では修二と彰の「青春アミーゴ」や
WaTの「僕のキモチ」に押されてるもんな〜。いやミーハーですから
こういうのも聞くんですけどね。
演歌ではないですが、時間かけて少しづつ広がっていって
ホントに桜の季節にミリオンになってたらいいなと。
posted by Ageha at 13:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

君のそばに・久保田利伸

ホント久しぶりに彼のいいバラードを聞いた気がする。
映画「同じ月を見ている」のエンドロールに流れる歌なんですが。
kininosobani.jpg

正直映画のラストで聞くよりも個人的にはTVスポットで見たヤツで、
真っ青な夜空をイメージしたような背景に月がでていて
3人のメインキャストがたたずんでいるバックで流れてるほうが
感動的なんですけど。
黒木メイサさんはこの歌のPVにも出演してます。
モデルさんだけあって実は映画より絵になってる(あわわ・・・)。

別所哲也さんが「ハムの人」と言われたように(今は新庄選手かな)
子供たちにとっては久保田利伸は「ウインナーの人」らしい。(爆)
一時期シャウエッセンのCMでウインナー片手に歌いながら歩いてた
イメージしかないのだそうだ。ショック。
あとはパイナップルボンバーな髪の毛でレゲエのオッチャンみたいと。(T_T)
歌にいたっては「LALALA LOVE SONG」しか知らないのだ。
仕方ないか・・・。
私なら絶対「Missing」なんだけどな〜。
あの歌を歌いこなせる人の少ないこと。(!)
カラオケでは名曲中の名曲なんですが、歌う人によっちゃ迷曲(あわわ・・)

映画を見る前の段階での月のイメージとこの歌はとてもシンクロしてて
優しく心にしみてくる感じがしました。
ただそっと誰かを思う気持ちは案外映画見終わってみれば、
ドンのイメージともかぶるのかもしれません。歌詞はこちら

ハリウッド版「Shall we dance」の時はイメージソング歌ってたんだけど
イマイチ盛り上がらなかっただけに今度の主題歌はヒットしてほしいな・・。
posted by Ageha at 16:41| 大阪 ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

桜・コブクロ

年々”さくらうた”の出る時期が早くなってるなって話を前に書いたんですが。
ただいま11月。
これから冬に向かっていくというこの時期に「桜」。
でも歌詞をみれば、この時期に出ても違和感のない歌ですね。
出会いとか別れとか、4月頃のそういう節目に咲くものだから
そんなイメージでとらえられる花なんだけど、
みんなが禁句にしてる、「散る」ことの辛さや悲しさを、
つぼみのままで終わってしまった夢をもその胸にかかえて
しっかり前を向いて歩こうっていうポジティブなテーマになってます。
まあ普段から涙もろいんでアテにならないですがはじめて聴いたときに
ホントに涙こぼれました。歌詞はこちら

ケツメイシの「さくら」が今年の代表曲といっていいくらい印象的だったんだけど
なんだか”さくら”に始まり”桜”に終わりそうな2005年。

コブクロのこの歌はもともと7年くらい前に作られた歌で
ストリートでもそれから現在ライヴでも歌ってるのだけど
ず〜っとCD化しなかった曲。思いいれも深くて、メジャーデビュー曲も
最後まで「YELL〜エール〜」と迷ったというだけあって名曲。
桜(初回予約限定盤)
B000BDJ1QKコブクロ 小渕健太郎 黒田俊介

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-11-02
売り上げランキング : 234

おすすめ平均 star
star人を好きになれる名曲だと思います。
star♪初めて買いました♪
stargoodです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



昨日のとくダネでこの歌フルコーラス6分まるまる聴けてラッキーでした。
小倉さんらしいというかなんというか。
この歌は聞く前にまず歌詞を読んでみてくださいっていうくらいだから
省略しないで全部聞かせてくれるあたりマニアですね〜。

知らなかったのはこのふたり、路上ライヴって大阪でやってたんですね〜。
京阪とJRの京橋駅をつなぐあの場所なんて出勤で毎日通ってたとこだし、
道頓堀の戎橋の上でも歌ってたとは。・・案外そんなことでさらに
肩いれしたくなっちゃう単純なヤツ。(笑)
それに、ストリートでまだカバーばっかり歌ってた頃の黒田さんが
尾崎豊や長渕剛やあとブルーハーツ・・だっけ?こういう人らの歌を
どんな風に歌ってたのか興味深々。

話は飛んじゃうんですが、先日金沢で兼六園行ったときに
園内にたった1本だけある、「冬桜」見ました。
11月頃から咲き始めて早春まで花をつけているそうです。
人だかりの中でガイドさんの説明に耳傾けてたんですけど
なんしか観光ツアーのおばちゃんたちに囲まれてて
花の写真が撮れなかったのがめちゃ残念でした。
ソメイヨシノのように一気にピンクになって雪のように散る華やかさは
ないですが、小さな小さなピンク色の花がこの寒さの中で
いくつも咲いていました。で、その花見た時に、
オチでもなんでもなくこの歌を思い出してました。

