2005年10月12日

この胸いっぱいの愛を

この胸いっぱいの愛を -未来からの“黄泉がえり”-
伊藤英明 梶尾真治 塩田明彦
B000ALIYY8


未来からの黄泉がえり・・がすでにネタバレですが。
えっとこのDVDは小学生のヒロからみた世界とそれから
キャストのインタビューも入ってたと思います。

・・・というか最近プレビューDVD増えましたね。
それだけでもう、行かなくてもいいくらい説明したらあかんでしょ?(爆)
この胸いっぱいの愛をこの胸いっぱいの愛を
伊藤英明 梶尾真治 塩田明彦

ジェネオン エンタテインメント 2006-04-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




う〜ん、「黄泉がえり」に比べて、サイドストーリーがなんだかで。
自分の母親に会うヤクザの少年の話は特にね・・。
勝地涼さんって確か「亡国のイージス」にも出た人ですよね?
なかなかワルが板についてかっこよかったんだけど、
そこまでしゃべっていいのかよと・・。
クドカンは、いい味出してるんだけど、
彼の話の結末をあそこにもってくるのはどうだったのかなと。
・・何気に出てきて、中村勘三郎さんのセリフって泣けました。
ただ、もう少し物語の中盤で出てもよかったのになと。

人生でひとつだけやり直すことができるなら・・・。
それがメインテーマのようでしたが、
正直なとこ後悔なんて山ほどあって、
あの時ああしていれば、こうしていればなんて考え出したらきりがなくて。
でも、確かにその時間違いなく自分の意思で選んで
ここにたどりついたわけで。
悔いがないといったら嘘になる。でも取り返しがつかないから
もしどこかで後ろ向きになる気持ちがあるなら
ココから先の未来で少しでも叶えていくしかなくて。

ふと、残された側の事を思ってしまった・・。
あくまでも消え行く前の自己満足になりはしないかと。

くじけそうになる時「それでも生きろ」という声が聞こえる。
ひとつだけ歴史の変わってしまった未来。
それは果たしてハッピーエンドといえるのかな。
気がつけば自分だけが生きている。
・・触れ合ったことで何かが変わったとしても
自分は自分の人生を生きていくしかない。そしてこれは
誰かや何かのせいにできることじゃなくて自分が選んだこと。
・・・だから残された者は強いのかもしれないが・・。

でも、30歳になったヒロが救ったものは和美姉ちゃんじゃなくて
むしろ、幼い頃の自分自身だったような気がします。
母親と別れ、学校にもなじめず、でも一言もさみしいと言わない。
そんなヒロ少年にとってお兄ちゃんというよりは、
亡くなった父親がわりのようで。
だからわずか2週間ほどの間に彼なりに心が成長していく。

強いわけでもない、言葉に重さがあるわけでもない、
ただまっすぐで正直でイッショウケンメイ。
「天体観測」でも「陰陽師」でももしかしたら「海猿」でもそんな気がする。
伊藤英明の演じてきた役柄。

あきらめなければ、思いは伝わる。
それは伊藤英明という役者がもつカラーなのかもしれない。
ポリシーなのかもしれない。

初めのほうにも書きましたがそれは言うたらあかんでしょっていう
セリフに目をつぶって、タイムパラドックスも無視して
ご覧下さいませ・・・。

でも伊藤英明さんのファンはうっとりかもしんない・・・。
「陰陽師」で散々オモチャにされた彼の名誉挽回。かっこよかったです。

公式ホームページはこちら
posted by Ageha at 18:31| 大阪 ☀| Comment(20) | TrackBack(26) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろと想像できますよね〜
あの後ヒロは何してたんだろ・・・
東京へ戻って和美姉ちゃんのこと忘れちゃったのだろうか。
それとも死ぬ運命にあるため、自ら身を引いたのだろうか。
アナザーストーリーとかも生まれそうな予感・・・
Posted by kossy at 2005年10月12日 23:46
kossyさん、TBSですからね〜。
きっとまた11話完結のアナザーストーリーを作るんじゃないですか。
・・・ただ、黄泉がえりほどあたるかどうかはちょっと・・・。
話に無理がありすぎて
まともに捉える人には向かないかも。
Posted by Ageha at 2005年10月14日 01:36
はじめましてTB&コメント
ありがとうございます。
途中まではいい映画でしたいね。
ほんと、あのラストは無いですよね。
あのラストで駄作になったように感じますね。
Posted by かんかん at 2005年10月14日 16:32
いや、ネタバレを極力抑えながら、映画を伝えるレビュー感心しました。僕のが思い切りネタバレしているのを、反省してしまいます。クドカンと勘三郎さんはよかったですね。伊藤英明は雰囲気があるいい役者さんになって来ましたね。
Posted by exp#21 at 2005年10月14日 18:21
こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分はプレヴューDVDではなく、公開前日の日に30分くらい、この映画の特集番組をやっていたので、それを見ました。

