2005年04月21日

舞台でええんとちゃうん?〜「阿修羅城の瞳」〜

阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック
B000AKAYOW市川染五郎 中島かずき 滝田洋二郎

松竹 2005-10-29
売り上げランキング : 3,331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
隣人13号 SANTASTIC ! BOX
姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション
風神の門 第壱集
父と暮せば プレミアム・エディション
ローレライ プレミアム・エディション (初回限定生産)


実は2000年と2003年に舞台でやってるんですね、これって。
で舞台でも主役の出門を演じた市川染五郎がそのまま劇場版でも登場。
時代劇、歌舞伎、刀を使ったアクションの立ち振る舞い見てると
この人の代表作になるやろなってくらいはまり役でしたね。
舞台版の阿修羅は富田靖子・天海祐希がやってて、変化した後のことを
考えるとこっちのほうが迫力ありそうな気がするんですが
宮沢りえを起用したことでラブストーリー重視の出来になったのでは。
(舞台みたわけじゃありませんので推測ですが)
滝田洋二郎監督って「陰陽師」の時もこの人しかいないって
野村萬斉もってきてあたりましたけど、脇を固める男性キャストも
ひとりひとりがオーラを放っててその辺の人選がすごかったなと。

バイハと悲恋をジャズでおとす・・そうきますか。
なぜに「マイファニーバレンタイン」。
時代劇アクションにロックは多いですけどスティングにジャズを
歌わせる・・・エンディングの選曲と人選にちょっとびっくり。

やっぱり難癖つけちゃうんだけど、アメリカのSFXと
比べちゃわりぃけどどっかね物足りないの、仕方ないんだけど。
それと阿修羅の立ち回りがね・・・・。う〜んオシイ。
それ以外の部分はもう、わ〜きゃ〜もんで(??)
女性の好きそうな悲恋です。言っちゃってほしいセリフや
こうしてほしいアクションとってくれるのでもう最高!
・・で、ストーリーの展開上濡れ場がどうしても必要なので
彼女にむりやりひっぱってこられた男性陣もちょっとは楽しめる。
そういう映画です。(そんな説明でええんか??)

・・・”妖術「赤い糸」”。きゃ〜縛られたいっ。(あのね、
そういう趣味じゃなくってね、・・)
この映画のなかで唯一「特撮ってええわ〜」と思った瞬間でした。(笑)
逃げる体を捕まえたつもりで心は奪われているなんてうわ〜・・・。
(ひとりでもりあがってどうもです・・)

童の姿で人間界にやってきて最初の転生は殺されること。
次に若い娘の姿で「この世でいちばん強い男」と愛し合う事。
そして最終形態”阿修羅”に転生するのだけど、
・・闘神と呼ばれた雄雄しいイメージはどこにもなくて
なんか彼女が昔やった三蔵法師がかぶっちゃいました。(おいおい)

ここで問題です。あなたは、自分の彼女の顔をいくつ知ってますか?
童の時は「かわいらしさ」、乙女の時は「はかなさ」と「うつくしさ」
(もっと言っちゃうと宮沢りえってツバキを演じてる時は喋ると
子供じみてるのにラブシーンは別人だし、当然阿修羅も演じわけてます)
そして圧倒的な強さをもった阿修羅の怨念と毒のある微笑。
「あなたなんか出会わなきゃよかった、人も鬼もみんな滅びてしまえ・・・」
繰り返して聞きます、その変化にどこまでついてこれますか?
それでも好きだと言い切れますか?たとえ殺されてもです・・・。

そのくせ、城にのりこんできた出門と殺しあうシーンは
どうみても嬉しそう、楽しそう。そして悲しい。
ワイヤーアクションのちゃっちささえなんとかなれば・・・。

何かをつきつめて命まで賭ける・・時の姿はある種みんなとりつかれたオニです。
心に魔物がすんでる。出門やツバキだけじゃなく邪空も芝居小屋のオヤジも
鬼御門の頭領も。人は誰でも鬼になりうる。そんなことも思いながら。

