2007年10月09日

「ナンセンス」親父はカッコいいか?〜「サウスバウンド」〜

正しいことを言うてなにが悪い?
ナンセンスってツッコミいれて何が悪い。
サウスバウンド.jpg

己の信念に対してここまで正直に生きられたら
確かにスゴイわな。
それに関しては一歩も譲らない。
融通のきかなさも妥協のなさもピカイチ。

あれだけ理屈っぽくまくしたてたら
ホンマはめちゃ嫌なヤツに見えるはずなんだけど
とにかく終始ニコニコで、でもやりたい放題。(笑)
イマドキあんなひと確かにいないよな〜。
いたらいたで変人扱いされそうだ。
それを骨太で頑固で愛すべき親父に見せるってのはもう
トヨエツの力なんだろうなと。
(あのね、今文庫のベスト10でもって
「サウスバウンド」と「犯人に告ぐ」がワンツーなんだけど
どっちもトヨエツ主演作品の映画原作本でPOPついてるんだけど
後者のほうがどっちかいうとトヨエツのパブリックイメージ。
この2本のギャップはスゴイよぉ・・。)

んであのお父さんとあのお母さんの息子にして
一見フツーに見える息子の二郎も
とんでもなく正義感のかたまりだったりするのな。
血は争えないというかなんと言うか。
まあそのおかげでというかそのせいでもって
一家は西表島に引っ越すことを決める。
ゴミゴミした都会から開放されて
島のひとらとも仲良く暮らそうとしてた矢先
やっぱりここでも問題が起きる。
見てる間ずっと考えてた。
オトナになるということは
悪いことを悪いと言えなくなることなのかと
まわりにあわせることばっか考えてるうちに
正義感なんかなくなるのかなと。

当たり前のことを主張することの難しさとか
子どもにどんな風に大きくなれといえばいいのかとか、
反面教師にはなれても、
親の背中みて育ったらどないなるんやろ、
自分の子どもには自分はどんなふうに映ってるんやろと
まあ頭をかかえてしまったわけで。f(´−`;)

まあカッとなっておこす衝動にはロクなもんがないので
若さってのはそれはそれで狭い視野でしか
物事見れなかったり過激な方向へ暴走したりするんだけどね。
現にこのダンナにしてこの妻も
かつてジャンヌダルクと呼ばれたほどの戦士だったわけで、
許せなかったある出来事のために
警察沙汰になった過去がある。

アツさと冷静さをもってホンモノを見極めるなんぞ
私だってこの歳になってもできてない気がするな。
群れたくはないけどひとりはやだっていう意識のなかで
さてズルくない生き方なんかどうやってすればいいんだか。

だからまあムチャクチャだけど見てて気持ちいいと思った。


ただ、理由はどうあれ
ラストあれでええんかよ・・・。
posted by Ageha at 01:42| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(20) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々にたっぷり時間がとれたので、改めていろいろな記事を読み直したのですが、いやぁ〜、やっぱおもしろいですねぇ。しかも本文といいコメントといい、一人突っ込みのスパイスが絶妙に効いていて。
あ〜自分も読み応えのある文章が書けたらなぁ〜。こればっかりはやはり読書とかしている人にはかなわないみたいですが。

トヨエツのお父さん像、キャラクターとしてはサイコーですが、実際にあんなのだったら、どうなんだろう。やっぱ都会の中じゃ、きびしいかな?いい迷惑かも。でも憧れるんだろうな、自分に無いものをいっぱい持ってるのって。
Posted by 八ちゃん at 2007年10月10日 17:35
こんばんはー。
>とにかく終始ニコニコで、でもやりたい放題。(笑)
あのニコニコに敗北です(^^)
トヨエツだから・・なのかもしれませんが、あんなお父さんがいたら、ファンになりそうです。

