2006年10月13日

Real Face ・KUT-TUN

ハハハハハ〜、
ええ年してコレだけは取り上げんといてなって
娘らに言われてたんだけどな〜。

Real Face (通常盤)


歌詞はもう有名だから載せるまでもないんだけど
今見たらなんだか暗示?

→ 「Real Face」

ギリギリでいつも生きていたいから・・・か。
飛び出しナイフのようにとがって光ってる若者特有の気持ちって
勢いこそまぶしいけど、危なっかしくて
それはいったいどこへ向かって行くんだろうな・・・。
昨日の朝のワイドショーで
まずスポーツ新聞の掲載記事がジャーンって出て、
そのあとネットで大騒ぎになったのか
夜になってあわててジャニーズ事務所のほうから
1枚のFAXが来たらしいんだけど、
今朝のニュースみても事務所サイドでさえも
大混乱な文章。

・・・で、結局赤西くんは脱退するのしないの
どっちなんだい?って。
(なんだかきんに君みたいなコメント)

いつまで休業するという期間もわからず、
これだけ大ヒットしてCD業界の救世主みたいな数字を
たたきだしたのに、
小田さんが書いた、次のシングルにはもう彼はいない。
詳しいことはファンじゃないからよくわかんないけど
歌そのものも
メンバーのなかでは亀梨くんとのハーモニーが
売りだったんとちゃうん?

確かに絶頂期でやめる引き際のいいアーティストもいるし、
結婚ですっぱりやめて惜しまれた分だけ伝説になったひともいる。

でもさ〜5年のキャリアがあるものの、
やっと大ブレイクしたとこなんとちゃうん?
1年も経たないうちにやりたいことやりつくしたとは
思えないんだけどな・・・。

若いから何でもできる、方向転換だって。
で、それはその人の生き方やからそれはかまへんのやけど。

でも順番として、
本人が肉声でコメントを先に出さないと
今度は帰りたくても帰ってこれなくなるんとちゃう?
少なくとも彼に憧れ、彼を応援し、
彼に癒されたり救われたりした
多くのファンの子たちにはそれなりの礼儀を。

・・・な〜んてえらそうにかきましたけど
正直もったいなくないかなってのが本音。
語学留学っていうのがあまりにもとってつけたような理由にしか
見えなくてね。
それがずっと持ってた本人の希望だったとしても。
posted by Ageha at 13:19| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music・(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック