2006年10月04日

この星を救えるのは笑顔だけ。〜「アタゴオルは猫の森」〜

試写会。メルパルクホール7:00.
公式サイトはコチラ。
http://www.atagoal.com/

hideko.jpg

・・・・・・・・・。

1010人収容のホールの半分いるかいないかの観客て
どうなんでしょね?
おまけに今回はメールのプリントアウトを持って行っての
ペア招待って初めてでした。

3D-CGのアニメで、確かに女王ピレアのシーンで
うっとりするくらい美しい歌があり、
(そう、こっちまで洗脳されてしまうほどに)
いくつかオオ〜ッという美しい場面はあったんですが。

正直、これより前に「森のリトルギャング」で
毛並みのつやや流れまでもそこまで再現しますかという
映像を見てますし、
ゲーム画面ではFFを散々やってますんで、
う〜ん連載から30年の時を経てやっと映画化しましたよって
・・・感じではなかったな〜。申し訳ないが。(わわわ)

劇場用アニメはアタゴオルの話の中から
外伝「ギルドマ」というお話を劇場版アニメにしたもの。
音楽監督を米米CLUBの石井竜也が担当し、
声優もちょこっとやり〜ので
楽しみにしていった・・・んだけど。
コレは、スポーツ報知の抜粋。→コチラ

アタゴオルのトラブルメーカー、ヒデヨシが
植物の女王ピレアの封印を解いてしまったことからはじまる
猫も人間も絶滅寸前の危機を
これまたヒデヨシが出会う、ちっちゃいちっちゃい輝彦宮、
が封印するまでのお話。
とまあ言うてしもたら身もふたもないのだけど。

生きることと食べること、楽しい事しか考えない。
まず自分が楽しいことが一番大事なヒデヨシが
一番生命力にあふれてて、女王にも全く操られないってのが
・・・・う〜ん、そういうもんですか。
頭のなか、シンプルなほうがいいですか?

もちろん、そんなヒデヨシでも
ヒデコと名づけた「輝彦宮」は別もので
父上と慕ってくれる(実は植物の王様)ことで
身内のいない彼にも絆というか、失くしたくない存在ができて
彼の内面が少し変わっていく様も描かれるんですが。

田辺誠一が吹き替えをする、さすらい猫ギルバルスが
かろうじて語り部というか、
物語のなかにあるメッセージを伝えようとしてる
・・・気はしたんですが、
主人公ヒデヨシに感情移入ができないと
どうもイライラしてしまって生理的にダメでした。
ホントはもっと中身のある話だと思うのですが・・・。
ヒデコはやたらかわいくてかわいそうな役回りで、
これはこれで印象的だったんですけどね。

あ〜一日たってもどうも持ち上げることが出来ませんでした。
(わわわ)
80分アニメのなかでこの映画が
子どもに語りかけたかったメッセージは何だったんだろ・・・。

みんなが踊るラストシーンのなかに
ヒデヨシがいなかったことは、
一応意味はあったのかなと・・・。

これも正直アタゴオル本編を見て見ないと
本質がまるでわからず。多分こんなもんじゃないはずで。
ストーリーはいたってシンプルなんですが
伝わってくる重さがないのがとても残念でした・・・。

下手にセリフをはさまずに
音楽をバックで流し、サイレントの映像でもって
もっと短いほうが面白かったかも。
谷山浩子の音楽劇アタゴオルがどんなだったかは知らないですが
アニメよりはそっちのほうが雰囲気出てたかもな・・・。
そうそう彼女は占い師の役で歌がうまいって設定だったけど
水晶玉やタロットが出るでもなく、お告げもなく
彼女のソロパートがあるわけでもなく・・・期待した分

「ガッカリだよ〜〜〜。」(やっくんになってしもたがな)
posted by Ageha at 12:03| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(19) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何がやりたいのかよく判らない作品でした。
対象も原作ファンなのか石井ファンなのか、子供なのか大人なのか。
こんな中途半端な作品では、誰も満足してくれないと思うんですけどね。
Posted by ノラネコ at 2006年10月14日 12:16
ノラネコさん、どうも。

原作がコレだけ長い間シリーズが出ていて
たくさんのファンを獲得しているなら
そのへんのよさを
映像化するにあたって少しでも表現できていたら
間違いなく原作どんなんやろって
人の目がもっと向くんでしょうけどね。

有名なキャラ、有名なイラストですから
とっかかりはよかったんですが
どうも映画そのものはイマイチでした。

実はこの後バンプオブチキンの
サイレント映画「人形劇ギルド」に
たった15分のお話で号泣(大げさですが)してしまったんで
時間の長さじゃなくてホントに
表現の仕方ひとつで違ってたんじゃないかと・・・。
Posted by Ageha at 2006年10月14日 12:36
はじめまして。
TBのみでしたのにTB返しだけでなくコメントまで有難うございました!