若気の至りってちょっと分ります。
でも、アツかった自分も恥かしくも懐かしく思ったり・・・。
人はどうしたって年を取るんですよね。
Posted by たいむ at 2007年10月10日 19:01
こんばんは。
こういう両親を持った子どもってやっぱり強くなるんですかね。ラスト、あれでいいのかよ、とも思いますが、子どもなんてほっといたほうが強くなるんだとも思えて、微妙でした。
Posted by ジョー at 2007年10月10日 22:40
八ちゃん、どうもです。
いや〜おだてても何も出ませんて。(笑)
光栄でございます。今後ともよろしくお願いします。

他人事やからクスッと笑えますが
自分の父親があれだったらやっぱパスかな。
(ノ*゚▽゚)ノ

ニートの親父が正義をまくしたてたって、
・・・説得力ないかもな。
しかも育児放棄。

あとでいろんな方のレビューみて
納得することしきりでした。
Posted by Ageha at 2007年10月15日 23:47
たいむさん、どうも。

眺めてる分には気持ちいいんです。
それは自分がもしかしたら
日頃言いたいことが言えずにいるからか?(爆)

ブログじゃ好き勝手こんだけ書いてるのにね。

若さってものを眩しく思ったり青く感じたり
苦笑できるようになったってことは
そんだけトシとっちゃったってことかいな。
ううぅ・・・。み、認めないっ。( _ _ )..........o
Posted by Ageha at 2007年10月15日 23:53
ジョーさん、どうも。

まあ劇中でオレのようにはなるなって
ハッキリ言うてますから
よしとしましょう。

二郎に必要だったのは
間違ってると思うことにはとことん戦う意思と
まわりの圧力に屈しない強さ・・で
その方法がどうであれ子どもには
頼もしい父に見え
それでオッケーだった。
親子関係がまるく収まった事件だったと。
ただしあくまでこれはこの家族にのみ
あてはまることかもと。

親はなくても子は育つとも言います。
子どもは自分が体験したことを栄養にして
大きくなっていくのでしょう。
その良し悪しを見極める目さえ持てたなら
どんな状況でどんな親の元で育っても
大丈夫なのかも・・・
うわ〜無責任な意見で
スイマセンです・・・。
Posted by Ageha at 2007年10月16日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サウスバウンド
Excerpt: 国民やめよっかな・・・日本が沈没するからというわけではなく・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-10-09 07:54

【2007-140】サウスバウンド
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 東京→西表島 この一家、どこへ行っても何かある!! ナンセンスな奴らを蹴散らして、 上原一家の冒険が始まった! あの日、永遠に残る 父の..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-10-09 22:02

サウスバウンド/豊川悦司、天海祐希
Excerpt: 予告編の印象はちょっと毒がありそうでドタバタな感じの人情喜劇だったんですけど、想像していたのとはちょっと違ってました。まぁ、何となくそうなりそうな予感もなくはなかったので、ガックリくるとかそういうこと..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-10-10 00:36

サウスバウンド 21点(100点満点中)07-270
Excerpt: わざとだよ! ついだよ! 公式サイト 奥田英朗の同名小説を映画化。監督は『模倣犯』で賛否両論を起こし昨年『間宮兄弟』が小ヒットした森田芳光。 彼が脚本まで手がけた作品においては、原作との..
Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
Tracked: 2007-10-10 00:40

サウスバウンド
Excerpt: なんつーか、物足りないです。
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2007-10-10 00:51

「サウスバンド」みた。
Excerpt: なんだか一郎さんとさくらさんに感動してしまった。その血をしっかりと引いている姉弟妹も素敵だ。今時ありえなさそうな上原家。とても私には真似のできない彼ら一家がどこか羨ましい。二郎くんの視点で、二郎くん..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2007-10-10 18:58

「サウスバウンド」:神宮前一丁目バス停付近の会話
Excerpt: {/kaeru_en4/}なんだ、この月と星のマークは? {/hiyo_en2/}ここにトルコ大使館があるのよ。 {/kaeru_en4/}なるほど。月と星がトルコのシンボルってわけか。 {/hiy..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2007-10-10 22:25

