2007年12月22日

やっぱりちょっと貫禄不足?〜「椿三十郎」〜

椿三十郎.jpg

角川映画いうたら、コレの前にも
「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」をブログで取り上げて
そのときも、反町さんがんばってるんやけど
このキャスティングは荷が重すぎたんちゃうかって
書いたんですが。

う〜ん、織田裕二が”五十郎”くらいになったら
また違うのかもしれんけど(ノ*゚▽゚)ノ
三船敏郎のイメージだけ頭に浮かべると
「頼りになる、腕のたつ助っ人」というよりは
”悪態はつくけど結局世話をやいてしまう、
1こか2こ上の兄貴”といったところか。
その段階で黒沢映画を
俳優違うだけでまんまやっちゃうってのは
どうよと。

”椿三十郎”の固定観念をひっくり返してからでないと
受け入れにくいかも。

着物の似合う浪人に見せるために増量したようですが
それでもトヨエツ扮する室戸半兵衛に
「いいこだ」って言われちゃうとなんかね。
言葉をまんま受け止めるわけじゃないけど
貫禄ないよってやっぱ思っちゃうわけで。


日日平安―青春時代小説 (時代小説文庫)
日日平安―青春時代小説 (時代小説文庫)山本 周五郎

角川春樹事務所 2006-11
売り上げランキング : 53456

おすすめ平均 star
starユーモアと人情味

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新潮文庫からも出てるんだけど
映画公開用のポスターには「角川春樹事務所から出てる」
こっちの原作本をプッシュしてるとこがアハハハハ・・だね、
春樹さん。(ノ*゚▽゚)ノ(ノ*゚▽゚)ノ(ノ*゚▽゚)ノ
こういうとこにもあざとさを感じてツッコミいれちゃう。(笑)

もともとの山本周五郎原作の「日日平安」は
「気弱で腕もない主人公による”殺陣のない時代劇”で
お家騒動に遭遇したのを幸いに、
知恵を絞り尽くして食と職にありつこうとする
主人公の悲哀を軽妙に描き・・」と、あるように
(すいません、読んでません、
ネットから拝借しました。?(^ー^; )"~)
もともとはそれに忠実なシナリオがあったのに
黒沢映画で制作された時は映画会社の都合でもって
大幅に改変したらしいんだけど、
それは当時ものすごく好評で対決シーンは特に印象的だったと。

その問題のシーン、どうすんのかなと思ったら
その一歩手前まで脚本に忠実に一言一句再現しといて
・・・う〜ん、それでええのん?

確かにここだけは
台本が空白になっていて演じるものと撮るものの
それこそ壮絶な格闘の末できた名場面・・だったらしいし、
唯一森田監督が「いじれる」シーンでもあったわけですが。

森田芳光監督で織田裕二を使うのなら
原作に忠実な「日日平安」を
今なら撮れるのにどうしてなんだろうって
どっかで思ってしまった段階で
物足りないと感じてしまったわけで。
三船を真似ても仕方ない、ならば
同じ話を解釈変えて、はなっから織田三十郎に
してしまったらよかったのに。
織田裕二に三船とおんなじことさせたら
彼の個性はこういう表現をしましたってとこですか。
(うわ〜なんかケンカ売ってるみたいなコメントやな・・・)

現在の時代劇ってBGMにフツーにJPOPやロック、
下手すりゃHIPHOPだって使いそうなもんだから
音楽までもレトロだとなおさら
音に主人公が貫禄負けしてどないすんねんと

・・・う〜ん、織田裕二好きなんだけどな。

俳優が違うだけで、ほとんどを忠実に再現って
どうしてそないにこだわったんかがむしょうに知りたい
Agehaさんなのでした。
織田裕二が悪いんじゃなくて
織田裕二を生かしきれてない。・・って思うのは
私だけ???

と、まあ なんだかぼやきになりましたが最後に

押入れ侍佐々木蔵之介さんLOVE〜〜〜揺れるハート
posted by Ageha at 00:26| 大阪 ☁| Comment(9) | TrackBack(11) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2007年12月22日 22:39
 織田さんと松山クンでは実年齢も15歳くらい違うはずなのに。。。
ほんとアンちゃんだったなぁ・・・
そこが本当に惜しいよね。

 で、まさに実年齢も撮影時には「もうすぐ四十郎」なわけなんだもんね。

 ただ・・・
やっぱこれはこれなりに私はお気に入りだったよ。それだけ45年の月日が過ぎても優れたシナリオだったってことだね。
Posted by しんちゃん at 2007年12月23日 23:11
しんちゃん、どうも。

松山ケンイチVS織田裕二の漫才が見たかったわけで。(コラコラ)
おまけにどっかで
「踊る大捜査線」のノリを期待してたんですよ、
あ、もちろん監督違うのはわかってますけどね。
刀を振り回さなくても
事件が解決するような時代劇でもよかったんとちゃうかなと、
どうもそこへ
自分の意識が向かってしまったのがよくなかったのかも。
脚本通りの配役に残りのひとがみな
ぴたっとはまっているのなら
なぜどうしても織田裕二に主役をと
監督がこだわったのか、
その理由がわからなかったわけで。
笑いのセンスが今でも通じるってとこで
脚本そのものはよかったんですけどね。
Posted by Ageha at 2007年12月24日 02:28
メリクリ!
いぁいぁ、これは、、、同じ脚本でリメイクすることに意味があるわけで、、、
原作に忠実な脚本書をき直してリメイクするなら、誰でもする。あまり勇気がいらないリメイクだケド、このリメイクは、、、かなり勇気要ったでしょう。
そう言うところが、好き。
でも織田君、オリジナルみたこと無かったって、堂々と言うなyo!って感じ。
Posted by 猫姫少佐現品限り at 2007年12月26日 01:27
猫姫さん、どうも。

