2008年02月12日

STAND BY ME 〜「KIDS」〜

冒頭に流れる歌の和訳を見つけたので
リンクさせときますね。
http://www3.zero.ad.jp/smoke-stings/MBEKsbm.html
映画「スタンド・バイ・ミー」も
心に傷もつ少年たちのひと夏の物語ですので
エンディングのマッキーの歌とワンセットで
話が終わってしまうがな。10分以内で。(笑)

KIDS.jpg

タケオやシホの心の傷は
体に残る傷をなくしても消えるものではなく、
そこはただ治してあげればいいという介入を
しちゃいけない部分なんですよね。
そうやってアサトはひとつ大人になっていく。

しっかし。
アサトのお母さんはコワかったな〜。
顔色一つ変えずに淡々としゃべるから余計キツイ。
あそこまで言わなくたって。
あの時はこっちまで心を切り刻まれた気がしました。

虐待されても殺されかけても
それでも親が好き。
こんな子供たちがどうしてこんなに
心細く苦しい毎日を生きてるのか
もうそれは痛々しいものがありました。
ドラマ「ライフ」もすごいイジメの話だったけど
この痛々しさはスクリーンの向こうの話じゃ
なくなってきてるんでしょうか。
私はきっと幸せにここまでこれたのでしょうね。

原作は未見ですが、年齢設定はどれくらいなんでしょ?
アサトとタケオは多分ほぼ同じ年のはずですよね?
高校生なら玉木さんはさすがにこの面子を相手に
オッサンに見えちゃうし、(わわわ)
青年なら徹平ちゃんは子供子供してて
玉木さんと並んで「親友」というには年の差が。(わわわ)

「フツーの女の子」を演じるのがはじめてという
栗山千明さんの変わりようもびっくり。
だってキルビルや木更津キャッツアイワールドシリーズ
見てるひとはウソンって思うよ、別人。

見に来るのはティーンズが圧倒的でしょう、多分。
しかもひとつ間違うとただのアイドル映画。
だけど、
小説のなかで乙一さんが言いたかったテーマは
どんな手法になっても届いてほしいです。
自分なんて生きている価値がないと
自分で自分の心にナイフをつきたてて泣いてるひとに
見てほしいです。
極端かもしれない、キレイゴトかもしれない、
でもまだまだ世の中捨てたもんじゃないと
誰にでも誰かがそばにいてくれると
信じたいと思いました。
それさえあれば生きていけると。

KIDS (角川文庫 お 52-99)
KIDS (角川文庫 お 52-99)乙一 坂東 賢治 相田 冬二

角川書店 2008-01-25
売り上げランキング : 1026


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


PS:本を売ってる立場でこゆこと言うといけないんだけど
そもそもスニーカー文庫「きみにしか聞こえない」と
角川文庫「失はれる物語」の2冊に
「KIDS」は短編としてすでに収録されてるのに
まだ出ますか、ノベライズ。
んでこれにコミックも続くんですが、
最近この手の連鎖が多いわ〜〜ホントに。
posted by Ageha at 02:04| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(7) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【映画情報サイト『シネトレ』公認!映画ブロガー募集のお知らせ】

こんにちは。
突然のTB、コメントをお許しください。
映画情報サイト『シネトレ』です。
http://www.cine-tre.com

映画情報+試写会プレゼント『シネトレ』では、
シネトレのスタッフよりも映画のことを熱く!語れる、『シネトレ』公認映画ブロガーを募集しています。

貴殿のブログを拝見させていただき、是非エントリーをお願いしたく思い、ご連絡させていただきました。
詳細は、『シネトレ』をご覧ください。宜しくお願いいたします。

シネトレクロスメディアマーケティング
blog@cinevine.jp
Posted by シネトレ at 2008年02月13日 15:47
 そっか・・・2月公開だったんだ。
泉谷しげるがいい味を出してたなぁ

実は「ガチ★ボーイ」も同じときに借りて見たのよね(笑)

 斉藤由貴・・・あんな役絶対にヤダ(笑)
Posted by しんちゃん at 2008年11月06日 22:19
そういえば、シネトレさんに返事してなかったな。

このときでさえ、月4,5本見れたらいいほうで
このあたりからだんだん更新ペースがおちていってたもんな。
スタッフブログ始めたのもこのあたりからだし・・。
ということですいません。!
Posted by Ageha at 2008年11月06日 22:35
しんちゃん、どうも。

好きですか、そうですか。斉藤由貴。
年取っても当時好きだったひとにとっては
永遠のアイドルなんだろうな(爆)
それはともかくとして、
かなりコワかったっすね。
あの態度、あのせりふ。
それだけうまい演技ってことなんですが
見てるこっちが凍りついちゃいました・・・。

泉谷しげる。
本人はワルのイメージを世間に植えつけようと
奔走してるようですが(?!)
役者の彼って最近とみにいいおやっさんが多い。
本性としての人の良さが隠せないんですね。
ガラが悪いフリしてたってやっぱいいひと。(笑)
Posted by Ageha at 2008年11月06日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

KIDS/小池徹平、玉木宏、栗山千明
Excerpt: 乙一さん原作の映画作品とは何故か相性がいいんですよね。たぶんファンタジーの着想自体がワタシ好みなのかな?でも未だに小説では一度も読んでないんですよね。なんとなく映画を楽しむための験かつぎになってるかも..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2008-02-14 18:25

KIDS
Excerpt: 玉木くん、ワイルド!
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2008-02-14 21:05

友と分かち合う傷
Excerpt: 31「KIDS」(日本)  街の工場で働くタケオ。彼はある日いきつけのアメリカン・ダイナーで見慣れない少年アサトと出会う。アサトがテーブルの上の塩を手を使わずに引き寄せるのを目撃するタケオ。アサトに..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2008-02-15 00:56

【2008-26】KIDS
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 純粋だから、分かち合える傷がある。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-02-17 14:19

悲しみの中にある優しさ。『KIDS』
Excerpt: 乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」を実写版映画化した作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2008-02-21 22:33

KIDS (2007) 109分
Excerpt:  タイトルの「KIDS」とは「傷」「絆」とかけているらしいです。
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2008-11-06 22:20

DVD『KIDS』
Excerpt:    (2007/日本)夢も希望もなく、すさんだ生活を送る青年タケオは、街にやって来たばかりの少年アサトと出会う。ある日、チンピラに絡まれたアサトを救ったタケオは傷を負うが、アサトが..
Weblog: みかんのReading Diary♪
Tracked: 2010-03-04 00:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。