私もメルパルクホールで観ました〜(笑)
ですよね〜。会場に入ったときに、
うわ〜ガラガラや〜ヤバイんちゃうんと思った結果が、
ものの見事に当たってしまったような作品でした。

シチューのパッケージになっていて、
30年愛されている作品だということだったので、
それなりに楽しめると思っていたのですが
81分って長いなーで終わってしまいました。
Posted by あり。 at 2006年10月15日 03:03
あり。さん、ようこそ。
いきなりおしかけてドドドッと
カキコして帰りまして・・(笑)

最近世間は狭いな〜というか
実はニアミスやったという方を
ちょこちょこみかけまして、
これはちゃんとしたかっこで
映画見に行かなあかんなと、(!)
キョロキョロしております。(´▽`*)アハハ

ヒデヨシのよさをいかに伝えるのか
・・・アタゴオルの世界の法則を
いかにうけとめたかで
ものすごく評価がわかれちゃいますね。
ストーリーは単純なのに
果たして子どもにどう説明したらいいか
頭を抱えてしまう映画でした・・・。
il||li _| ̄|○ il||l
Posted by Ageha at 2006年10月15日 11:24
なんだかよく分からない映画でしたね。
『ブレイブ・ストーリー』と同じく「壮大な物語を映画化するには尺が短すぎた」という印象を受けました。
ヒデヨシが「生きる事」を訴えているにもかかわらず、命を落とす選択をしたヒデコなど、描かれるテーマも矛盾してますし。
Posted by えめきん at 2006年10月16日 23:04
えめきんさん、どうも。

ヒデコはピレアが復活する時に
必ず対で生まれ来るもので
封印のために戦う宿命をはじめから持ってる。
その存在そのものがとても刹那で悲しい。

その深刻さとアタゴオルの世界の能天気さが
どうもギャップがありすぎてね・・。

本来ほんわか楽しい世界で
ちょっとこまったちゃんが
騒ぎをおこしてくれちゃってもう・・・
っていうお話に徹すると思ってたもんで。
Posted by Ageha at 2006年10月18日 14:25
この度はウチのブログにTBとコメントをありがとうございましたm(__)m
なんだかわしの感想もAgehaさんの感想にとても近いです。
最悪なはしょり方!
サイレントと言うか5〜10分のミュージッククリップみたいにした方が絶対観れましたよ。
正直CGである必要性も皆無かと。むしろセルアニメのほうが作品に合ってると思います。ゼイタク言うと「こまねこ」(http://www.komaneko.com/feature/index.html)みたいに人形のコマ撮りでやってくれたら一番だったんだけど。
それにしても一番まずかったのはやはりお話しですよね。
森のリトル・ギャングのほうが全然面白かったです。
わしも辛口で失礼しましたー(^_^;)
Posted by 発生 at 2006年11月06日 01:03
発生さん、どうも。
「こまねこ」かわいいですねっ!!!!!
この冬ですか?公開。

う〜〜〜また誘惑と戦うのか。φ( ̄ー ̄ )メモメモ

アタゴオルはエピソードの選択ミスちゃいますか?
あのストーリーではヒデヨシのいいとこを
描けなかったように思います。
それがもったいなかったですね・・・。
Posted by Ageha at 2006年11月07日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アタゴオルは猫の森・・・・・評価額900円
Excerpt: 90分のPVを観させられているような作品。 冒頭いきなりミュージカル(?)仕立てのステージシーンから始まるのだが、おなじみ「アタゴオル」の登場人物より先に画面に登場するのは、MC役の石井竜也猫。 ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-10-14 12:12

アタゴオルは猫の森
Excerpt: 満 足 度 :★★★★★        (★×10=満点)  監  督 :西久保瑞穂 声の出演 :山寺宏一        佐野史郎        夏木マリ        谷山浩子..
Weblog: ★試写会中毒★
Tracked: 2006-10-14 12:24

アタゴオルは猫の森<試写会>
Excerpt: 観てきました。 <一ツ橋ホール> 監督:西久保瑞穂 原作:ますむらひろし (メディアファクトリー刊) 脚本:小林弘利 美術監督:黒田聡 音楽:石井竜也 キャラクターデザ..
Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ!
Tracked: 2006-10-14 12:59

試写46 「アタゴオルは猫の森」
Excerpt: 2006 角川ヘラルド映画/81分 10月14日(土)より公開 オフィ ⇒ http://www.atagoal.com/ [監督] 西久保瑞穂 [原作] ますむらひろし [音楽] 石井竜也 [越え..
Weblog: 河童屋。
Tracked: 2006-10-14 21:30

アタゴオルは猫の森(2006/日本/西久保瑞穂)
Excerpt: 【恵比寿ガーデンシネマ】 緑と花々にあふれた平和の地、アタゴオル。年に一度の祭りの日、トラブルメイカーのデブ猫ヒデヨシが、禁断の箱を開けてしまう。すると、封印を解かれ何千年の眠りから目覚めた植物..
Weblog: CINEMANIAX!
Tracked: 2006-10-15 19:58