勇気のいるリメイク。
比べられるのがわかっててコピーするわけですから
平成の椿でオッケー・・なんですけどね。

オリジナルを見てからコレを見た人たちは
改めて黒沢映画の偉大さを語り、当時の役者たちの
すごさを語る。
もちろん今のひとが過去の名作を掘り起こす
いい機会にはなると思うけど、

・・・そっかそれが目的だったのかな。(ノ*゚▽゚)ノ
はなからいい評価がもらえるとかは期待してなくて
映画ってええよ、いいものは時を越えるんだよって
その橋渡ししたくて作ったんかなと思えば
それはそれで・・・(え)
Posted by Ageha at 2007年12月28日 03:00
コメント飛ばしてしまいました。
日本インターネット映画大賞の投票
参加させていただきます。
・・・もう少しお待ちくださいませ。_ψ(‥ ) カキカキ...

来年1月17日までオッケーということですので
あと何本か見れたら
そのあとにTBさせていただきます。(o・・o)/~
Posted by Ageha at 2007年12月28日 15:31
あけおめでーーーすっ。
いつもトラバのみで失礼しちゃってますが、
今年もよろしくお願いしますっ。
Posted by ひらりん at 2008年01月03日 00:05
Agehaさん、こんにちは!
今年もよろしくお願いします。

同じ脚本で違う俳優、違う演出でやってみたのはおもしろい試みだったと思いました。
映画というのはたぶん時代の空気が反映されるので、今の空気を反映すると同じ脚本でもこうなるのかなと思いました。
40とっても今の時代は三船敏郎みたいな貫禄ある人いないですからねー。
オリジナルの作られた時代はまだ時代がギラギラしていたのかもしれません。
Posted by はらやん at 2008年01月05日 13:51
はらやんさん、どうも。

織田裕二が若く見えるってのもあるんですが、
(にしても当時の三船さんと3,4つしか
かわらんようには見えないでしょ?)
三船さんてひと自身が
オーディションの段階で「内なる獣を飼っている」
と言わしめるくらいなんか別格だったそうで。
・・・もっというと今の世の中じゃ
顔だけワイルドって人はいても(!)
貫禄だったりオーラだったり
そういう演技の勉強だけじゃどうしようもない
ものを画面に出すには
あの頃よりも10年15年くらいさらに
何かを上乗せしないとだめなのかもしれませんね。
ハングリー・・・なことないもん。(わわわ)
顔のきれいなお坊ちゃんがあふれてるもん。(わ)
Posted by Ageha at 2008年01月14日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

椿三十郎 (2007) 119分
Excerpt: 「映画の日」活用しました(笑)
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2007-12-23 23:12

「椿三十郎」映画感想
Excerpt: 黒澤明監督の名作の方でなくて、森田芳光監督がリメイクした映画です。リメイクと言っ
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-12-24 21:29

【2007-173】椿三十郎
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 こ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-12-24 23:30

椿三十郎 07216
Excerpt: 椿三十郎 2007年   森田芳光 監督  角川春樹 制作総指揮  大島ミチル 音楽  菊島隆三 、小国英雄 、黒澤明 脚本  山本周五郎 原作(日日平安 Peaceful Da..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-12-26 01:02

椿三十郎
Excerpt: 黒澤明監督・三船敏郎主演の作品「椿三十郎」を森田芳光監督、織田裕二主演でリメイクしたもの。1962年の黒澤・三船版「椿三十郎」は、とても評判のいい作品と聞いていましたが、実は私は見たことがありません。..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2007-12-28 21:38

『椿三十郎』(2007)
Excerpt: 潘の次席家老らの汚職を粛清しようと城代家老の元を訪ねたものの、受け入れてもらえなかった若侍の一団は、代りに大目付に話を聞いてもらえることになり皆が集まって相談中。 ところがその話を盗み聞きしていた素..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2007-12-31 12:11

「椿三十郎(2007)」オリジナル脚本の完成度を改めて実感
Excerpt: 世界のクロサワの代表作「椿三十郎」の森田芳光監督によるリメイクです。 黒澤明監督
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2008-01-01 22:20

★「椿三十郎」(2007)
Excerpt: 黒澤明監督&三船敏郎主演のオリジナルを織田裕二主演で完全リメイクした作品。 角川映画は大風呂敷を広げるのが得意だね・・・ 嫌いじゃないけど、こける事もあるので、一週遅れで拝見する事に。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2008-01-03 00:03

椿 三十郎
Excerpt: 1962年黒澤明監督の傑作時代劇のリメイク版 12月1日より公開中  出演 織田
Weblog: いろいろと
Tracked: 2008-01-03 10:07

椿三十郎
Excerpt: 城代家老睦田(藤田まこと)の夫人は白木万里がいいと思う・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-01-04 10:58

椿三十郎 <ネタバレあり>
Excerpt:  とっても普通でした(笑) ま、織田裕二ファンの方は必見ですな彼がとってもカッコいいので ワタクシがファンなら2回は観に行くなたまたま偶然に出会ってしまった浪人と9人の若侍。若侍達にとってはラッキーな..
Weblog: HAPPYMANIA
Tracked: 2008-01-08 04:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。