アナザーストーリーを作るというのも面白い考えですけどね・・そうなったらヒロはちゃんと比呂志の十か条を守ってて欲しい♪
Posted by メビウス at 2005年10月14日 19:38
かんかんさん、ようこそ。
ラストシーンの意図が知りたいです。
アンバーとの再会シーンは素直に泣けたんですけどね〜。
クドカンは謝るより感動しちゃって
その泣き顔のまんまで「鉢落として」
消えちゃうし。
(そうでもしないと相手に伝わらない
影の薄さ・・てか?)
SFも現実もここまで無視してしまうと
そこにちょっとでもひっかかった人は感動が薄れてしまうんですよ。
この設定で泣かせようってのはちょっと難しかったのでは・・。
Posted by Ageha at 2005年10月15日 15:04
exp#21さん、どうも。
まだまだ駆け出しなんでみなさんの
レビューの書き方を参考にさせてもらってます。
これからもよろしくです。

勘三郎さんが演じてたような隣人がひとりでもいることで
人はけっして一人じゃないんだよと
思いたい。
まあ、あんなふうに思ってくれる人は
めったにいないですけど。

多分どうしても評価がわかれるのは
設定の無理さ。
相手にむかって言っちゃいけないセリフのオンパレード、
そして最後のシーンの解釈でしょうね。

Posted by Ageha at 2005年10月15日 15:14
メビウスさん、いらっしゃいませ。
多分、黄泉がえりほどは当たらないような気がして(あわわ・・)
そろそろ2匹目のドジョウを狙うのは
やめようよTBSと言いたい。
とはいえ、あれだけデデーンと社名がでるからには相当出資してるんだろな〜とか
・・・映画と全然関係ないとこで
まだやるのかな〜と始まるそばからタメイキでした・・。
Posted by Ageha at 2005年10月15日 15:19
ファンの方々の投稿を読んでいる内に、極論すれば、伊藤英明とミムラファンの映画なのだろうか、と思ったりします。
Posted by jamsession123go at 2005年10月15日 16:17
jamsession123goさん、ようこそ。

確かにその人がスクリーンの中で
いきいきと動いているだけで十分という、
そんな動機で見てしまう映画も存在します。
ヨン様映画に群がるオバサンたちみんながみんな
そうだとは言いませんが(あわわわわ・・・)

ダメですね〜。最近こういう本音がポロポロで・・・。
Posted by Ageha at 2005年10月16日 14:48
私も、なんか、ひっかかってしまって、ああいう記事を書いたのですよ。
いかにも泣かせようかと意識せず作ったにしては、そう感じない部分が多くて、煮え切らなかったのですね。
Posted by うぞきあ at 2005年10月18日 02:48
うぞきあさん、どうも。
未来からやってきたという設定では
自分が何者なのか、会った人にも見てる観客にも
ネタバレしまくらないと話がすすまない・・、のかもしれません。
そもそもが作りにくい話だったかなと。
単純に人と人との心のふれあいなら
大いに泣けたんですけどね。
・・といいつつ、アンバーですでに
うるうるしてましたけど。
Posted by Ageha at 2005年10月18日 18:36
コメント&トラックバックありがとうございます。
原作と比べるのは酷だとは思うのですが、やはりサイドストーリーが邪魔していた気がするのです。臼田あさ美嬢の親子場面は唯一よかったですけれど。
もしあのラストが「天国」を意味するなら、それこそ「酷い」ですよね。そうでないことを願いながらも、やはり塩田監督ファンとしては複雑な心境です(^^:
Posted by まつさん at 2005年10月23日 01:28
まつさん、ようこそ。
う〜ん、これも原作を見たくなりましたね。
なんで設定をそこまで変えてしまったのか・・。
「バタフライ・エフェクト」のタイムトラベルも大概ムチャでしたけど
最低限、過去をいじるとどうなるかってことは描かれてましたから、
比較してしまったんでしょうね。