11月21日追記
sakuraoctober.jpg
ちょっとブレてますが、兼六園で撮った「十月桜」の写真です。
冬桜のかわりにカメラに収めてきました。
posted by Ageha at 15:23| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ON THE CITY SHORE・角松敏生

角松敏生の83年発表の3thアルバム。
94年にCD化されたようですね。
オフィシャルサイトも見てきました。→こちら
B00005EIDG
ON THE CITY SHORE
角松敏生

関連商品
WEEKEND FLY TO
Sea Breeze
AFTER 5 CLASH
Touch And Go
BEFORE THE DAYLIGHT
by G-Tools


身近なとこで角松敏生の「THE PAST & THEN」がとりあげられてると
なんだかうれしくなってしまって・・・。
長いこと聞いてなかったカセットテープ(!!!)を
引っ張り出してきてしまいました。
(プレーヤーがないからレコードかけられないのよ・・トホホ)

当時枚方にできたばかりの蔦谷書店は
名前こそ”書店”なんだけど「レンタルレコード(レコードですよ)ショップ」。
Agehaはそこでバイトしてたんですが、
確か稲垣潤一がデビューしたばかりの頃(爆)ですのでアハハハハ・・・。

テレビには・・出たことなかったんじゃないかな。
そんなに大ヒットもしなかったような気がする。
ただ、店ではけっこう頻繁にかかってた。
で、デビューアルバム「SEE BREEZE」からハマってしまって
ライヴにも何度か行ってた。
学生の頃って結構友達の影響で聞き始める音楽のほうが多いんだけど
バイト先がバイト先だったもんである意味最先端でいろいろ聞けたなと。
もっともこの頃は洋楽邦楽半々の、今じゃ考えられない配分で
音楽聴いてましたけど。
テレビで彼をみたのは後にも先にも1度だけ。長野オリンピック。
「WAになっておどろう」は娘が小学校の音楽会でも歌ってた。

ふつーに考えたら40代後半、もしくはそろそろ50の大台?
なのにNewAlbumのジャケット写真の若いこと!
実は「サンタが泣いた日」あたりで記憶が止まってて
最近の彼を全く知らないため、ファンとはいえないのだけど
初期のアルバムではコレが一番お気に入りなもので・・・。
ビーチで、もしくは夏のドライブに最適な1枚。
ひと夏の恋を楽しむ、ものすごく調子こいてるあんちゃんのイメージですが。
(おいおい・・ぜんぜんオススメになってへんやん)
・・・ホント10月のラストにもってくるアルバム紹介じゃないよな〜。
THE PAST&THEN(初回生産限定盤)
角松敏生
B000B63F0U

・・・↑こっちの紹介ができればよかったんですがね〜・・・。
posted by Ageha at 16:25| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

Butterfly・倖田來未

えっと、まずはヤフーニュースから。→こちら

12月7日から12週連続でシングルを発売するそうな。
ベスト盤も一時オリコンチャートでミスチルと入れ替わったくらいだから
女王様は絶好調。毎週水曜日が楽しみ?
HGも真っ青?!

タイトルがButterfly・・っていやあのその、ただのチョウチョつながりです。
トホホ・・・えらい違いじゃ。(*^^)v

デビューこそアメリカではウケたものの、実際は「Real Emotion」あたりまで
不遇の時代があって。
それまでは服も歌のイメージも表現方法もなんだかまかせっきりで
何か違う,こんなのじゃダメだと思いながら流されてた時期があって。
・・転換期はゲーム主題歌のヒットもあるけど
スタイルがよくなったこともイメチェンのきっかけだったそうで。
このあたりで7kgほどやせちゃって、今までは控えてた二の腕だして、
お腹も出して、豊かな胸も強調して・・・セクシー路線に変えたことも
ヒットにつながったとか。
secret ~FIRST CLASS LIMITED LIVE~
B000A3RN16倖田來未

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-09-21
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
BEST〜first things〜(DVD付) [2CD+DVD] Promise/Star(DVD付) Hot Stuff feat.KM-MARKIT Butterfly(DVD付) secret (DVD付)


う〜ん、女性の目からみたら正直ここまでしなくたってってのは
あるんですけどね。ただ、彼女に言わせると、味もいいけど
見た目でも楽しめる料理といっしょで私は外見も売りにしていくと。
今はどんどん自分からアイディアだして、
過激なコスチュームでパフォーマンスもするけど
根は古風な京都の人で、そのくせさばさばしたアネゴ肌の人で。
人の目が自分の体に釘付けになってるのをわかっててさらにまだ挑発する
確信犯なとこもあるんだけど、不思議とベタベタ感や陰湿な感じがしない。
「エロカッコイイ」をモットーにさてどこまでお色気を振りまくのやら。

あのハスキーボイスで聞かせるバラードは好きなんですが・・・。
ライヴじゃ正直みんな鼻血もんで見てるんだろーな。ちゃんと聞いてほしいな・・。

100万枚突破したら「クラブ倖田」を都内某所で1日だけOPEN・・らしいです。
(大阪では来年の2月になるんですがシアタードラマシティで完全招待制ライヴの
fmOsaka企画モノ「DREAM LIVE]に出演とか。話題にはことかかないようで。)
・・・彼女に感化されてケバイ少女が増えたりなぞして。
あゆモドキも大概びっくりだけど、彼女を真似るのはかなりのバディと
ファッションセンスと勇気が必要かと・・。
(注文だけはうるさいAgehaなのでした)
・・・浜崎あゆみより年下には見えないよな〜・・・。

公式サイトにもリンクしときますね。→「KODA KUMI OFFICIAL WEBSITE
12月発売の1枚目と2枚目のシングル曲は決まってるそうですよん。


posted by Ageha at 15:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(11) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

国会議員体操!

