2006年10月16日

地下鉄(メトロ)に乗って・浅田次郎

徳間書店 初版1994年3月で、
翌年95年に第16回吉川英治文学新人賞。
えっと私が読んだのはコレより後に発売された、
「地下鉄に乗って」の特別版。

地下鉄(メトロ)に乗って―特別版
地下鉄(メトロ)に乗って―特別版浅田 次郎

徳間書店 2006-07
売り上げランキング : 22484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
あやしうらめしあなかなし
中原の虹 第一巻
名もなき毒
ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版
陰日向に咲く


どのへんが特別かってのは多分
この話ができるにあたって自分の私小説な部分まで
語っていること。
実は両親から取材したリアルな実体験が元になってるとか、
タイトル一つとっても作者にとって
忘れられないエピソードがあったとか、
この小説が作者にとっての転換期になる本だったとか
そういったメイキング話まであとがきに載せちゃうという、
かなりサービス精神旺盛な1冊なんですな、これが。

最初のうちは、え、どこでタイムスリップしたの?っていう
現在と過去の行き来がようわからんままで
アレレレレと思ったんですが
後半はもうぐいぐい引き込まれました。

あ、でもいつどんなタイミングでタイムスリップするか
わからんってちょっと怖くない?
しかもどこへ飛ばされんねんっていうのも・・・。
メトロが起こす不思議かと思いきや
寝たと思ったらドッピョ〜ンは
心臓に悪すぎるやん。(笑)

兄の自殺の真相、若き日の父の姿、
そして、なぜこのタイムトラベルにみちこが
関わってくるのかが解った時
・・・いや〜ちょっとそれはないやろって
落ち込みましたね〜。
そんなオチはないやろって・・・。

SFの姿を借りて親の人生を垣間見る、
父を理解していく息子の物語・・・だったんですが

タイムトラベルの結末にハッピーエンドはない。
ってことですか?

過去にどれだけ干渉しても
かえられない出来事があった反面で、
どうして・・・ってのが悲しくて悲しくて。

ルビーの指輪が手元に残っただけでも
せめてもの救いですか?
それが今あることもまたツライ気がしましたが・・・。

タイムスリップネタは今年に入ってもまだすたれてなくて、(笑)
もうすぐ公開される映画の原作なんですが
確かに昭和39年の風景、地下鉄の雰囲気、アールデコ等々
映画にしやすいというか、映像で見たいオハナシでした。
提真一さんが主役をやるだけでも
「ALWAYS三丁目の夕日」を連想するような時代の、
ノスタルジックな映画をまた楽しめそうですね。
posted by Ageha at 11:10| 大阪 ☀| Comment(27) | TrackBack(50) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Agehaさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m

元気そうですね、相変わらず^^
この手の小説は最近流行りなんでしょうかね(笑)?
こういう話を読みながら、ふと自分の親父たちが、どんな人生を送ってきたのか、聞いてみたくなります。 そんな年齢になったのかなぁ・・・。
ちなみにAgehaさんの破天荒なビューティフルライフも伺ってみたいっす(笑)
秋に京都に帰るので、一杯やりまっか(笑)?
Posted by cyaz at 2006年10月16日 12:58
cyazさん、どうも。

ワタクシ実家へ帰らせていただきます!
・・・状態じゃないでしょうね?(笑)

試写会へちょっと夜出てくるわ〜でも
え〜〜な、箱入りオバちゃん(!)なので
飲みに行くのは難しいですが
一度どっかへ連れてってほしいですね〜♪
(完全に人任せ?・・・爆)

で、誰が破天荒ですって?
( ̄▽+ ̄*)
Posted by Ageha at 2006年10月16日 13:14
ちょっと話題の映画の原作ですね。

ハッピーエンドじゃないのですか?
ふふーん。
ま、予告編でも堤はん、泣いてましたね。

またモトに戻れる保証があるならタイムスリップも悪くないですが、
タイムマシン未使用のタイムスリップはやっぱ怖いな。

堤はん、戻れなくて泣いてたと違うんですね?
( ̄∀ ̄*)