映画を2時間の異世界として捉えるのか、
映画の出来をこっちにおいて、何か大切なことを考えさせてくれるものなのか。
楽しみかたはそれぞれなんですが、
わが身に置き換えて今を生きる大切さを問う・・と言う意味では
いい映画だったんですけどね・・・。
Posted by Ageha at 2005年10月24日 12:59
こんばんわ〜♪
>未来からの黄泉がえり
う〜ん、たしかにすごいネタバレw
と言っても、黄泉がえり見てないんですが(笑
本筋よりも何よりも、ちょっとだけでていた犬が一番良かった。。
犬が出てると無条件に弱い・・(ノД`)
Posted by PINOKIO at 2006年04月29日 01:24
PINOKIOさん、どうも。
エピソードとしてけっこうかる〜く流されちゃったんですが
アンバーの話くらいしか納得できなかったんですよ。
戻って再会できてヨシと思えたのは。

伊藤英明好きなんですけどね〜。
(ほ〜らまた出た)
これはテレビ放映されたら見るかもしれませんが
DVDはちょっと・・・。
Posted by Ageha at 2006年05月01日 11:40
TBありがとう。

アンバーの話はねぇ、あれこそ、ルール違反かな?老犬が、よろよろと、昔の飼い主のところに、寄って言ったら、こりゃ、ウルウルこない人は、いないでしょう。
Posted by kimion20002000 at 2006年05月02日 08:18
kimion20002000さん、どうも。

未来からやってくる、しかも死んでいる。
さらにその上、設定上んなアホなの連発。
それを映画やし細かい事抜きでといいつつも
それはやったらアカンでしょうって部分で
引っかかったひとたちの多かったこと。
で、どうしても評価は辛口。

それでも私みたく、伊藤英明目当てだったり
ミムラのファンだったりすると見てしまう。

アンバーの話は唯一、ファンタジーとして
おばあちゃんと犬の再会くらい
してもええやん・・っていう思い。
設定に無理があって感動できないといいつつ
泣いちゃいましたからね・・・(おい)
Posted by Ageha at 2006年05月02日 11:14
おじゃまします。
私の記事にコメントありがとうございました。
コメントいただいてから随分時間が経ってしまいましたが、こちらにもコメントにさせてください。
私は地元が舞台という事で、記事をムリヤリ盛り上げましたが、映画としてはイマイチだったと…
ラストは蛇足だし、泣かせられもしなかったです。
伊藤英明さんという役者さんは特に好きではないのですが、この作品(私の地元が舞台)といい「ブリスター」(私はフィギュアコレクターでした)といい、なぜか私のツボをつく作品に多く出演します。そういう意味では次回作に期待です。
では、また伺います。
Posted by ピロEK at 2006年08月13日 00:06
ピロEKさん、どうも。

私も「未来からの黄泉がえり」につられて
見に行ってガックシきたもので・・・。
そちらでコメントした際に書いたのは
この映画のノベライズ版です。
映画も??なら小説はもっと???でした。

伊藤英明さんは海猿でもって
ちょっとありえないヒーロー(爆)にまで
昇格してしまいましたがどうですか?
自分の中ではまだ
「話せばわかる」的な
やたら正統派クソ真面目な青年のイメージなんですけどね。
Posted by Ageha at 2006年08月13日 16:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

この胸いっぱいの愛を
Excerpt:  昨年の『世界の中心で、愛をさけぶ』も1986年の日本を描いていたけど、この映画では4人もの人間がタイムスリップする。もしかするとタイムパラドクス上で重要な意味のある年だったのではないだろうか。  ..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-10-12 23:42

この胸いっぱいの愛を
Excerpt: もし、人生でひとつだけ やり直すことができるなら あなたの戻りたい過去は、いつですか・・・ 思いが叶った瞬間(とき)、 さよならが待っている 「黄泉がえり」のスタッフが贈る、..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-10-13 00:28

