2008年05月16日

天国の門でどう答えますか?〜「最高の人生の見つけ方」〜

最高の人生の見つけ方.jpg

いや〜こんなにお茶目なジャックニコルソンを見たのは
初めてじゃないかしらん?
こんなにガハハハハ〜って笑うモーガンフリーマンを見たのも
初めてだったと思うわよぉ〜。

2大スターの競演は役柄上の設定でも
お互いの人生に化学反応を起こしたわけですが
見たことない二人の顔が見れてオトクでした。
命の終わりに何がしたいか、
悔いなく生きるために何をしたかという話なんですが
ぜんぜん湿っぽくなくて
むしろ見終わって暖かい気分に包まれました。


棺おけリストは、もちろん人によって違うでしょうし、
年齢やおかれた立場によっても
変わってしまうものかと思います。

あなたなら何を書きますか?

誠実を絵にかいたようなカーターでも
家族のために犠牲になった自分の夢がくすぶっていて
正直にそこまで描いてましたね。
あ、でもあんなイイオンナに言い寄られて
きっぱり断る!
あんたダンナの鏡やわ〜〜〜〜♪

お金がなければ経験できないたくさんのことは
エドワードがいたおかげでこなしていく。
でも子供のようにはしゃぎまわった後に
やっぱり家族に囲まれた夕食のシーンが
いちばん幸せそうな顔してるのを見ると
ホントに人はどれくらい愛されてるか
もしくは誰かをどれくらい大切にしたかで
人生の豊かさが変わってくるんだなと
感じた次第です・・・。

そしてエドワードはカーターのおせっかいのおかげで
「世界一の美女にキスをする」
プライドを捨てて手にいれたものは
やっぱり家族の愛でしたね。
そして余命6ヶ月で出会った彼らは
運命的な出会いから生涯の友になる。
・・エエ話やのう・・・

6ヶ月しかないととるか、
6ヶ月もあるじゃないかと思うか。

むろん命の期限なんて出来れば知りたくはない。
でも生まれたときからそのいつくるかわからない
期限に向かって走り続けてることだけは確かで
その間に何ができるかなんでしょうね。
ワタシだってできれば病院のベッドに
縛られたくはないです。
それでもこの6ヶ月、
「象の背中」とはまたコレだけ雰囲気の違う作品に
なるあたりがアメリカ人と日本人の違いでしょうか?

タイトルに書いた言葉ですが
「人生の喜びをみつけたか?」
「誰かを幸せにしたか?」
・・・天国の門で問われる2つの質問
ワタシもエドワードと同じように答えるかな。

いつも誰かに守られている、支えられている。
ワタシがワタシでいられる場所があるから
自分はとても幸せだと言い切れる。
ただ、同じことを誰かにしてあげられたかというと
正直自信はない。
・・・でもまだ時間はある。
やろうと思えばできるかもしれない、すぐにでも。
そう思わせてくれる映画でした・・・。

posted by Ageha at 18:17| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(6) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Agehaさん、こんにちは^^
ご無沙汰しておりました(汗)
京都は暑かったですわ>< おかげで海でなく日焼けしました(笑)
大阪にも行きましたが、とりあえず太郎クンにお別れを。
所詮作り物だから、ポジティヴに余命でなく余生を楽しむ二人、サポートする一人。考えるより、行動できるうちにできるだけのことをしたいと最近考えておりまして(笑)、そういう意味では世界一周はできないまでも、小さなことからコツコツとリタイアするまで色んなことにチャレンジしたいと背中を更に押された映画でした!
そういえば、お好み焼きパーティできまへんでしたな(爆)?!
秋にまた帰りますんで、若い娘たちを揃えておいて下され(笑)
Posted by cyaz at 2008年05月21日 12:41
こんばんは、この度は私の拙いブログへ御丁寧なコメントを頂き、どうもありがとうございました。
久しぶりに“質のいい映画”を観たという感じです。名優2人が共演ということで前から楽しみにしていましたが、笑いあり、感動ありの期待どおりのハートフルで素晴らしい映画でした。
特にピラミッドの上でも2つの質問のシーンが印象に残っています。

それから、Agehaさんの「人はどれくらい愛されてるか、もしくは誰かをどれくらい大切にしたかで人生の豊かさが変わってくる」とのコメントは、まさにそのとおりだと思います。素晴らしい表現力ですね。

ということでこれからもどうぞよろしくお願いします。
それから私もTBお願いします。
Posted by ホーギー at 2008年05月30日 00:19
cyazさん、どうも。
ホント最近、なかなか更新できなくて。
んで、休んでる間に京都来てるし。

若いオバちゃんならここにおるがな。(爆)
TSUTAYAにおるのは、
年とらなくてええよぉ?!
たま〜に友達が来て
「若い子にまぎれて何しとんねん」って
つっこまれてますけどね。(う〜〜〜)

私も世界一周はできないでしょうが
一回くらい海外行きたいわん。
つれてってくれません?(暴言)
Posted by Ageha at 2008年05月30日 00:20
ホーギーさん、どうも。
最近ブログが重くて
思うようにTBができないでいます。
またお邪魔しますね。
コメント&TBありがとうございました。

実は邦画をみるウエイトのほうが高いので
洋画は良質のものがあっても
見逃す見落とすことが多いんですが
今年はたまたま立て続けに見た作品が
みんな個人的に好みのものでして、
この作品は特に好きです。

映画やもんな〜という都合のいい部分は
こっちへおいといて、
最後の瞬間までポジティブに明るく
生きられたらいいなと思います。

そして出会いというのはいくつになっても
どこに転がっているかわからない。
もしかしたら
自分が何かをしたという感覚がなくても
誰かを笑顔にしてるかもしれない。
そういう期待をしちゃってる
今日この頃です。。。(笑)
Posted by Ageha at 2008年05月30日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【2008-116】最高の人生の見つけ方
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 余命6ヶ月、 一生分笑う。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-05-18 01:36

『最高の人生の見つけ方』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「最高の人生の見つけ方」□監督 ロブ・ライナー□脚本 ジャスティン・ザッカム □キャスト ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー■鑑賞日 ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-05-21 12:06

最高の人生の見つけ方
Excerpt: 本作品のキーワード : 『 close your eyes and open your mind 』 -live life to the fullest !  【公   開】 2008年..
Weblog: <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅
Tracked: 2008-05-29 23:57

『最高の人生の見つけ方』 2008-No28
Excerpt: 確かに、お客さんの年齢層が高かった! 全てが正反対のふたりが、 偶然同じ病室になり、 お互い余命6か月と宣告される。 人生でや...
Weblog: 映画館で観ましょ♪
Tracked: 2008-06-02 11:00

最高の人生の見つけ方
Excerpt: 「最高の人生の見つけ方」 2008年 米 ★★★★ 久々に映画館で観た作品が、この映画で良かった! 私は、これでまた映画館に足を運ぶ、きっかけができた気がする。 エベレスト山頂..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2008-06-10 03:21

最高の人生の見つけ方
Excerpt:  遅ればせながら、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの競演ということで話題になっていたこの映画を観に行ってきました。 けど、観てから気づいたのですが、つい先日見たばかりの「ノッキン・オン・ヘブ..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2008-06-22 19:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。