Posted by こっちゃん at 2006年10月16日 15:53
ちょっと話題の映画の原作ですね。

ハッピーエンドじゃないのですか?
ふふーん。
ま、予告編でも堤はん、泣いてましたね。

またモトに戻れる保証があるならタイムスリップも悪くないですが、
タイムマシン未使用のタイムスリップはやっぱ怖いな。

堤はん、戻れなくて泣いてたと違うんですね?
( ̄∀ ̄*)

Posted by こっちゃん at 2006年10月16日 15:55
TBありがとうございました。
特別編があるとは知りませんでした。映画も見てみたいなと思っております。
Posted by 気ままな中年ライダー at 2006年10月16日 20:40
TBありがとうございました。
父と息子の描写にとてもリアリティがあると思いましたが、私小説的な面もあったのですね。
納得です。
映画は「月とキャベツ」の監督さんですし、楽しみに見たいと思います♪
Posted by ちさ at 2006年10月16日 21:51
特別編ってどんなのだろう??と思ってたんですよ。
私は文庫で読んだだけなので・・・。
話の展開が想像つかなくて、あのラストにはちょっとびっくり。
タイムスリップもの、いろいろ出てきますね。
「ALWAYS」人気に便乗?の感じがして少し損かもしれないですが
映画、観てみたいと思います!
Posted by kino at 2006年10月16日 23:02
>堤はん、戻れなくて泣いてたと違うんですね?
( ̄∀ ̄*)

・・こっちゃん、いくらなんでもそれはないっしょ。
(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ

パロディ「メトロに乗って」つくります?(笑)
Posted by Ageha at 2006年10月18日 14:28
気ままな中年ライダーさん、ようこそ。

図書館で予約リストを見てたときに
最近になって発売されたのが
特別版って記載されていて
ミーハーなAgehaさんとしては
当然この「特別って何やねん?」ってことで
コレにしたわけで。ハイ。( ̄▽+ ̄*)

買ってないのねというツッコミはなしで。(笑)
Posted by Ageha at 2006年10月18日 14:32
ちささん、どうも。

>映画は「月とキャベツ」の監督さんですし、
楽しみに見たいと思います♪

・・・マジですか。
(そこまで見てないひと・・・笑)

女性があまりに都合のいい存在って
感想書かれてましたけど、
確かになんだかものすごくかわいそうな
役回りでしたね。
・・盛り上げるためのこういう展開って
チョットつらいです。
Posted by Ageha at 2006年10月18日 14:37
kinoさん、どうも。

なんかね、「ALWAYS」が当たってから
雰囲気の似たような映画が続いてるような気が
なきにしもあらずなんですけどね。
時代こそ現在でも
「花田少年史」もALWAYSの路線を
狙ってるような感じがしたし。
(未見で言うな〜っていうツッコミはなしで・・笑)

父と子・・って言うたら
昨日エントリした「河童」も
同じ様なテーマ。

身近にいるのに、ホントは好きなのに、
その人のことを理解してないばっかりに
すれ違う存在なのかもしれませんね。
Posted by Ageha at 2006年10月18日 14:43
TBありがとうございました。

とてもつらくて切ないオチでしたね。
タイムスリップ物の映画が流行るのは
「あの時代に戻りたい」
って人が多いのでしょうか。
自分自身は…
やっぱり昭和初期のアールデコ風の街を
見てみたいかな。
銘仙の着物を着た女学生の祖母が
歩いてたりして。
Posted by 猫空書店 at 2006年10月19日 22:28
猫空書店さん、ようこそ。

親不孝な話ですが、
両親とうまくいかないまま
死別しちゃったもんとしては
この手の話ってグサッとくるんですよね。

私も
「アナタの子どもに生まれて
幸せです、育ててくれてありがとうございました」って
言えるかなって・・・。

今はただ
墓参りでグチ聞いてもらってますよ。
いまだに甘えてるんですけどね・・・。
Posted by Ageha at 2006年10月20日 10:07
Agehaさま〜

こんばんは。
TBさせていただきます〜♪

う〜ん。。。突っ込みたいとこはいっぱいですが。何も考えないで見るとへえ〜って楽しめました。
でも、やっぱり最後は納得いかないな〜
Posted by うさぎ at 2006年10月20日 21:38
うさぎさん、こんはんは〜♪

