2005年10月04日

Bye Bye Life〜「オールザットジャズ」〜

ロイシャイダーと言ったら、フツーは「ジョーズ」なんだろーな・・・。

ボブフォッシーの自伝的映画といわれてて、この中で実際に撮影前まで
自分の彼女(愛人)だった、アン・ラインキングを、
ロイシャイダー扮する主人公のジョーギデオンの
愛人役に抜擢までして・・。そういうのアリ?すごいリアリティなんですけど。

B0006TPETC
オール・ザット・ジャズ
ロイ・シャイダー ボブ・フォッシー ジェシカ・ラング

関連商品
フォッシー(ブロードウェイ・キャスト版)
キャバレー リバース・エディション
フォッシー
ミクロの決死圏
ヘアー
by G-Tools


サイモン&ガーファンクルでしか聞いたことないんですが、
「BYE BYE LOVE」を一部もじってラストに歌ってます。

ブロードウェイの舞台裏ドキュメントでもあり、
一人の男の人生をショーにたとえたものでもあり、
でも、それよりなによりダンスシーン。これにつきます。

監督自身がもともとダンサーで振付師。演技の勉強もしてたというから
ダンスへのこだわりとそのセンスはすごいもんがあって。

個人的にはアン・ラインキングのダンスに釘付け。
足は長いわ、そこにたってるだけで絵になるわ、表現力すごいわで。
・・・まあ、元カノの長所を引き出すのは他の役者に演技指導するよりラクか。
ann.jpg

覚せい剤と酒とタバコとオンナにどっぷり依存しながら
家族も彼女もかえりみず、ひたすら仕事に没頭する完璧主義者。

ウソや駆け引きばかりのショービジネスの世界の住人である彼にとって
「死」だけがたった一つの真実。怒り、拒否、歩み寄り、絶望、・・と
スタンダップのフィルムの通りにたどっていく死の5段階。
自分の人生をミュージカルにできたことで最後に
ジェシカラング扮する「死の天使」の抱擁を「受容」する。

飽きられること、認められなくなること、売れなくなること。
そういう恐怖と戦いながらその時その時のパーフェクトを
作り続ける事へのプレッシャー。こういう仕事に携わる人は
成功しても絶えず苦しむわけで。
で、まわりが絶賛しても自分が納得しなくて作品に膨大な時間をかける。
映画の中でもギデオンが、「締め切りすぎた、予算が超過だ」と
文句を言いにきたスポンサーにフィルムみせて黙らせるシーンがあるけど、
実際この映画もジェシカラングのシーンはなくてもいい
早く仕上げろって言われて途中までのフィルムをみせて納得させたという
エピソードがあるらしいから、ホントどこまでもリアルな作品。

1979年の作品でリアルタイムでロードショー見たって言ったら
どんな子供やったんやって言われそうな映画ですけど。(笑)
今思うと当時のAgeha系脳内はサッパリわからん。
posted by Ageha at 17:30| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(2) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます!

映画館系はYahoo!ではなく、Yaplogの方に移動しました。Yaplogのアドレスをここには残しておきます。

この映画大好きで、DVDが出る前もテレビで上映したのを録画して繰り返し観ていました。狂ったようでいて、マニアのようでいて、自分の世界が自分の中でしかっりと存在している自分勝手な主人公に、どういう訳かあこがれていました。

PAM
Posted by PAM at 2005年10月05日 23:44
PAMさん、ようこそ。
誰か見たことある人いないかなと
検索かけたらそちらへ飛んだもので。

DVD解説のなかでロイシャイダーが語ってましたが、
睡眠薬でやっと眠り、覚せい剤とシャワーで起きる。もうむちゃくちゃですよね。
毎朝、ビバルディのテープをかけて
鏡の前で「ショウタイムだ」って
気合をいれないとやっていけない状況ってかなりキツイ。
でもその反面で「ショーほど素敵な商売はない」と思ってるから
「芸のためなら女房も泣かす」わけで、体壊しても続けるわけで。

破滅的な生き方なんだけどそこまでのめりこむものがあると言う事に、
当時はある種の憧れとかうらやましさを感じながら見ていた気がします。
Posted by Ageha at 2005年10月07日 14:47
TBありがとうございました。

この映画、たしか、ロードショーではなく、名画座かなにかでみたと思います。
すごくいい映画ですよね。

It's Show Time Folks!!
Posted by とり at 2005年10月09日 13:05
とりさん、ようこそ。

今はどっちかいうと邦画みて泣く(!)ほうが増えちゃいましたが、
学生時代の自分って随分渋いの見てたんですよ。
もしくはやたらアカデミー賞をとったようなヤツとかね。(笑)

当時はいろんな意味でインパクト強で、
だから今でも覚えてる。
でも、そこに描かれた内容ってのは
今のほうが理解できますね。
Posted by Ageha at 2005年10月11日 09:46
はじめまして。この作品私も大好きです。何度も観すぎてDVDが磨り減りそうなほど好きな作品かも。
リアルタイムでご覧になったなんてなんて羨ましい!スクリーンで見るあのダンス、迫力あるでしょうね。
個人的には愛人と娘のダンスを観た後の彼の笑顔が非常に印象的でした。
Posted by クマ at 2005年11月19日 16:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

オール・ザット・ジャズ (ネタバレ有り)
Excerpt: オール・ザット・ジャズ (1979) ネタバレ有り  原題: All That Jazz  邦題: オール・ザット・ジャズ  監督・脚本:ボブ・フォッシー(Bob Fosse)  ..
Weblog: 専門家の傍らで… (自腹評論部)
Tracked: 2005-10-05 23:41

クールでディープ!『オール・ザット・ジャズ』
Excerpt: 本日の映画:オール・ザット・ジャズ 12月にはじめて『シカゴ』を観て以来すっかりこの作品に魅了されてしまい、DVDはモチロンサントラまで購入し、暇さえあれば再見を繰り返すというシカゴ漬けの毎日を送っ..
Weblog: 毎日が映画日和
Tracked: 2005-11-19 16:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。