2007年09月24日

13番目の香料〜「パヒューム ある人殺しの物語」〜

perfume.JPG

お〜どっかでみたことあるオッチャン(失礼)やと
思ってたら
スネイプ先生やないですか。(↑画像左側)

この主役のおにいちゃん、
その嗅覚で探偵とかしたらよかったのに。
警察とかにこういうひといたらものすごく活躍できたのに。

でもそんなの関係ね〜そんなの関係ね〜そんなの関係ね〜
ハイ、オッパッピー♪

yoshiokojima.JPG

誰かに似てないかってず〜〜っと思いながら見てて
そや!と思ったのがコレって・・・
すっきりしたけど・・・ええん?それで。(爆)

人を支配することさえもできるという
13番目の香料は伝説の中にだけあるはずだった。
ところが究極の香水を求めて
その香りを瓶に閉じ込めることに成功した男がいた。
さてその原料は・・・。

いや〜感心したらあかんのですけど
最後のどんでん返しはすごかったな。
そこまでできるんですか。
ハンカチひとふりで。
ある種気持ちよかった。
香りの力でここまでできるとは。

誰しも認められたいという思いはある。
何かを成し遂げたいという思いはある。
・・・でもたどりついた香りがコレで
それを閉じ込める方法がコレってのは・・絶句。
突き詰めた思いや情熱の行き着く先に
人としての理性も感情も吹っ飛ぶもんなのかな。

しかもそれをもってしても出来上がった香水で
自分の心が満たされるかというと、
洗脳されることも魅了されることもない。
最後にとった行動に
あ〜もったいないと思わず口にして(コラ)
そのあと・・・
え、何、何が起こったの?という
2回目の衝撃が来てエンド。

究極の香りがどんなものか
それを映像と音楽で伝えようとする、
コレは相当大変な作品を作ったなと。

気持ち悪いのに切ない、
しかもやりきれない映画でした。
でも、こんな香水が実際あったら
それはそれで世界はメチャクチャになるよな・・・。
posted by Ageha at 00:39| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(14) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いきなりラスト15分で「寓話」っていうか・・・
それまでのシリアスさから、無理やり納得せざるを得ないお話になってしまったけど、いろんな意味で好きな映画です(笑)

 彼自身も究極に愛されて幸せな最期だったんだと(笑)
Posted by しんちゃん at 2007年09月24日 07:01
ありえない展開でしたね。
「毛皮のエロス」もあり得ない毛皮です。はい。
ジンギスカンは怖かったです。この映画。
Posted by さっぽろジンギスカン at 2007年09月25日 19:41
こんばんわ!あっしゅです。

これ観ようと思ってるんですよ!本当は映画館で見たかったんですけどねぇ〜!

だけどもだけどぉ〜♪

仕事が忙しくてそれどころじゃないですよぉ〜!

でも、そんなの関係ねぇ〜!はい!おっぱっぴー!

今度観てみますねぇ〜!
Posted by あっしゅ at 2007年09月26日 19:04
しんちゃん、どうも。

その日暮らしにも困る人々の前に立って
彼が自分にふりかけた魔法は
人も彼もホントに幸せにしたのでしょうか。
土に返ったといえば確かにきれいに収まったかも
しれませんが正直フクザツです。

やってることはメチャクチャやのに
その目があまりに純粋で
なんだか私も魔法にかけられた気分でした。
気持ち悪い殺人鬼のはずなのに
責められないというかなんというか・・・
Posted by Ageha at 2007年09月26日 21:58
さっぽろジンギスカンさん、ようこそ。
いきなりおしかけてどうも。

怖かったですか。
私はやたら美しい死体にみとれておりました。
匂いをかぐという異様なシーンさえも
気味の悪さよりも人の探究心はここまでいくのかと
見入っておりました。
クライマックスも地獄絵図というひともいますが
私はありえない展開なのに
絵画を見ている気分でした。
で、意外にこの作品よかったと思ってます。
Posted by Ageha at 2007年09月26日 22:02
あっしゅさん、どうも。