そうそう難しいこと抜きにしないと
こういうタイムスリップものは・・・って
それだけじゃないからな〜。( _ _ )..........o

泣くためですか?
それでも人は歩かなきゃいけないからですか?
・・・やっぱ私も納得できないです・・。
Posted by Ageha at 2006年10月21日 00:39
何時もお世話になっております。
これほどの酷評記事にTBして頂きましてまことに恐縮しております。
まあ何と言いましょうか、私の考えている方針上どうしてもこの作品を酷評せざる得なかったんですよね。
ハチクロでも付けなかった星1つという点でいかにこの作品が私にとって全く受け入れ難いものだった結果なので・・・
著作権であれほど酷評して、この映画を賞賛する訳にはやはり道理的にあわなくなってしまいますから・・・
Posted by PGM21 at 2006年10月23日 21:24
昨日見た映画がどうしても納得行かずに(笑)
今日一気に文庫本読んじゃいました(仕事中に)

納得しました(爆)
映画に何が足りないかって言うこともね(笑)

是非映画観てねん(笑)
Posted by しんちゃん at 2006年10月23日 22:07
PGM21さん、どうも。
出演する俳優さんであっさり
見る映画を決めてしまうAgehaさんなんで
コレは正直予告の段階では
めちゃくちゃ楽しみにしてたんですよ。(爆)

でもやっぱり
結論が納得いかないってのは・・・。
タイムパラドックスには
わりと目をつむって見れるほうなんですが
それでもこれはちょっとってのが
ありましたね。
Posted by Ageha at 2006年10月24日 15:14
映画は、本文何ページかの表記を
一瞬の映像と音楽でもって
セリフなしでも語れる反面、
どこをクローズアップするかで
えらく原作とは変わっちゃうんですよね。

あとどっちを先に見たかでも
印象は変わるし。

見ますよん。
でもレンタル鑑賞になるかも(!)
コレの初日に蹴ってテアトル行っちゃったしな〜・・・(笑)
招待券ちょうだいください。(爆)
Posted by Ageha at 2006年10月24日 15:21
TB、コメントありがとうございました。
ファンタジー好きなので多少強引なタイムスリップも全く気にならなず受け入れちゃいましたが、まさか肝心のオチのところでガックリくるとは思ってもみませんでした。映画なりの演出かと思ったら原作からそうだったとは驚きです。きっと悲しい物語だったんでしょうけど、私の中では憤りのほうが勝ってしまった感じです。
Posted by かのん at 2006年10月24日 23:24
かのんさん、どうも。

あんましそこばっか
力入れて言うことじゃないんですけどね。
それってオンナばっかそういう目に
あうんかい?って
ちょっとばかし怒りモードの
部分がありまして。

あ、でも映像として若き日の父と
すったもんだする主人公と
その昔の風景は見て見たいんですけど。

結局役者かよ〜ってつっこまないでくださいね。(*/∇\*)
Posted by Ageha at 2006年10月25日 13:38
こんばんは。
途中までは素敵な映画だと思ったんですが
ラストはガックリきちゃいました。
あんな結末になるんならタイムスリップ
しない方が良かった。。
ノスタルジックな雰囲気は好きだったんですけどね〜。
Posted by こーいち at 2006年10月27日 02:13
こーいちさん、どうも。

あんな結末になるんなら・・・って
やっぱり思いますよね。

でもおっしゃるように
ノスタルジックな雰囲気は
見て見たいんですよぉ・・・。(T_T)
原作でいくらか補完できてる分、
いきなり映画みて
ウソだドンドコドーンって絶句してるひとよりは
理解できるもんらしいですが
それでもねぇ・・・。
Posted by Ageha at 2006年10月27日 13:30
TB謝謝。
映画は観てません。久々に「原作アリの映画だけど、原作をぶちこわしにせず映画も期待できる」ような気がしてるんですが、父親たちの星条旗を優先してしまうかも知れません。
でもスクリーン映えしそうな作品ですし、キャストも渋いので観たいですね。
Posted by yok at 2006年10月28日 15:13
yokさん、いきなりおしかけてどうも。
こちらこそありがとうございます。