映画 『アタゴオルは猫の森』
Excerpt: 試写会で観たのです。 『アタゴオルは猫の森』  2006年 原作 : ますむらひろし 監督 : 西久保瑞穂 『銀河鉄道の夜』は大嫌いですが、 これはとても良かった。 人に気を使ったり、嫌われるの..
Weblog: Death & Live
Tracked: 2006-10-15 21:01

アタゴオルは猫の森
Excerpt: 猫と人が共存する世界。そんな世界にあるアタゴオルの森は、年に一度のお祭りの真っ最中。そんな中、トラブルメーカーのデブ猫・ヒデヨシは、植物の種の姿をした子供と出会う。ヒデヨシは、自分の事を「父上」と..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2006-10-16 23:05

映画:アタゴオルは猫の森 試写会
Excerpt: アタゴオルは猫の森 試写会@一ツ橋ホール 「とことん生きるために生まれてきたんだ」 キャラクターは見たことあるけど原作は未読です。 3D-CGってすごいですねえ、ねこちゃんたちのほわほわ..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2006-10-17 13:52

「アタゴオルは猫の森」を観る
Excerpt: 今日の試写会はちょっと特別。 作品鑑賞も大事ですが(毎回そうです!)、今日の試写会場は・・・・なんと!出来立てホヤホヤの、開業前の「ユナイテッド・シネマ豊洲」だったんですー(わ??い、パチパチ♪..
Weblog: 紫@試写会マニア
Tracked: 2006-10-17 22:14

アタゴオルは猫の森
Excerpt: アタゴオル・・・・そこは、力やお金では辿り着くことのできない自由の森!。二本足で立ってあるき、言葉を話し生活する猫たちと多少の人間が共存している不思議な世界!!。小さなユートピア、ヨネザアド大陸..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2006-10-18 04:21

映画:アタゴオルは猫の森 試写会
Excerpt: アタゴオルは猫の森 試写会@一ツ橋ホール 「とことん生きるために生まれてきたんだ」 キャラクターは見たことあるけど原作は未読です。 3D-CGってすごいですねえ、ねこちゃんたちのほわほわ..
Weblog: 日暮し〜HIGURASHI〜
Tracked: 2006-10-18 13:23

『アタゴオルは猫の森』
Excerpt:     『アタゴオルは猫の森』   アタゴオル征服を狙う女王ピレアを封印できるのは、 お騒がせ猫ヒデヨシと固い友情を結んだ植物の王ヒデコだけ―― ヒデコの哀しい決意とは・・・?   予..
Weblog: 唐揚げ大好き!
Tracked: 2006-11-01 05:26

『16ブロック』
Excerpt:     『16ブロック』   わずか16ブロック(区画)先に証人を護送する――。 それは簡単な任務のはずだった…。   予告編や映画の記事でどんな映画でこうなるなぁとわかる映画ってあるじ..
Weblog: 唐揚げ大好き!
Tracked: 2006-11-01 05:30

「アタゴオルは猫の森」 カラフルな映像に新しいCGの可能性を感じる
Excerpt: カラフルな色彩が印象に残る映画でした。 特にオープニングのお祭りのシーンは、豊か
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-11-04 19:41

アタゴオルは猫の森
Excerpt: (06年11月鑑賞) 「原作の雰囲気を壊さないようCGキャラのモデリングは頑張っ...
Weblog: 丼 BLOG
Tracked: 2006-11-05 16:47

アタゴオルは猫の森
Excerpt: さて、前回のブログで感想を述べた「明日へのチケット」の前に観た、恵比寿ガーデンシネマの「アタゴオルは猫の森」について、お話しします。実はますむらひろしさんの作品との最初の出会いは、アニメ映画「銀河鉄..
Weblog: Sokunの平凡な日常
Tracked: 2006-11-14 20:14

アタゴオルは猫の森
Excerpt: とにかくノーテンキで生命力溢れるヒデヨシ。我が儘で自分勝手で、トラブルメーカー、何でも自分の都合のいいように解釈し、何者にも惑わされないシアワセ??な生き方を貫いています。 そして、そのノーテン..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-11-15 00:42

『アタゴオルは猫の森』を観たよ。
Excerpt: シェアブログ1566に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。 「映像技術の高さ」なら、過剰なほど見せてもらえたが……。 『アタゴオルは猫の森』 参考:アタゴオル..
Weblog: 【待宵夜話】++徒然夢想++
Tracked: 2006-11-15 02:25

【映画】アタゴオルは猫の森
Excerpt: ■状況 イオンシネマ太田店にて通常価格(割引)で観賞 ■動機 魔が差して? ■感想 酔った ■あらすじ アタゴオルのトラブルメイカー、ヒデヨシは、ある日、親友のテンプラ(内田朝陽)や..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-11-17 22:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。