冒頭の魚市場のシーンさえ我慢できれば
オッケーです。
これほどスクリーンから嗅覚に訴えるシーンは
(それもかなりエグくて気分悪い)
なかったかと思います。キツイっすよ。

でも、そんなのかんけ〜ね〜・・・

ってもうエエって。( ̄▽+ ̄*)
Posted by Ageha at 2007年09月26日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パフューム ある人殺しの物語 (2006) 147分
Excerpt:  「変態」の定義は本当に難しい(笑) かつて「カリギュラ」という映画でみた裸を上回る裸の量でした(笑)
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2007-09-24 07:03

パフューム/ある人殺しの物語
Excerpt: 血の流れない「ハンニバル」 香りで示す生存証明。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-09-24 10:17

パフューム ある人殺しの物語
Excerpt: 匂いフェチ!変態!猟奇! その実態は無垢なる天使!? 思いっきりお鼻をクンクンするとこの時期、花粉で"にほひ"どころじゃなかったりして!?
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-09-24 20:42

「パフューム」
Excerpt: パトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』を、「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンス・ドラマ。ある“香り”にとりつかれた一人の..
Weblog: さっぽろシネマパラダイス
Tracked: 2007-09-25 19:29

パフューム/ある人殺しの物語(*_*;その香りに、世界はひれ伏す。
Excerpt: 世界がひれ伏す香りとは?MOVX京都にて鑑賞、18世紀のフランスが舞台。類稀なる才能を持つひとりの孤児がいた。彼の名はジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、何キロ先の匂いを嗅ぎ分けるとい..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-09-25 22:28

『パフューム』鑑賞!
Excerpt: 『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 −ある人殺しの物語− スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作..
Weblog: ★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!
Tracked: 2007-09-25 23:03

パフューム ある人殺しの物語/ベン・ウィショー
Excerpt: 今日、公開された作品で楽しみにしていたのが「パリ、ジュテーム」とこの作品。邦画の新作もたぶん観には行くけどイマイチ気分が乗ってません。特に予告編でモンゴルの英雄が日本語を気張って喋ってるのには引き気味..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-09-25 23:15

圧巻! 「パフューム-ある人殺しの物語-」
Excerpt: 評価:80点
Weblog: 平気の平左
Tracked: 2007-09-27 23:52

パフューム ある人殺しの物語
Excerpt: 【PERFUME】2006年/独・仏・スペイン 監督:トム・ティクヴァ  出演: ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド 悪臭漂う魚..
Weblog: BLACK&WHITE
Tracked: 2007-10-04 01:20

パフューム ある人殺しの物語
Excerpt: あんなに怒り心頭だった人でも魅了されてしまうって・・・ ど、どんな匂いなん? 「ボールド」とどっちがいい匂いなんやろぉ〜♪ これねぇ、とにかく観たかった映画でした! 150..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2007-10-05 09:08

パフューム ある人殺しの物語
Excerpt: 処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-11-30 01:39

パフューム 〜ある人殺しの物語〜 ─ 人を変態性の強い行動への走らせる理由 ─
Excerpt: ─ 人を変態性の強い行動への走らせる理由 ─ パフュームと言っても、3人組テクノアイドルユニットではありません。嗅覚が異常に発達した男が究極の香りを求めて殺人を繰り返す映画『 パフューム 〜ある..
Weblog: Prototypeシネマレビュー
Tracked: 2008-08-17 15:53

映画評:パフューム ある人殺しの物語
Excerpt: 18世紀のパリは、悪臭そのもののような都市だった。 下水は整備されておらず、汚物と汚水は路上に打ちすてられ、その汚物を踏んでしまわないためにハイヒールが必需だった。 ジョン=バティスト・グルヌイユ..
Weblog: 映画と写真のブログ
Tracked: 2009-03-11 16:22

パフューム 〜ある人殺しの物語〜
Excerpt: 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に,世界はひれ伏す
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-10-06 13:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。