2007年03月14日

これが金魚の生きる道♪〜「さくらん」〜

2本目は絢爛豪華なおいらんでありんす。(笑)

いや〜ま〜好き勝手やってくれちゃって
気持ちよかったです。土屋アンナ。
「下妻物語」のイチゴにしか見えなかったけど。(ノ*゚▽゚)ノ

もっと言うたら夏木マリは似合いすぎで
しかも湯婆婆とかぶるかぶる、
きよ葉じゃなくって千やったらどうしようかと
思いましたわな。(ノ*゚▽゚)ノ

ふすまをあけたら何が出るかな何が出るかな。
その辺も楽しかったかな(オイ)

ガーベラとかアネモネとか蓮の花とか
そこにそんなアレンジメントは置かんやろって。
でも不思議と溶け込んでるのな。

椎名林檎の音楽もまた
この極彩色の世界をさらに
摩訶不思議なもんに変えてしまう魔法の杖で
・・・でも違和感ないってのはすごかった。
ありえないもん同士が絡み合って
こんなふうになるのねと。(説明下手ですいませんです)


うん、派手な着物こそ着てるけど
吉原が舞台には舞台なんだけど
彼女の中身が現代風というかなんというか・・・。

もっと陰湿でもっと過激でそのくせ耐えてムリして笑って
カツラかぶったオンナの映画(!)て
そういうもんだと思ってたらスカッとしちゃった。
こんな世界でしかも売られた身の上でゴーイングマイウエイて。
しかも初志貫徹しちゃうってのがきよ葉改め日暮の
すごいとこ・・・。

おいらんに限らず
恋の行方はホンマどないなるかわかりません。
オンナの一生男で決まるとは言いませんが
咲かないサクラはないんです。
アナタなら自分の人生どんな花を咲かせますか?
己を貫く強さを持ってますか?

贅沢な暮らしになれてしまえば
金魚はやっぱりビードロの中にいてナンボってのは
めちゃようわかりましたが。



余談になりますが
見終わってもガレッジセールのゴリのUPは
目に焼きついてた。ホンの一瞬しか出てないのに。(笑)

成宮くんと小栗くんはヅラ似合わんな〜。
ちょっとショック。( _ _ )..........o

そうそうよそでも書いてたけどキョンキョンと永瀬さんが
ニアミス共演してるし話題には事欠かない極彩色ムービー。
アイルケは恥ずかしくって・・って言うてて
しょっぱな”ヨロチクビドドドドドーッ(爆)”ってショットに
アタフタしてました。(ノ*゚▽゚)ノ

今までこういう役ってあんまししてないでしょっていう
菅野美穂さんや木村佳乃さんは
配役としてのイジメじゃなくって
女優としての火花バチバチで土屋アンナさんに
その存在感と女優オーラを見せつけようとしてた気がしました。

映画「SAYURI」もありえないハッピーエンドだったけど
え?そんな終わり方でええんですか?
個人的にはよかったよかったですけど
実際はこんなうまくはいかないっすよね・・・。
posted by Ageha at 22:19| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(34) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
極彩色が目に痛い。目を閉じて、開けてもまだまだ極彩色。少しは緩急つけたらどうだい、と思ってしまいました。ごめんなさい。
Posted by ジョー at 2007年03月16日 23:03
Agehaさん、こんばんは!

自分に正直に生きる花魁に土屋アンナさんが合っていましたね。
確かに耐えて忍ぶ「SAYURI」のチャン・ツィイーの方が日本人っぽいかもしれませんね。
Posted by はらやん at 2007年03月17日 20:35
ジョーさん、どうも。

映画とはなれた部分で
あんだけ言いたい放題やりたい放題
できたら気持ちいいだろうなと・・(ノ*゚▽゚)ノ
いろんな意味でありえない映画でしたが
個人的には面白かったです。

でも江戸時代のおいらんの話には見えませんでしたね、
どうしても、ヅラかぶった現代劇でした・・・。
Posted by Ageha at 2007年03月19日 17:45
はらやんさん、どうも。

土屋アンナさんって顔もガイジンっぽいですから
アメリカ人がコスプレしてるみたいで
よけいに耐えて忍ぶ花魁って感じじゃなかったですね。
しかもあの態度ですから・・・(笑)