小指をつないだあの糸以外は映画じゃなくても・・・、
と言う意味で☆4つ。好みの分かれる作品ですがAgehaは
はまりました。極上エンターテイメントです。
舞台でうけたのもうなづける。あとは特撮だねぃ・・・。
なくてもいいです、役者の演技は最高でしたので・・・。
だから映画でなくてもええやんって感想になってしまったわけで。
瞳と牙が蛍光グリーンの鬼は、バイハかよって勢いで斬りつけてきますけどね、
いきなり。・・ってアレも映画ならではか。


posted by Ageha at 16:04| 大阪 ☀| Comment(15) | TrackBack(13) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見てきましたよ。
期待していなかったせいか、かなり楽しめましたよ。椿の「なんだこれ!?」ってところで宮沢いいな〜、って思って、濡れ場でサンタフェを知ってるだけになぁ。
そして転生してからは、宮沢カッコエエ〜。
はっきり言って染ヤン、がんばってるけどどうでもいいよ。宮沢映画だよ。
ラストの二人の殺陣は、「殺し合うほど愛し合っているんだなぁ。」って納得させられちゃいました。
・・・やばい。ネタバレだ。
Posted by のろろ at 2005年04月21日 19:17
宮沢りえ、リハウスのCMの時からおすもうさんとの交際発覚までは可愛かったのに、激痩せしたでしょう、あれからあまり可愛く見えないんだなぁ。残念!
Posted by てんち@携帯 at 2005年04月21日 21:12
サンタフェだ、リハウスだって・・・。
んとにもう、ああいうタイプがよいわけね。(笑)

年の話で申し訳ないけど、30すぎてますよね。
なのにセリフ喋ってる時の声のトーンなのか
雰囲気なのかそれが15,6の子供みたいな
ところがあって。彼女自身がもつギャップも
すごかったなと。
そのくせ見つめあってるせつない顔は
色っぽかったりするからふ〜んって。
演技力もあるんでしょうが、シーンによって
そんなに一人の人間かわりますかってとこで
すごい女優さんになったんだなと。
女性からみても着物ずらして肩を出すシーンは
ドキッとするもんがありましたよ。
・・いや骨っぽくて痛々しいのもあったけど。
Posted by Ageha at 2005年04月22日 12:12
りえちゃん、好き好き〜♪
なんだか最近すっかり『和』のイメージですよね。
骨っぽくて痛々しい、違う意味かも知れないけれど
痛々しいその感じが かえってイイのかも・・。

”恋をすると鬼に変わる”って
『女』そのものかも知れないな・・とも思ったりして。
好きだから いろんなことが許せなくなって
心が 鬼みたいになっちゃってるとき
そういうことってあるでしょう。
バルタンさんのセーター事件とか(笑)
以前、Agehaさんもそんなこと書いてたしょ^^

早く観たいけど これまたDVDになるんだろうな〜;;
Posted by ちぃ at 2005年04月24日 14:36
いや、あのそのちぃちゃん、
ヤキモチとオニはちと違うような・・って
そんなにコワイ形相で問い詰めてませんからぁ〜〜。

少なくともこの映画では最終兵器阿修羅(!)に
なるための条件が本気で誰かを好きになる事で、
しかも阿修羅の魔力を高めるためには
選んだ相手が強ければ強いほどいいってだけで。

映画のなかで”出門を殺さなければ、本当の阿修羅になれない”というようなセリフを言います。
ということで人間の心、人を愛するこころは
捨て切れなかった、殺すというより会いたい、
それだけの思いで城の最上階で待っていたような
気がするのですが。
江戸の町に火を放つくせに邪空戦を助けたりしますからね。そうそう、邪空が実写版べジータやって書いてた人もいました。ウケタ、ウケタ。
Posted by Ageha at 2005年04月24日 16:39
コメントありがとうございました。
もしも俳優陣が演技をもっと漫画的にやって、映像に遊びがあれば(堤幸彦のような)もう少し毛色の変わった面白い作品になったように思うのが残念です。
そしてなによりも「切なさ」が感じられないのは痛い!
Posted by まつさん at 2005年05月02日 13:26
まつさん、いらっしゃいませ。
けっこうあちこちのサイトさんみて思ったんですが
染五郎さんで舞台やって成功してその自信で
フィルムまわしたはよかったが舞台をDVDに収めたような作りになってないかって
おっしゃる方が多かった事。