>スクリーン映えしそうな作品。
>キャストも渋い。

・・・だからこそホントは見たいんですけどね〜。
正直二の足踏んでます。

ということで原作の感想なのに
いつもお邪魔してる映画ブログさんとこへ
感想とTBをココから送っちゃってます。
ブックレビューだというのに・・・。

Posted by Ageha at 2006年10月28日 16:21
Agehaさん、こんにちは♪
先日は温かいコメントありがとうございました。
私は原作は未読なんですが、いつタイムスリップするか分からないのって怖いですよね〜。
みち子との関係は正直イマイチだなと思いました。
昭和ノスタルジーものに堤真一を続けて起用するのもいかがなものでしょう?(笑)
Posted by ミチ at 2006年10月30日 09:02
ミチさん、お元気ですか〜♪
(なぜか井上陽水でお送りしています・・・笑)

寝たと思ったら飛んでるよ〜!は
勘弁してほしいですね、さすがに。(笑)

不倫にするこたぁないだろと。
そういうシチュエーションにしちゃったら
父親を責められる立場じゃないやんかと。

「ALWAYS三丁目の夕日」で
映画のヒットを彼の演技に期待しちゃったんでしょうかね?
それとも「フライ、ダディ、フライ」で
がんばる40代のいいイメージが
定着したんでしょうかね?
Posted by Ageha at 2006年10月30日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「地下鉄に乗って」(浅田次郎著)
Excerpt: 「地下鉄(メトロ)に乗って」(浅田次郎)【講談社文庫】  永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。 ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。 さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-10-16 12:41

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 公開:2006年10月21日 監督:篠原哲雄 原作:浅田次郎 出演:堤真一,岡本綾,常盤貴子,大沢たかお,田中泯 衣料品会社の営業マンである長谷部真次は、毎日地下鉄に乗って移動していた。ある日父親が..
Weblog: Movie Library
Tracked: 2006-10-16 12:45

地下鉄[メトロ]に乗って(日本)
Excerpt: 浅田次郎さん原作の「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会に行ってきました。 ( → 公式HP  ) 出演:堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお 上映時間..
Weblog: 映画でココロの筋トレ
Tracked: 2006-10-16 13:13

小説 「地下鉄に乗って」 浅田次郎
Excerpt: *真次が、永田町の地下鉄の階段を上がると、そこは30年前の風景だった・・・。*
Weblog: 空の「一期一会」
Tracked: 2006-10-16 14:29

浅田次郎著「地下鉄(メトロ)に乗って」
Excerpt:  涙なしには読めない感動の物語「映画化決定」という帯についひかれて買ってしまったのだ。確かにこのストーリーは映画化すると面白いと思う。  それにしても東京の地下鉄って戦前から走っていたとは知らな..
Weblog: 気ままな中年ライダー Weekend日記
Tracked: 2006-10-16 20:34

『地下鉄(メトロ)に乗って』
Excerpt: ----これって浅田次郎の小説の映画化なんでしょ? 「うん。でもぼくなんかは『地下鉄に乗って』というと、 すぐ70年代のフォークグループを思い出すんだけどね」 ----なんていうグループなの? 「『猫..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2006-10-16 20:42

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 「社長!黒のスリップ、入荷しました!」「そうか、よくやった!それじゃ商品名はタイム・スリップにしよう」
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-10-16 21:11

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 映画化決まったし、時間ものだしっツー訳で浅田次郎を初読み。 さすがベストセラー作家。 最後まで飽きさせず一気に読ませるのはスゴイなぁ。 でも個人的には気に入ったかって言うと、ちょっと… 小説と..
Weblog: Simulacre de illustration
Tracked: 2006-10-16 21:53

「 地下鉄(メトロ)に乗って 」
Excerpt: 監督 : 篠原哲雄 出演 : 堤真一 / 岡本綾 / 常盤貴子/ 大沢たかお 原作 : 浅田次郎 公式HP : http://www.metro-movie.jp/ 「 地下鉄は..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2006-10-16 22:35

