2006年12月12日

カンバセーション勝元と無口なボブ。〜「ラストサムライ」〜

・・・いやすんません、ちゃかしてしまって。
劇場公開で見たときはラストにアングリして
「ちっちゃいやしの木もどき」にツッコミをいれ、
そんなとっから富士山はそないに見えんやろ〜と
まあしょうもないとこでえらいこだわってしまったゆえに
笑うしかないと思ってたんですけど。

久々に見たらなんかよかったのよね、コレ。

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉
ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉エドワード・ズウィック 原田眞人 小山田シン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2004-05-16
売り上げランキング : 133

おすすめ平均 star
star日本史は奥が深すぎる・・・・
star渡辺謙の存在感
starハリウッド製日本映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ガイジンに言わせると「誰も本当のことを語らない国」で
近代日本の軍隊養成に呼ばれた元大尉が
今にも消えそうな古きよき日本のサムライの心に触れるというお話。
言葉の壁を越えて考え方の違いも超えて
何時しか友情のようなものまで芽生えた彼は
天皇のために働いたのに、官軍によって排除されようとしている
勝元の軍勢とともに、戦へと出て行く。
死に場所を求めてやってきた彼がサムライの魂を引き継いで
生きていく・・・そんなお話です。

男は背中で語るねん、余計なことはしゃべらへんねん・・・
とはいえ。

好奇心旺盛で「敵を知りたい」勝元さん、
実にペラペラしゃべっとります。一方的だけど。
敵を知るということももちろんなのでしょうが、
本当は来るべき新しいニッポンのために、
そして自分たちサムライがその時代にあっても
適応して生きていく術を模索してたんだと思いますが。

かたや、ボブなんて呼び名を勝手につけられちゃった
護衛というか見張りの武士さん。(結局最後まで名前出ないし)
セリフはないんだけど、妙に味があったんだわ・・・。
目立たないのに存在感があって、しかも笑いがとれるて・・・(?!)

そういえば、イージスで真田さんと共演してた勝地涼も
りりしかったっす。
中村七之助さんの天皇はあまりにリアルでちょっと笑った。

雄弁だったぶんいくらか軽く見えちゃった渡辺謙でしたが
それでもその存在感はオレ様トムをすっかり食ってました。
このあたりから渡辺謙さんの快進撃がはじまったわけですが
「明日の記憶」まで主演が1本もなかったって
ウソみたいですね。

武士という階級は消え行くしかなかった。
でも彼らが重んじてたもの、厳しく守ってきたもの、
そのすべてが否定されるものではなくて。
うまく言えないのだけど、あのピンとはりつめた緊張感、
凛とした姿勢、なんていうか襟を正してしゃきっとしてる姿は
見てて気持ちがいい。
ああいうのってここにしかないもの、うちらがなくしたらあかんもの
そんな気がしました。
posted by Ageha at 02:15| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの見張り役の侍。。。
時代劇マニアの人には有名人でね(笑)
切られ役専門40年以上で、いろんなTVや映画で名前が見ることができます

福本清三っていう人でね
自叙伝も上梓しているよ(笑)
「徹子の部屋」にも出たことがあるみたい
Posted by しんちゃん at 2006年12月12日 08:26
しんちゃん、どうも。
そうそう、映画が公開された頃
意外にもこの方結構テレビで取り上げられてたんですよね〜。
こういう立ち位置も、極めるとそれはそれでプロの風格があるようです。
何にもしゃべらなくても絵になるわけですし。
普段は主役のいい男につられて行くんですが(笑)
最近やっとこうやって
まわりが見えるようになったんですよ。
ほめてやってください。(え)
Posted by Ageha at 2006年12月14日 01:53
 厳密に言えば、ラストサムライの撮影に入る随分前に関西では話題になってたよ

「探ナイ」で取り上げられて、その後「徹子の部屋」に出演・・・それから数年後にラストサムライだったと思う。

 映画の場合、エキストラを除いてどんな大部屋役者さんでも名前がクレジットされるからね。
Posted by しんちゃん at 2006年12月14日 08:15
劇場で期待して観ました。
正直、これがなんで評判になるのか...?と思いました。
英語ペラペラには違和感ありすぎです。

ただ天皇にはビックリしました。
Posted by アナグラム at 2006年12月14日 17:38
しんちゃん、どうも。

そうですか、そないに前から
有名人でしたか・・・。


最近は邦画の撮影に現地のひとを
エキストラで採用することが多いですから
しんちゃんもデビューしてみる?(笑)
大阪ロケの映画が来た時にトライしてみたら?
Posted by Ageha at 2006年12月17日 12:29
アナグラムさん、どうも。

家族で鑑賞するとね、
ものすごい細かいツッコミがはいるから
それはそれでぜんぜん別物の作品に
見えてきて、ホンマいいんか悪いんか・・・。
びっくりするような感想を聞くことが
あるんですってば。
でも、それが面白くて2回目のレビューを
書くことがしばしばあります。
もっとも「ラストサムライ」は
劇場公開で見たときは
なんじゃこりゃ〜でパスしたんですが。

天皇・・のキャスティングは
なかなかナイスだったと思いますよ。
七之助さんもこれでハリウッドデビューですからね、
よかったんとちゃいますか?
クドカンの映画じゃ長瀬くんとダブルキャストで
主演でしたけどあの作品ではちょっとね・・・(わわわわわ)
Posted by Ageha at 2006年12月17日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画・ラストサムライより、日常英会話抜粋!
Excerpt: (247)This is Busido!    〔これが武士道だ!〕 ラストサムライ(The Last Samurai)ですが、トム・クルーズ主演で、渡辺謙・真田広之・小雪などお馴染みの日本の..
Weblog: 英語の本を原書で読みたい!
Tracked: 2006-12-12 16:15