舞台は見てないんですが天海祐希だったら
もと宝塚オトコ役ですからもすこし貫禄あったかなと。
そこまで舞台上等で主役をそのままにするなら。
Ageha的にはりえちゃんがやると阿修羅というより
ひらひらした三蔵法師(!)でしたからぁ〜。
ワイヤー使いこなせないお姫さまの殺陣は
ちょっと・・・。

Posted by Ageha at 2005年05月03日 23:01
コメントありがとうございました。
ほんとに舞台でいいですね〜^^
映画でやるなら映画の良さを追求して
欲しかった。。
余談)だし→出汁・・・^^;ウケマシタ)^o^(
Posted by 妙春 at 2005年05月08日 17:54
妙春さんいらっしゃいませ。
映画でブログ書いてらっしゃる方の観察力には
ホントびっくりです。
こちらはどっかに目が奪われるともうそれだけで
ワーキャー言ってますので。
映画的にどーよがあっても誰々が出てるからいいのとか。(笑)

同じ日にコンスタンティン見ちゃったもので
目の色ちゃうだけで下っ端はちゃっちいなとか
ひとまとめにしたりしてね・・(おっと・・)
Posted by Ageha at 2005年05月08日 19:07
いつもありがとうございます!
ほとんど同じ意見です。
あの緑の血しぶきは、プレデターを思い出しました。
Posted by 猫姫少佐現品限り at 2005年11月16日 16:29
猫姫さん、どうも。
プレデター・・そういやそうかも。(笑)

激やせりえちゃんゆえの儚さは
うまく利用したかもしれませんがねぃ・・。

やっぱコンスタンティンと同じ日に
見るんじゃなかったよぉ・・・。
アクションよりも内面の繊細さを描くほうが邦画らしいのかもね〜。
時代劇にしたって日本人にしか作れないものがあるのに
どうも特撮入れるとイタタタタ・・はもったいないね。
Posted by Ageha at 2005年11月17日 13:57
コメント、ありがとうございました。
まったく同意見です。
でも、コンスタンティンと比べるのは、かわいそう。予算も全然違うし、なんて、完全に染五郎様贔屓。
Posted by mina at 2005年11月27日 19:14
minaさん、ようこそ。
染五郎さんの魅力全開だったんですが
映画を撮っているのに彼の動きだけが
妙に舞台っぽかったなと。
主役はあくまであの二人なんですが、
脇を固める人らもそれぞれ存在感があって
役者の面々を見る限りではかなり贅沢というか満足感がありました。
・・でも特撮がな〜・・・。
ホントそれだけです。オシイ・・・。
Posted by Ageha at 2005年11月27日 22:48
こんにちは!
SFXはしょぼかったですね。
もうちょっとなんとかならんのでしょうかね?

宮沢りえは良かったです。
演技も、女性の魅力もばっちりでした。
Posted by グレート・タカ at 2006年02月21日 13:30
グレート・タカさん、どうも。
ま、まあ「コンスタンティン」と
比べるのはかわいそうだとしても。
日本の特撮ってまだまだなんですよね。
ハリウッドほどお金かけられないってのも
あるでしょうが。
アニメのレベルは世界一なのにな〜・・。