「地下鉄(メトロ)に乗って」 浅田次郎
Excerpt: この小説も映画化されるようです。 先日、ほんの短い予告を観ました。(2006年11月公開) その感じがなかなかよかったので、 原作を読んでみました。 「地下鉄(メトロ)に乗って」(浅田次郎 講談社文..
Weblog: 目の中のリンゴ
Tracked: 2006-10-16 23:01

浅田次郎 『地下鉄に乗って』
Excerpt: 地下鉄(メトロ)に乗って 浅田 次郎 永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2006-10-16 23:56

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 満 足 度 :★★★★     (★×10=満点)  監  督 :篠原哲雄 キャスト :堤真一        岡本綾              常盤貴子        大沢たかお..
Weblog: ★試写会中毒★
Tracked: 2006-10-17 01:16

「地下鉄に乗って」試写会レビュー いい映画やったかな〜??(笑)
Excerpt: 地下鉄に乗るのがちょっぴり怖くなり、ちょっぴりわくわくする、そんな映画かな(笑)僕自身そこまで楽しめなかったのだが、厚生年金会館までいっしょに観に行ってくれたみんなが感動してくれたみたいでよかった。で..
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2006-10-17 12:05

映画:地下鉄(メトロ)に乗って 試写会
Excerpt: 地下鉄(メトロ)に乗って 試写会@草月ホール 「長男は東京帝大にやって学者に、次男は堅い勤めで、三男は手元においておくんだ」 いつも使っている地下鉄、乗り換えに永田町で本日の試写会は青山一..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2006-10-17 13:21

メトロ!
Excerpt: FC2 Blog Ranking 「地下鉄に乗って(メトロにのって)」試写会に行きました。 原作、浅田次郎。 堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢かたお出演。 堤真一演じる真..
Weblog: ゆりりぃの萌え萌え読書日記
Tracked: 2006-10-17 20:26

映画「地下鉄に乗って」岡本綾さんの舞台挨拶付
Excerpt: 映画『地下鉄(メトロ)に乗って』の試写会に行った。 この日は岡本綾さんの舞台挨
Weblog: いもロックフェスティバル
Tracked: 2006-10-19 16:45

「地下鉄に乗って」(浅田次郎/講談社)
Excerpt: 地下鉄(メトロ)を舞台に描かれるタイムトラベル小説。 主人公真次は、毎日地下鉄を乗り継いでいる営業活動を行うサラリーマン。 いわば「地下鉄のエキスパート」。 ある日、彼が選んだ駅出口は不思議な世界に..
Weblog: 猫空書店
Tracked: 2006-10-19 22:22

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 試写会で見てきました。 舞台挨拶で岡本綾が来てたんですけど。。。すみませんね~ 岡本綾って誰?状態でした。。。 内容は・・・ 昭和初期の風景が見れて面白かった・・・ 地下鉄ってそんな古い時代か..
Weblog: ちわわぱらだいす
Tracked: 2006-10-20 21:34

一段落して……
Excerpt: 昨日、テンプレートを変えてさらにライブトーク記事を一気に書き上げました。 さて、一段落して今日は久しぶりに日記を書きたいと思います。 昨日のこともついでに日記にしちゃいたいと思います。 今思うと..
Weblog: GARNETを追え!!
Tracked: 2006-10-22 17:51

カエルの子はカエル?『地下鉄に乗って』
Excerpt: 地下鉄で過去へとタイムスリップした男性の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-10-22 19:23

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 「地下鉄(メトロ)に乗って」 2006年 日 ★★★☆ 浅田次郎さんの原作。これは、結構前に読んだ筈ですが内容を全く 覚えていません。余り感動しなかったからかなぁ・・・?(・・?..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2006-10-22 21:50

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt:   あなたは父になる前の父親を 知っていますか? あなたが生まれる前の母親に 会いたいですか?       評価:★6点(満点10点) ..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-10-23 19:24

「地下鉄(メトロ)に乗って」過去を知る事が必ずしも良いとは限らない血筋に翻弄される子孫たちと○○だらけのストーリー
Excerpt: 「地下鉄(メトロ)に乗って」は浅田次郎原作の「地下鉄に乗って」を映画化した作品で、地下鉄から降りたら突然タイムスリップして自分の両親の生き様に知るストーリーである。作品的にはSFファンタジー的であるの..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2006-10-23 21:16

