2007年11月03日

やっぱり「東京タワー」はいい。

小説で泣いて、
大泉洋バージョンの2時間SPも見た。

違う違うと思いながら見ていた、
もこみちバージョンのドラマも(ノ*゚▽゚)ノクリアして

こんだけ繰り返したらもう十分やんかと思いながら

結局見てしまった。
トリを飾るのはオダギリジョーバージョンの
劇場版「東京タワー〜オカンと、ボクと、時々、オトン〜」

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)オダギリジョー;樹木希林;内田也哉子;松たか子;小林薫 松岡錠司

VAP independent(VAP)(D) 2007-10-24
売り上げランキング : 158

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
帰ってきた時効警察 DVD-BOX 蟲師 大友克洋完全監修 蟲箱 蟲師 (通常版) TOKION (トキオン・ジャパン) 2007年 12月号 [雑誌] SLAPSTICKS


つくづく思う。
同じ作品でも誰が監督をして誰が演じるかで
こないにも違うもんなんかとね。

あ、ちなみにbookのレビュー(?!)はコチラ。
→ 「東京タワー〜オカンとバンプとちょっとジェネジャン(?!)〜」



田舎もんが〜という意味では
大泉洋はホノボノしてたし(わわわ)
ゲイジュツカという意味ではオダジョーはなんか絵になるのね。
んでマザコンとまではいかずとも
精神的にオカンに依存してる甘えてる部分では
もこみちくらい若いとハマる・・ような気がしたわけで。

オダジョーバージョンがいちばん
小説に忠実だったような気がしますが、どうでした?
深夜放送の下ネタとか
だらけてるときの妙に生々しい感じや
イラストレーターっぽく垢抜けていくさまは
やっぱし彼が一番リリーさんの雰囲気に近い気がしたんですが。

いやファンの人が見たらいっしょにせんといて〜って
言うやろけどね。(爆)あくまで演技ですから。f(´−`;)

柄本明さんとか宮崎あおいさんとかキョンキョンとか
え〜っっていう俳優さんを、まあこれでもかと
チョイ役に使ってずいぶん贅沢な作品にしちゃいましたね。
見てておなかいっぱいになりました。

オカンもオトンも三者三様。
こんなキャラと言う設定があっても
そのなかでそれぞれが演じる父母はどれも味のあるものでした。
今回は樹木希林と実の娘内田也哉子との共演で
あのひとホンマにこんなふうに年取るんちゃうかってくらい
違和感なく時間が流れて、そこまでこだわった作品は
さすが松尾スズキ。
コレをあの”インザプール伊良部〜(!)”が撮ったってのも
びっくりだわさ。(すいません、後日訂正。
松尾さんは脚本でした・・・どうも。)

オダジョーの語りの部分がとても多かったので
映画をみてるんだかラジオドラマをみてるんだか
わかんないような作品でしたが
語りで小説の内容をはしょったとしても
その語り口の優しさにいや〜ええわ〜と思ってしまうのは

・・・惚れた弱みですかね?(ノ*゚▽゚)ノ

ちなみに余談ですが
ウィキペディアより「内田也哉子」

私が文庫担当になってから彼女の書いた作品で
講談社から「ペーパームービー」っていう本が入ってきてた。
ペーパームービー (講談社文庫 う 56-1)
ペーパームービー (講談社文庫 う 56-1)内田 也哉子

講談社 2007-05-15
売り上げランキング : 197892

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
会見記
ブローチ


しかも歌手でもある。
シブガキ隊モックンの奥さんで
父はシャケナベービーで死神博士みたいな内田裕也って
それくらいしか知らんかったのに(コラコラ)
素人っぽく見えて実はスゴイ人なんだな・・f(´−`;)

posted by Ageha at 18:30| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(14) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 DVD買っちゃった(爆)

で・・・松尾さんは脚本だよ。
監督は違う人(笑)

 私はオトンもなかなかいい感じでした。
男だから?(笑)ああいうのにもあこがれたりして(笑)
Posted by しんちゃん at 2007年11月09日 07:23
しんちゃん、どうも。

ズルイな〜と思うのは
オカンの愛情ってのはもう、
子どもが生まれてからずっと積み重ねていく
日常で、歴史で、当たり前にそこにある
大地のようなもんなんですが、
オトンってのは、
関わる時間が短かろうが、
どんなにそれまでエエ加減であろうが
ココって時にピンポイントでくれる、
大きな愛情を感じることができたら
それでもう全部許せちゃうんですよね。
世界でたったひとりの
やっぱり愛すべきオトンなわけです。
・・・ええよな〜(ボソッ)
Posted by Ageha at 2007年11月14日 17:21
こんばんは♪
んんーー?
>惚れた弱み
って何ーーー?
Agehaさん、オダジョーに惚れてましたっけ???
イヤン、ライバル登場???