ついつい着地してしまう真田広之・・・の話がでたとこで
ホントはイージスのエントリの次に取り上げたかったんですが。
最近エントリの瞬発力落ちてる〜〜。ほぼ毎日書いてるのに。

えっと歌詞はCDジャケットのほうにも載っていません。
めちゃくちゃブラックジョークです。
するどい観察力がなくっても聞いた人がそうそうって思ってしまうような
内容なのでホントに先生と呼ばれる人たちもう少しがんばってよって
言いたくなります。

ラジオ体操のメロディをちょっとアレンジしたとこへ乗っかってる内容は、
所詮議員なんてみんなこんなことやってるんとちゃうっていう選挙活動や、
スキャンダルが明るみになった時のあたふたぶりが
実にうまく歌になっちゃって笑うしかないです。
あのアイディアはすごい。もう何年も前の嘉門達夫の歌なんですが。

今広島6区のニュースのバックで流してほしいな〜・・ってオイ。

亀井さんのお膝元でやたら携帯でパチパチ撮られてるホリエモン。
世間はミーハー。イコール選挙の票にはならない。
・・どうせ出るなら目立ちたい?
・・・だんだん、小泉さんに似てきてないですか?
内容より、志よりパフォーマンス。

政治のことなんてロクにわかってなくっても
TV越しにしゃべってる人らが誰を見てもめちゃくちゃうさんくさい。
なんででしょうね?
B00005GQGUOh!My God
嘉門達夫 林有三 中村雅都
ダイプロ・エックス 1997-04-09

by G-Tools

かもたつ一番のお薦め・・というわけじゃなくて
とりあえず聞いてくれんと伝わらんということでレンタルでもしてくださいませ。(おいおい)
このアルバムの6番目に入ってます。
posted by Ageha at 11:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

ケツノポリス4!

B000456XQGケツノポリス4
ケツメイシ

ケツノポリス3 ケツノポリス2 ケツノポリス Lokahi Lani ケツの穴~初級篇~

by G-Tools


「ケツノポリス4」朝イチで借りてきました。(買えよって言わないで〜〜)
ミリオン突破記念?今までなら多分音ログで流すのに「さくら」とか「涙」とか
入れてあとはムシになるとこだったんだけど、
今回のアルバムが一番聞きやすかったかな〜。
極端な和風の部分と、シモネタとメッセージソングで出来ていると
前に「さくら」のエントリの時にわかったような顔して書いてたんだけど、
「さくら」からケツメイシを聞き始めた人が手にとっても
さかのぼって全部のアルバムを聞きたくなるような出来になってました。
(またちょっと偉そうに書いてますが)

そんなにコアなファンじゃないので予備知識はほとんどナシ。
名前の由来が漢方薬からとってることくらいですか。あとはアルバムジャケットの
撮影場所が首里城前なんだってね、全部。それからアルバムの右下に
発売日の日付をいれる。(笑・・フツー無理じゃん)

このアルバムの1曲目の「ドライブ」がすでに着うたで人気。

さらっと聞き流していて最後のほうに来て妙に印象に残ったのが
「東京」と「願い」

♪この都会凄く冷たくて早い 周りから見ると触れたくて甘い♪
「東京」は使い古されたテーマかもしれないけど、捨て切れないこの胸の中の何かを
見つけるまで、孤独や不安と戦いながら同じ寂しさを持つ者と
不確かな明日を分かち合い生きていくという決意表明。
まあ、心が揺れるときに思い出すのは誰しも友達だったり彼女だったりしますが。
この辺はラップなんでキモチが事細かに語られていくわけで。
思い当たる人にはホントに痛いほどその状況がわかるであろう歌で。

「願い」はラストに入ってる歌で、う〜ん、日々人が目にする暗いニュースに
胸を痛めながら俺たちに何かできることはないのかっていう
メッセージソング。ミスチルの「タガタメ」や今ブログでも目にする事が増えた
ホワイトバンドの活動にも似たこういう歌がここではいってくるとは思わなかったな。
これ、けっこう重いです。

政治に興味のない人が増えていくなかでアーティストが歌うこの手の歌は
みんな聞くんだよね。
そこから何かが変わっていくかもしれない。ただの娯楽としての音楽じゃなくてね。
ラップに興味のない30代以上の人間が「さくら」をとっかかりに
ヒップホップのアーティストって「Yo!」ばっか言ってるんじゃないよって
わかってほしいなとか・・。

とりとめもなくダラダラと書いてしまいました。どうも。

posted by Ageha at 17:51| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(8) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。