大人の理不尽な世界、子供の理不尽な世界。『サウスバウンド』
Excerpt: 元学生活動家の父親とその家族の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2007-10-10 23:33

「サウスバウンド」レビュー
Excerpt: 映画「サウスバウンド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:豊川悦司、天海祐希、北川景子、田辺修斗、松本梨菜、松山ケンイチ、平田満、吉田日出子、加藤治子、村井美樹、他 *監督:..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2007-10-11 20:17

サウスバウンド  称号:愚作
Excerpt: 小学6年生の二郎は、言動が子どもっぽい父の一郎を恥ずかしく思っていた。父が元・
Weblog: 映画細胞〜CinemaCell
Tracked: 2007-10-12 08:05

映画「サウスバウンド」
Excerpt:   トヨエツの個性あふれる父親ぶりがおもしろい   西表島の住民の方?の出演もあり 手づくり感あふれる作品に仕上がっているのが とても親近感があって良い   ..
Weblog: happy♪ happy♪♪
Tracked: 2007-10-13 15:39

サウスバウンド
Excerpt:  日本  コメディ&ドラマ&青春  監督:森田芳光  出演:豊川悦司      天海祐希      北川景子      山ケンイチ 【物語】 東京、浅草。小学6年生の上原二郎は、..
Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
Tracked: 2007-10-13 23:44

『サウスバウンド』
Excerpt: 感動度[:ハート:]         2007/10/06公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:]   【監督】森田芳光 【脚本】森田芳..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2007-10-14 02:37

サウスバウンド/豊川悦司、天海祐希
Excerpt: 予告編の印象はちょっと毒がありそうでドタバタな感じの人情喜劇だったんですけど、想像していたのとはちょっと違ってました。まぁ、何となくそうなりそうな予感もなくはなかったので、ガックリくるとかそういうこと..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-10-16 00:17

映画「サウスバウンド」
Excerpt:   トヨエツの個性あふれる父親ぶりがおもしろい   西表島の住民の方?の出演もあり 手づくり感あふれる作品に仕上がっているのが とても親近感があって良い   ..
Weblog: happy♪ happy♪♪
Tracked: 2007-10-16 07:05

『サウスバウンド』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「サウスバウンド」 □監督・脚本 森田芳光□原作 奥田英朗(「サウスバウンド」角川文庫刊) □キャスト 豊川悦司、天海祐希、北川景子、田辺修斗、松本梨菜、松山ケンイチ、平田満..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2007-10-20 09:32

サウスバウンド 観てきました
Excerpt:  風邪が完全に治らず、辛いのですが、サウスバウンドを観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2007-10-22 01:10

mini review 07292「サウスバウンド」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: 元学生活動家の父親とその家族を、息子の視点で描く爽快(そうかい)な家族ドラマ。直木賞受賞作家の奥田英朗の同名小説を基に、監督の森田芳光が主役から脇役にいたるまで登場人物たちの魅力を見事に引き出した。家..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2008-05-02 03:46

『サウスバウンド』
Excerpt: 『サウスバウンド』小学校6年生の二郎(田辺修斗)は父・一郎(豊川悦司)のことが、恥ずかしくて仕方がない。税金の督促に来たおばさんが「国民の義務です」と言えば、「国民やめちゃおっかなー」と返し、修学旅行..
Weblog: *モナミ*SMAP・映画・本
Tracked: 2008-12-30 09:52

DVD『サウスバウンド』
Excerpt: サウスバウンド スペシャル・エディション [DVD](2007/日本) 浅草に住む小学6年生の上原二郎は、疑問に感じたことには猛然と盾つく父親の一郎を恥ずかしく思っていた。ある日、母親さくら..
Weblog: みかんのReading Diary♪
Tracked: 2009-01-06 07:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。