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 浅田 次郎 地下鉄(メトロ)に乗って 不思議な雰囲気の作品でした。 地下鉄の出入り口を通してタイムスリップしてしまう主人公。そこで過去の父に出会い、ずっと教えられることのなか..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-10-23 21:26

地下鉄(メトロ)に乗って 浅田次郎著 講談社文庫
Excerpt:  昨日、「地下鉄(メトロ)に乗って」を見に行って、ちょっと納得できないお話だったので、早速文庫本を購入・・・一気に読んじゃいました(仕事中に(爆))  原作のある映画って本当に難しいよね? 原作への..
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2006-10-23 22:08

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 小さな会社で営業を営む長谷部は、自分の事ばかり考え、家族を蔑ろにしてきた父親と絶縁状態だった。そんな父が病に倒れ、会いに行こうか迷っていた時、地下鉄の構内で死んだ兄によく似た人影を見つける。彼を追..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2006-10-24 07:02

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: さて、21日の映画ハシゴ観ですが、1本目は舞台挨拶があったので、「シネマヴィレッジ8」で
Weblog: 欧風
Tracked: 2006-10-24 18:41

映画の記録(194) 地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画の記録(194) 地下鉄(メトロ)に乗って-邦画界はレトロブームだが..... 久しぶりに試写会というも..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-10-24 20:18

地下鉄(メトロ)に乗って/堤真一、大沢たかお
Excerpt: 地下鉄の出口をくぐれば、そこには昭和39年の街並みが・・・この設定からしてかなりそそられましたヨ。タイムスリップもの、浅田次郎の原作ということもあってかなり楽しみにしていた作品です。時間軸をずらすきっ..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2006-10-24 21:47

【劇場鑑賞115】地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: あなたは、父になる前の父親を知ってますか? あなたが生まれる前の母親に会いたいですか? いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった───。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-10-26 23:11

『地下鉄(メトロ)に乗って』
Excerpt: 泣き度[:悲しい:][:悲しい:]        2006/10/21公開  (公式サイト) 切なさ[:しょんぼり:][:しょんぼり:][:しょんぼり:] 満足度[:星:][:星:][:星:] ..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2006-10-27 01:59

映画「地下鉄に乗って」鑑賞券当選
Excerpt: 無料で映画やドラマが見られるGyaoとケーズデンキの共同企画で行っている、「秋の号泣チケットプレゼントキャンペーン」に当選しました。 映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の鑑賞券が届きました。 「地下鉄に..
Weblog: DC2
Tracked: 2006-10-28 08:24

【小説】地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 浅田 次郎 地下鉄(メトロ)に乗って  浅田ワールドってやつです。  大立者で豪傑粗暴な父に反発していた主人公だが、ある日地下鉄の階段を昇るとそこは戦後の闇市。そして主人公は若かりし頃の父..
Weblog: 本を片手に街に出よう
Tracked: 2006-10-28 15:07

地下鉄(メトロ)に乗って(映画館)
Excerpt: いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった―――。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:篠原哲雄 出演者:堤真一/岡本綾/常盤貴子/大沢たかお 時 間:121分 [感想] この原..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-10-28 23:03

真・映画日記『地下鉄に乗って』
Excerpt: 10月25日(水) コートを着用。寒いからね。 昼間は少し暖かい。 仕事はそこそこに。 午後6時に終業。 虎ノ門にある「チケットフナキ」で映画のチケットを7枚買う。 『地下鉄に乗っ..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-10-29 12:08

映画「地下鉄(メトロ)に乗って」
Excerpt: 映画館にて「地下鉄(メトロ)に乗って」 浅田次郎の同名の小説を映画化。 衣料品の営業マンの長谷部真次(堤真一)は地下鉄の駅で父(大沢たかお)が倒れたという伝言を聞く。暴君の父と口論して家を飛び出し..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-10-30 08:58

【劇場映画】 地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: ≪ストーリー≫ 絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日、小さな衣料品会社の営業マン・長谷部真次は、いつものようにスーツケースを転がしながら地下鉄で移動していた。そこに突然、亡き兄が姿を現す。兄..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-10-30 21:10