「この胸いっぱいの愛を」みてきた。
Excerpt: 「感動した!!」by小泉総理 いやー久々どぅえーすっ!なんかさー土曜の夜に体調崩して入院してた訳なんですね。二日ほどね。 悲しいがな自分で救急車呼んで自分の足で救急車に乗り込みましたよ。はいっ
Weblog: 今日も明日もカエラと映画とマンガ
Tracked: 2005-10-14 16:28

『この胸いっぱいの愛を』
Excerpt: ※ネタバレ注(映画をご覧になってから読まれることをお勧めします) 「この映画って、宣伝が難しいだろうな」 ----ん?いきなりの展開だニャ。どういうこと? 「つまり配給側としては大ヒットした『黄泉が..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2005-10-14 18:04

CINEMA●STARR 「この胸いっぱいの愛を」
Excerpt: 監督 塩田明彦 出演 伊藤英明、ミムラ、勝地涼、宮藤宮九郎、他  同じ飛行機に乗った4人は、気が付けば20年前にタイムスリップしていた。それぞれ、思い出の地で想いを果たそうとする。  ..
Weblog: しっかりエンターテイメント!
Tracked: 2005-10-14 18:22

この胸いっぱいの愛を
Excerpt: 今回は試写会で観た映画を紹介したいと思います。 「この胸いっぱいの愛を」 2005年日本作(10月8日よりロードショー)  監督 塩田明彦 出演 伊藤英明、ミムラ  「故郷である門司に向..
Weblog: 闘う女達への応援歌!日記
Tracked: 2005-10-14 18:47

この胸いっぱいの愛を(評価:○)
Excerpt: 【監督】塩田明彦 【出演】伊藤英明/ミムラ/勝地涼/宮籐官九郎/富岡涼/吉行和子/愛川欽也/倍賞千恵子/中村勘三郎/臼井あさ美 【公開日】
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2005-10-14 19:31

映画のご紹介(65) この胸いっぱいの愛を
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(65) この胸いっぱいの愛を この胸いっぱいの愛を観た。 「それは未来からの”黄泉がえり”だ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2005-10-15 08:34

「この胸いっぱいの愛を」@よみうりホール
Excerpt: 実家に帰っていたので本当に久しぶりの試写会。今日まで秀君もお休みなのでお休みの締めくくり☆「泣ける!!!」とどこを見ても宣伝しているので、ハンドタオル持参で準備OK!泣いても大丈夫なようにマスカラもナ..
Weblog: 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)
Tracked: 2005-10-15 16:18

[映画]「この胸いっぱいの愛を」レビュー
Excerpt: [映画]「この胸いっぱいの愛を」についてのレビューをトラックバックで募集していま
Weblog: レビュートラックバックセンター
Tracked: 2005-10-16 02:23

この胸いっぱいの愛を [もっと他にすることがあるだろう・・・]
Excerpt: 全然泣けず。うるりともこなかったので、すぐ印象から消える映画だと思う。 さりとて、退屈で寝そうになったとか、あまりのひどさに席を立ちたくなった・・とかいうんではない。ストーリーはわかりやすく、適度に散..
Weblog: 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
Tracked: 2005-10-16 07:45

映画「この胸いっぱいの愛を」
Excerpt: これは指揮者の金聖響(キム・セイキョウ)が目当てで行きました。
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2005-10-16 12:21

映画「この胸いっぱいの愛を」を観てきました。
Excerpt: 映画「この胸いっぱいの愛を」を観てきました。 監督:塩田明彦 原作:梶尾真治 キャスト:伊藤英明 / ミムラ / 勝地涼 / 宮籐官九郎 / 富岡涼 / 吉行和子 / 愛川欽也 / 倍賞千恵..
Weblog: ブツヨク人 〜 ブツヨクのススメ 〜
Tracked: 2005-10-16 21:18

???????吾????c?宴?????????
Excerpt: 鐚???ャ??????篌????荀潟????????????祉????c??????????????祉??妓???????????羞怨???????鴻?ф?掩儀??井?鴻?吾??鐚???ャ???顔洪?..
Weblog: 罨ч※
Tracked: 2005-10-22 01:27