宮沢りえさんの起用は
Ageha的にどうしても三蔵法師に見えてしまって・・・(笑)
激やせりえちゃんの姿を
痛々しくってちょっとねというひとと
それが儚さをかもし出してるのよと肯定するひとと
見方はいろいろですね。
Posted by Ageha at 2006年02月21日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「阿修羅城の瞳」
Excerpt: 火曜日に観に行ったのですが、なんと114席ある劇場で、観客はalexたった一人、
Weblog: Cinema,British Actors
Tracked: 2005-04-28 10:31

「阿修羅城の瞳」
Excerpt: 火曜日に観に行ったのですが、なんと114席ある劇場で、観客はalexたった一人、
Weblog: Cinema,British Actors
Tracked: 2005-04-28 10:52

阿修羅城の瞳
Excerpt: 松竹と劇団☆新感線の初コラボレイト作品として上演された、中島かずき作の傑作舞台を映画化した作品。 主人公病葉出門(わくらばいずも)は舞台と同じく市川染五郎。 ヒロインつばきには宮沢りえ。 その他..
Weblog: Imagination From The Other Side
Tracked: 2005-04-29 02:57

阿修羅城の瞳
Excerpt: 第79回 ★★☆(劇場)  愛してはならない。  その言葉は「愛してしまう」を意味する。いけない、と言われれば言われるほど愛の炎は燃え上がるものだ。  これは悲運な愛の物語だ。..
Weblog: まつさんの映画伝道師
Tracked: 2005-05-02 08:27

阿修羅城の瞳
Excerpt: う〜〜ん邦画。。。 阿修羅城の瞳http://www.ashurajo.com/contents.html さて、良かった点をあげてみましょう。。 染さんの殺陣最高{/ee_2/}{/abanzai/..
Weblog: 妙春のcinemacafe
Tracked: 2005-05-08 17:47

阿修羅城の瞳
Excerpt: 本日、久々に試写会に行ってきましたよ。今回観に行ったのは「阿修羅城の瞳」。 試写会と言っても、これはもう劇場公開は終わってるみたいで、10/29(土)に出るDVDを記念した試写会です。この作品に..
Weblog: 欧風
Tracked: 2005-10-22 20:37

阿修羅城の瞳 今年の223本目
Excerpt: 阿修羅城の瞳 劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。 例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-11-12 04:36

阿修羅城の瞳
Excerpt: 観始めて、茫然自失。 何なんだ、この作品は。 奔放なストーリー展開、魅力的なキャラクター設定。 どれをとっても、文句の付けようがないじゃないですか。 脚本を書いた「中島かずき」は、なんて才能豊かな方な..
Weblog: minaの官能世界
Tracked: 2005-11-26 22:36

阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ
Excerpt: 阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING..
Weblog: Dazzling M
Tracked: 2005-12-06 19:15

阿修羅城の瞳
Excerpt: 市川染五郎主演、劇団☆新感線の大人気舞台の映画化。 舞台は観た事ないけど、これは舞台で観るべき作品なんだろうなぁ。 映画にはこういう台詞回しは、合わない気がする。 オープニングの鬼狩りの..
Weblog: グレート・タカの徒然なるままに…
Tracked: 2006-02-21 13:33

[映画] なんか久しぶりに宮沢りえをみちゃたなぁ。
Excerpt: 映画「阿修羅城の瞳」に出ていたんですけどね。 Read more...
Weblog: ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】
Tracked: 2006-04-17 20:50

映画『阿修羅城の瞳』
Excerpt: 今度こそ、今度こそ最後までいかせてくださいますか。確かにあの時は・・意味深な言葉を投げかける。江戸の町での舞台"阿修羅城の瞳"の映画化。 現世に魔界の王&quot..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-05-14 13:54

圧巻!鬼の棲む都、J・ファンタジーの1つの回答/『阿修羅城の瞳』
Excerpt: ●:阿修羅城の瞳● ●監督:滝田洋二郎 ●原作:中島かずき ●脚本:戸田山雅司 、川口晴 ●出演:市川染五郎/宮沢りえ/大倉孝二/皆川猿時/二反田雅澄 レンタルDVDで..
Weblog: 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
Tracked: 2006-08-11 17:35