「地下鉄に乗って」
Excerpt: ある日いつもの地下鉄に乗って外に出ると、そこは自分が少年だった頃の過ごした場所に出る。 その日から、過去と今を行き来する。
Weblog: 明日は明日の風が吹く
Tracked: 2006-11-02 18:52

「地下鉄に乗って」はいい話でした・・・(;θ;)
Excerpt: 中野サンプラザで行われた、映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会に行ってきました!! 「鉄道員(ぽっぽや)」などでお馴染みの、浅田次郎さんの小説を映画化した作品です。 こんなお話です・・..
Weblog: Thanksgiving Day
Tracked: 2006-11-03 18:27

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 地下鉄(メトロ)に乗って (出演 堤真一) 2006年10月21日 劇場初公開 公式サイト: http://www.metro-movie.jp/ ユナイテッド・シネマとしまえんスクリー..
Weblog: 映画と本と音楽にあふれた英語塾
Tracked: 2006-11-06 12:44

「地下鉄(メトロ)に乗って」戻りたい‘あの頃’はありますか?
Excerpt: 「地下鉄(メトロ)に乗って」★★★☆ 堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお 主演 篠原哲雄 監督、2006年 地下鉄のホームで 自分の子供時代を知る人に 偶然出会う。 こんなにも人の多..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-11-11 20:26

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 「地下鉄(メトロ)に乗って」 時代設定、時代考証に問題があったり、唐突な展開はあるが、 親子愛について考えさせられる、満足出来る内容であった。 長谷部真次(堤真一)の心の物語。 タイムスリ..
Weblog: わたしの見た(モノ)
Tracked: 2006-11-12 17:47

地下鉄<メトロ>に乗って
Excerpt:  昔からよくある、自分や自分の肉親の過去に戻る話の一つですが(とはいっても、大傑作『バタフライ・エフェクト』の強い影響を感じさせます)、大き
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-11-13 05:46

[ 地下鉄(メトロ)に乗って ]メトロでレトロを体験する
Excerpt: [ 地下鉄(メトロ)に乗って ]@歌舞伎町で鑑賞 浅田次郎の同名小説の映画化。 篠原哲雄は、間違いなく職人気質な監督だ。切ない映画 を撮らせたら、日本でも5本の指に入るかもしれない。 それ..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2006-11-23 09:31

mini review 07037「地下鉄(メトロ)に乗って」★★★★★☆☆☆☆☆
Excerpt: カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 121分 公開日 : 2006-10-21〜 監督 : 篠原哲雄 出演 : 堤真一..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-03-27 14:42

DVD『地下鉄(メトロ)に乗って 』
Excerpt: 地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション (2006/日本)  衣料品の営業マンの長谷部は地下鉄の駅で父が倒れたという伝言を聞く。彼は地下道を歩きながら、暴君の父と口論して..
Weblog: みかんのReading Diary♪
Tracked: 2007-07-06 16:56

地下鉄(メトロ)に乗って−(映画:2007年76本目)−
Excerpt: 原作:浅田次郎 監督:篠原哲雄 出演:堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) この本の原作を読んだのは1996年か1997年..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-07-12 03:32

(映画)地下鉄(メトロ)にのって
Excerpt: 地下鉄の出口を出るとそこは、昔の新中野駅だった。道を聞くと「玉電」なる言葉や「東京オリンピック」なる言葉が出てくる始末。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2008-06-11 00:22

地下鉄(メトロ)に乗って
Excerpt: 浅田次郎の同名小説を原作にした映画。監督は篠原哲雄、キャストは堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお他。 <あらすじ> 絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日、小さな衣料品会社の営業マン・長谷..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2008-11-06 23:49

「地下鉄に乗って」浅田次郎
Excerpt: 地下鉄の出入り口から過去に行く。 浅田らしい話の展開。ネタばれあり。    【送料無料】地下鉄に乗って [ 浅田次郎 ]価格:580円(税込、送料別) この作品、何故か読んでいなかった。 遅くなったが..
Weblog: りゅうちゃん別館
Tracked: 2012-11-21 09:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。