この胸いっぱいの愛を
Excerpt: 第246回 ★★(劇場)  年齢を重ねると、かつては向き合えなかったことがいとも簡単に向き合えるようになる。実は正面から向き合っているわけではないのだが、向き合う「術」を年の功で得るわけだ..
Weblog: まつさんの映画伝道師
Tracked: 2005-10-23 01:13

この胸いっぱいの愛を
Excerpt: もし、人生で一度だけやり直すことができるなら・・・ ■監督・脚本 塩田明彦■原作 梶尾真治(「クロノス・ジョウンターの伝説」朝日ソノラマ刊) ■キャスト 伊藤英明、ミムラ、勝地 涼、富岡 涼、倍賞千..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-10-24 12:59

納得出来ないストーリー◆『この胸いっぱいの愛を』
Excerpt: 10月24日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 2006年、飛行機に乗り、出張で北九州の門司を訪れた鈴谷比呂志(伊藤英明)は、町を歩きながら懐かしさを感じていた。彼は20年前に少しだけこの町に住ん..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-10-26 11:22

タイトル通り「この胸いっぱいの愛を」感じる事ができた
Excerpt: 10月8日公開の映画「この胸いっぱいの愛を」を鑑賞してきた。「この胸にいっぱいの愛を」見終わっての感想はというと、実に内容ある映画だったと私は思うし、何より人生について考える映画だった。
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2005-12-29 16:47

この胸いっぱいの愛を 
Excerpt: 『本と映画のランデヴー第五弾』 であります。映画、マンガ、小説の順で見ましたので、その順番に従ってレビューしてゆきましょう。 映画は映画館で観たのでもう半年近く前になります。 ★★★☆  ある場所から..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2006-03-19 16:18

この胸いっぱいの愛を
Excerpt: 最近こんな映画はやってるなぁ〜。。。(_ _;)まぁ、出だしは上々。いきなりタイムスリップしちゃうからwあれ?もうタイムスリップしちゃったの?? そんな感じに導入部が短くてすぐに話に入れるw 
Weblog: 色即是空日記+α
Tracked: 2006-04-29 01:20

NO.144「この胸いっぱいの愛を」(日本/塩田明彦監督)
Excerpt: まるで阿弥陀の慈悲のように、 「人生でひとつだけやり直せるとしたら」。 「黄泉がえり(甦り)」というテーマは、古今東西の、物語の原型のひとつである。それを、ちょっと、「サイエンス」の味付けをすれば、..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-04-30 20:06

この胸いっぱいの愛を
Excerpt: 公開:2005/10/08監督:塩田明彦原作:梶尾真治    『クロノス・ジョウンターの伝説』(朝日ソノラマ刊) 出演:伊藤英明    ミムラ    勝地涼    宮藤官九郎   2..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-05-15 19:14

『この胸いっぱいの愛を』
Excerpt:  それは未来からの『黄泉がえり』だった。  「この宣伝文句は若干ネタバレ気味じゃない?」って思わないこともないですが、映画『黄泉がえり』公開から早いもので三年。あの映画に関わった原作者・梶尾真治、監..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2006-06-07 20:08

この胸いっぱいの愛を…レンタルで鑑賞
Excerpt: しかし、暑いです{/fine_face/}{/fine_face/}。 冷房なしだと呼吸困難なほど…{/ase/} 今日の昼間は出来る限り外出しないで、家で寝てました。 外気と空調の温度差からか、頭..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2006-08-06 00:43

DVD「この胸いっぱいの愛を」見たよ。
Excerpt: はい、こんばんは。 新しいデジカメを買ったんです。 が、まだ、使えません。 新しいものに慣れるのに、時間 が・・・かかる・・・んです。 全然関係ないですけど、 時間もののSFって、..
Weblog: 雪華と、うふふ
Tracked: 2006-08-22 21:36

映画『この胸いっぱいの愛を』
Excerpt: 巻き戻して過去の自分を見るんじゃなくて、死の間際にタイムスリップして文字通り20年も前の自分自身と寝食を共にしちゃう、心残りを解消するために・・ 鈴谷比呂志(伊藤英明)は北九州の門司..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-10-09 12:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。