日本人が演じて日本のマンガで
日本女性らしくないってのも
不思議といえば不思議・・。f(´−`;)
しかも「陽輝楼」のような
髪の毛ひっつかんで水ぶっかけてっていう激しさもなくて
・・これってガーリームービー?
Posted by Ageha at 2007年03月19日 17:51
こんにちは♪
最初に飛び蹴りを喰らわせるきよ葉を見たら「イチゴじゃん!」って思っちゃった。
結局ああいう役を素で演じる人なんでしょうね(暴言?)
で、成宮くんと小栗くんの月代姿ですけど、私もなんだかな〜って思っちゃった。
「花より男子」で小栗くんいいな〜と思っていたのですが、チョイ役の月代姿を見て「似合わん」と思いました。
チョイ役で助かったかも?
Posted by ミチ at 2007年03月20日 09:44
ミチさん、どうも。

でしょ?まんまのキャラでヅラかぶってるだけじゃんって。(笑)

「花より男子」の小栗くんは相当イケてたので
ちょっとガックシでした。
何でもよいわけではないのよ、ワタクシでも。(!)

チョイ役といえばホンマに
ゴリのアップは目に焼きついたのよね。
・・インパクトのあるでかい顔って
おいしいかも〜。(いや芸人としてですって)
Posted by Ageha at 2007年03月21日 21:37
>その存在感と女優オーラを見せつけようとしてた
思わず頷いてしまいました。そんな感じ、しました、しました。(日本語、おかしい?) 花魁って、あんなに細い眉毛だったのでしょうか? (-_-;) わかりませんです。アンナの花魁、それほど色っぽいとは思わなかったんですけど、同性だから?(汗)
Posted by あかん隊 at 2007年03月30日 22:31
あかん隊さん、どうも。

土屋アンナって実は下妻もこれも
演技というより地でやってたんだろなって。
色っぽいというよりはあれだけ
まわりとぶつかって我を通しちゃうと
子供っぽくみえて色香は感じないですね。(ノ*゚▽゚)ノ

う〜ん木村佳乃さんは
かなり頑張ってあの役に挑戦したんちゃうかなって。
でもなんかああいうキャラやってほしくなかったな〜、個人的好みとして。
やなオンナだけどオンナってこういう感じだよなっていうか
それでもその思いの切なさはめちゃわかるというか・・・。

逆に悟りの境地みたくでんと構えてる
菅野美穂さんは中身がオトコっぽくてかっこよかったです。

覗き見されても
「どうよすごいでしょ」って
振り向きざまににやりと笑う、
あれができるようになって一人前って
ことなんですかね?すごいわ〜・・・。
Posted by Ageha at 2007年04月01日 14:18
演技力とかストーリーを見る映画じゃないってことは
わかっちゃいるけど 納得いかない・・・
カリスマ花魁には見えないわぁ。
以前に舞台で観た松雪泰子さんの花魁が素敵だったので
そっちの印象が強くて。
でも、蜷川さんの次回作、楽しみです。
Posted by kino at 2007年04月07日 15:41
kinoさん、どうも。

う〜ん、「NANA」といっしょで
映像化には成功したけど
映画化はどうやったんやって作品・・なんでしょうね。
原作マンガのきよ葉と土屋アンナの顔が
ぴたっと一致してましたから・・・。

ただ、個人的にこういう性格の女子が
好きなもんで
その1点で結構楽しく鑑賞しましたとさ。
ベンベン。(ちゃかしてすいませんです)
Posted by Ageha at 2007年04月07日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「さくらん」吉原に生きた伝説の花魁の破天荒な日常
Excerpt: 「さくらん」(PG−12指定)は江戸時代中期の吉原遊郭を舞台に1人の売られた女が花魁となって遊郭を去るまでの伝説を描かれている。今でも残る吉原だが、当時の吉原は大名やお金持ちを相手にした世界であり、一..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2007-03-15 01:15

わたしたちの教科書
Excerpt: 志田未来 ドラマ「わたしたちの教科書」主演決定
Weblog: わたしたちの教科書
Tracked: 2007-03-15 17:11

さくらん
Excerpt: 椎名林檎はデビュー当時から好きなアーティストなので、とりあえず『さくらん』を観てきました。 ちなみに、土屋アンナの舞台挨拶付きを観ようと整理券もらいに早朝から劇場に足を運んだのですが、一足遅くて立ち見..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2007-03-15 20:52