>深夜放送の下ネタとか
だらけてるときの妙に生々しい感じや
イラストレーターっぽく垢抜けていくさまは
やっぱし彼が一番リリーさんの雰囲気に近い気がしたんですが。
ハイ、ここ大正解だと思います!
映画だとテレビドラマと違って深い「役作り」を要求されますしね。
私は大泉洋バージョンのドラマしか見ていませんが、演じる人演出する人によって随分違うもんだなと思いました。
ボクもいろいろ、オカンもいろいろ。
みんな違ってみんないい。
でも、私はオダジョーが一番いい!
Posted by ミチ at 2007年11月23日 00:06
ミチさん、どうも。

夜中やのに、テンション高いって。(笑)
いやまだどっかに
うすらサム〜いものを感じるのは気のせい?

11回クールでじっくり作るのと違って
それだけスクリーンでは
1分1秒が濃密なんでしょうね。
どんだけ名演技しても
時間の尺っていう理由だけで
ぶった切られるシーンもあるわけですから。

沢尻エリカに1リットルの涙の亜也ちゃんを
イメージとして大切にもってるのと違って
オダジョーは個性的で
ガンとして譲らない自分を持ってて
感性が研ぎ澄まされてて
変幻自在なとこがいいんですが

ただ、

彼が選ぶ作品も、その中で要求されるキャラも
必ずしも好きになれるとは限らないので
その辺がなんとも・・・。
大ファン相手にケンカ売ってるような
コメントでどうも。( _ _ )..........o
Posted by Ageha at 2007年11月24日 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (2007) 142分
Excerpt:  ごく普通の母子関係です
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2007-11-09 07:25

【2007-52】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? いつも笑っていた みんなが好きになった ずっと一緒だと思っていた これは、 ありふれた物語 けれど、 すべての人の物語 ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-11-12 00:00

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
Excerpt: オカン、ありがとうね。   ■監督 松岡錠司 ■脚本 松尾スズキ■原作 リリー・フランキー(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」扶桑社刊) ■キャスト オダギリジョー、樹木希林、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2007-11-16 08:42

東京タワー オカンとボクと、時々オトン
Excerpt:  『オカン、ありがとうね。』  コチラの「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」は、リリー・フランキーさんの大ヒットベストセラー同名自伝小説をオダギリジョー&樹木希林共演で映画化した4/14公..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-11-18 21:14

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」試写会レビュー おかんと映画を観た。
Excerpt: エンドロールが流れ、涙で目が痛い。でも安心しきっている。 手をひいて歩くなんて恥ずかしくてできない世界に生きている僕だが、母を誘って、試写会でともに、東京タワーを観た。
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2007-11-20 22:28

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
Excerpt: 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン’07:日本 ◆監督:松岡錠司「さよなら、クロ」「アカシアの道」◆出演:オダギリジョー 、樹木希林 、内田也哉子 、松たか子 、小林薫 、冨浦智嗣 ◆ST..
Weblog: C'est Joli
Tracked: 2007-11-20 23:05

映画 【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】
Excerpt: 試写会にて「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 リリー・フランキーの大ベストセラーとなった同名小説の映画化。 この映画を「泣ける」と思って見に来る人はある意味肩透かしを食うかもしれない。こ..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2007-11-23 00:01

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]           2007/04/14公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2007-11-26 11:45

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン−(映画:2007年135本目)−
Excerpt: 監督:松岡錠司 出演:オダギリジョー、樹木希林、小林薫、内田也哉子、冨浦智嗣、田中祥平、谷端奏人、松たか子、伊藤歩、平山広行、勝地涼、荒川良々 評価:93点 いい原作をいい役者が演じ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-12-02 21:23

贖罪と感謝の共鳴●東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
Excerpt: 当たり前を忘れつつある現代に、当たり前を気付かせてくれる、 当たり前な映画。 映画版「チキンライス」(作詞:松本人志、作曲:槇原敬之) 『東京タワー オカンとボクと、時...
Weblog: Prism Viewpoints
Tracked: 2007-12-17 02:30

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 
Excerpt: 製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 142分 監督 松岡錠司 原作 リリー・フランキー 脚本 松尾スズキ 音楽 上田禎 出演 オダギリジョー 、樹木希林..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2007-12-22 19:54

『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』'07・日
Excerpt: あらすじ1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボ..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-05-17 08:54

東京タワー(感想122作目)&疾風伝&メイド刑事
Excerpt: 東京タワー オカンとボクと、時々オトンは映画Ch鑑賞で 結論はドラマSP大泉&映画オダギリ&連ドラ速水の順番だ 内容は主人公が病気のオカンと酒飲みのオトンとの親子で 主人公が3歳から大学に..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2009-07-11 14:15

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
Excerpt: オカン、ありがとうね。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-07-30 23:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。