【2007-32】さくらん
Excerpt: 男と女の求めるすべてがあった吉原遊郭に、 後に伝説となる一人の花魁がいた・・・ なめんじゃねぇ〜よ。 てめぇの人生、てめぇで咲かす!
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-03-15 22:27

さくらん 07056
Excerpt: さくらん 2007年   蜷川実花 監督  安野モヨコ 原作  タナダユキ 脚本  椎名林檎 音楽土屋アンナ 木村佳乃 菅野美穂 夏木マリ 椎名桔平 成宮寛貴 石橋蓮司 安藤政信 市川左團次 今最..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-03-15 23:57

さくらん
Excerpt: 【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 安野モヨコの同名コミックを、写真家である蜷川実花が初監督したエンタテインメント青春時代劇。 江戸時代の遊郭・吉原。8歳の少女(小池彩夢)は女郎衒の玉..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2007-03-16 01:21

さくらん
Excerpt: 製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 111分 監督 蜷川実花 製作 豊島雅郎、宇田充、藤田義則 原作 安野モヨコ 脚本 タナダユキ 音楽 椎名林檎 ..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2007-03-16 18:55

「さくらん」:高輪警察署前バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}この異様な建物は何? {/kaeru_en4/}高輪消防署の火の見やぐらだ。昭和8年築っていうから歴史的な建造物だな。 {/hiyo_en2/}火の見やぐらって、昔はたくさん..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2007-03-16 22:45

実花さん、写真と映画は違うのよ【さくらん】
Excerpt: 赤、アカ、紅、朱… 上映時間111分、ずっとスクリーンには どぎつい赤が目にしみ
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2007-03-17 00:07

★「さくらん」
Excerpt: 土屋アンナ主演の花魁もの。 原作も脚本も音楽も、主要ポストは女性という異例な布陣。 特別協賛まで「女性向け下着通信販売会社」でした。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-03-17 00:39

感想/さくらん(試写)
Excerpt: お待たせしまひたガールズ花魁ムービー『さくらん』2月24日公開! 8歳にして吉原遊郭へ連れてこられたきよ葉。鼻っ柱の強い性格であちこちで衝突しまくるも、やがて美しく成長し、日暮と名を改め花魁デビウ。カ..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2007-03-17 18:42

「さくらん」 むせ返るような女の臭い・情念を感じる
Excerpt: 写真家蜷川実花さんの初監督映画です。 蜷川さんの写真はきちんと見たことがないので
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-03-17 19:44

さくらん
Excerpt: 評価:◎  粋と情事 7:3 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  江戸の一角、夜ごと..
Weblog: 何書☆ねくすと
Tracked: 2007-03-17 23:44

「さくらん」
Excerpt: 予告編を観て駄作か傑作か両極端で、恐らく9:1でつまらないんだろうなと予測していたが、僅かな(?)可能性に賭けて観ることにした。 やはりそう簡単に万馬券が獲れないように、この映画も予想通りの出来で、全..
Weblog: 古今東西座
Tracked: 2007-03-19 22:47

「さくらん」
Excerpt: 楽しみにしていた「さくらん」を観に行きました。ストーリはだいたい原作と同じなのですが、後半はオリジナル?? 惣次郎との関係がメインだと思いきや、かなり出番が少なくてビックリ。そしてオリジナルと思われ..
Weblog: Tokyo Sea Side
Tracked: 2007-03-20 01:35

さくらん(舞台挨拶付き・試写会)
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ はみだし花魁・青春派 
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2007-03-20 09:13

映画「さくらん」
Excerpt: 映画館にて「さくらん」 フォトグラファーの蜷川実花の監督デビュー作。安野モヨコの同名コミックを映画化。 江戸時代の吉原遊郭。8歳で玉菊屋に連れてこられた少女・きよ葉(土屋アンナ)は何度も脱走を重ね..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2007-03-20 09:39

さくらん/てめぇの人生、てめぇで咲かす
Excerpt:  監督:蜷川実花×原作:安野モヨコ×脚本:タナダユキ×音楽:椎名林檎×主演:土屋アンナという顔ぶれ女性たちだけで作った映画「さくらん」を先日、京都シネマにて鑑賞。何ヶ月前から、チラシでの宣伝この色の鮮..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-03-20 10:57

さくらん
Excerpt: 極彩色・・・エネルギッシュな青春エンターテイメント
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-03-21 14:21

『さくらん』
Excerpt: 『さくらん』     【内容】 8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ葉は 何度も脱走を図るがあえなく失敗。 気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた完璧な高級花魁(お..
Weblog: tu y mi-na☆
Tracked: 2007-03-22 23:18

「さくらん」と「バブルへGO」を観たんだった…
Excerpt: 忘れそうになっていた。このところ、多忙でもあり、難題があることもあり、劇場が遠い
Weblog: cococo
Tracked: 2007-03-30 22:32

*さくらん*
Excerpt: {{{    ***STORY***                 日本 真っ赤な金魚たちが宙を泳ぐ。大門をくぐると、そこは華やかな吉原遊郭。 桜が満開の中、遊郭<玉菊屋>に連れてこられた8歳の..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2007-04-02 22:25

この極彩色の金魚鉢世界。
Excerpt: 蜷川実花の「さくらん」を。びいどろの中をたゆたう金魚たち。色と色とりどりの 華と色彩で囲まれた遊郭の、各部屋毎に異なる艶やかな衝立や屏風行灯に お花のちりばめられた障子。絢爛にて豪奢な衣装の花魁た..
Weblog: ココット★ログ
Tracked: 2007-04-03 23:07

さくらん:パンクな花魁物語
Excerpt: ★監督:蜷川実花(2007年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞(3月17日)。 今までずっと満席続きで...
Weblog: 犬儒学派的牧歌
Tracked: 2007-04-05 00:14

「さくらん」 ヤンキー花魁
Excerpt: 蜷川実花さんの初監督作品、土屋アンナが花魁、 ということで気になっていた映画、やっと見ました。 安野モヨコの原作です。 (↑あんまり好きじゃないので 原作マンガは未読。) 吉原の花魁の世界を現代的感..
Weblog: 目の中のリンゴ
Tracked: 2007-04-07 15:41

「さくらん」
Excerpt: 予告編でヴィヴィットな色使いと元気な主人公を観ると、監督が女性という共通点もあって「マリー・アントワネット」を思い出してしまいました。写真家として有名な蜷川実花監督、映像に関しては、面目躍如の出来栄え..
Weblog: the borderland 
Tracked: 2007-04-09 22:00

映画@さくらん
Excerpt: 江戸の遊郭、吉原。 8歳で玉菊屋に買われ、きよ葉と名付けられた少女。 気が強く、脱走を繰り返すきよ葉の面倒を 見ることになったのは、美貌も知性も兼ね備えた完璧な 花魁・粧ひだった。 やがて、日本一の..
Weblog: sattyの癒しのトビラ
Tracked: 2007-04-10 19:30

『さくらん』
Excerpt: 感動度[:ハート:]          2007/02/24公開  (公式サイト) 映像美[:かわいい:][:かわいい:][:かわいい:][:かわいい:][:かわいい:] 満足度[:星:][:星..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2007-04-12 00:41

さくらん
Excerpt:  遊郭ものといえば一昔前は五社英雄、そのはるか以前は溝口健二のお家芸でしたが、最近はあまり見かけなくなりました。たまに『SAYURI』のような作品が出現すること
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2007-04-27 22:50

さくらん−(映画:2007年81本目)−
Excerpt: 監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏 、安藤政信、小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ 評価:74点 公式サイト (ネタバレあります) ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-07-22 20:41

さくらん
Excerpt: 青空に金魚! さしづめアンナは出目金w  さくらん 特別版posted with amazlet on 07.08.13角川エンタテインメント (2007/08/03)売り上げランキング: 6..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-08-14 08:35

さくらん 〜 現代にも通じるリアルな女性像と品格 〜
Excerpt: 〜 現代にも通じるリアルな女性像と品格 〜 安野もよこ原作の漫画を実写映画化したこの作品『さくらん』(2007年/日本:ヒューマン)。公開時も気にはなっていた作品ですが、レンタル化されたのでDV..
Weblog: Prototypeシネマレビュー
Tracked: 2007-09-09 11:41

さくらん
Excerpt: さくらん’07:日本 ◆監督:蜷川実花◆出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂 ◆STORY◆江戸時代。8歳で吉原の遊郭「玉菊屋」に売られた少女、きよ葉。女だらけの世界に耐..
Weblog: C'est Joli
Tracked: 2008-03-11 22:44

さくらん
Excerpt: 安野モヨコ原作のマンガを映画化したもの。監督は蜷川実花、土屋アンナ主演で、その他のキャストは、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂など。 <あらすじ> お蘭によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2008-06-22 19:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。