2006年10月03日

ゆれる・西川美和

みんながいいよいいよと絶賛するなか。
う〜〜〜。
見に行けなかった1本を
小説版でとりあえず・・・ということで。

ゆれる
ゆれる西川 美和

ポプラ社 2006-06
売り上げランキング : 5646

おすすめ平均 star
star映画を見た人も見なかった人も読んで欲しい
starゆれる、ゆれる
star著者の才能を感じさせる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



とても読みやすかった。
でも、感覚としては理解してるんだけどうまく言葉に出来ない。
ただ、見たひとの満足度が高いってのは
それだけ心理描写がきっちりしてたってことで。

ダ〜〜〜。やっぱりロードショーで見るんだった。トホホ。

ものすごく仲がいいように見えて、
相手のことを羨んでいたり、憎んでいたりする気持ちを
大人なんだからっていう理性でもって隠し通せてたり、

表向きは顏あわせるとケンカばっかしてるのに、
自分と全く性格も生き方も違う相手のことを
実はとても思いやっていたりする。

そういう2面性だけはドラマやら本の世界で
そんなもんだろうと思ってるだけで
ひとりっ子の自分にはそのへんはよくわからない。

じゃあ知らなければよかったのかと。
自分たちが日頃信じているものが
そんなことくらいでいとも容易く崩れていくものなのかと。
知ったあとの再生は?
それも正直なとこできることとできないことが
あるだろうなと。

良かれと思ってやったことが裏目にでてしまう
ソンなタイプのひと。
本心と違う言動をとり続けて
自分で自分にどんどん足かせをつけていった結果
そのときそのときに実はオレはね・・・って言えてたら
ココまでこじれなかったかもしれないという確執。

今まで気がつかなかったにせよ、
見て見ぬふりをしてきたにせよ、
それはいつ何時どんな形で
表に出てくるか解らない不安定なもので、
そういう危なげな感情は誰でも抱いている。

登場人物ひとりひとりの本音、心の声・・という形で
語るこの物語は・・・他人に対してもあまり警戒心のない私にとって、
不信感を思いっきり煽るものでした。
おそらくこういうものだとわかっていても
コレは正直重たかったです。


裁判の一番残酷なことは、その罪に関係があることもないことも
ありとあらゆる自分のことを人前でさらされて
赤の他人の厳しい言及にただただ沈黙しかできないこと。
真実を明らかにするためには人の心に土足ではいらなきゃいけない。
事件の背景にあったものは、
兄を豹変させるだけの十分なものがいっぱいあって。
・・・我慢してたことが一気に表にでたあとでは
あ〜もうこれは、そう簡単には元に戻れないなと
思っちゃいました・・・。


〜あの橋を渡るまでは兄弟でした・・・・。〜

いつも手をつないでいた。
わかりあえてると思っていた。

自分たちが見ていたものとその人の本性の違いは
そのまま心の距離感になり
いつのまにか大きな川がふたりを引き離すように
うねりながら流れる。

橋がかかっている。それはかろうじて残ってる
心のつながりかもしれない。
でもそれはとても不安定で、
それはそのまま心のゆれを表してる。
ほんの少しのボタンの掛け違えで
まっさかさまに落ちて、もう
相手のいるところへはたどりつけなくなる。

向こう岸へ行きたい。
そうすれば世界が変わると思っている。
それが自分にとって幸せかどうかはともかくとして。

道路をはさんで向こう岸の歩道に出所してきた兄がいる。
でもバスはおそらく兄を乗せて行ってしまうだろう。
一度壊れたものが再生するには
もっともっと時間がかかるような気がしました。

うまくまとめられないのでこんな形で終わりますが
親にとって手のかからないイイコが
必ずしも何の問題もかかえていないなんて
・・それは親が何にも見てない、気付いてないだけなんだなと。
コノヤローとか思ってても(!)本音でぶつかってくれるほうが
どれだけ安心かと思ったりなんかしました。
posted by Ageha at 15:24| 大阪 ☀| Comment(14) | TrackBack(16) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『ゆれる』、とても良い映画でしたが小説版も良さそうですね。
監督自身が書いているので、テーマや人物描写はしっかりしているでしょうね。
読んでみたいんですが、溜まってる小説が5冊あって手が出せません(泣)。
Posted by えめきん at 2006年10月04日 07:11
えめきんさん、どうも。

実はこの前図書館で借りてきた4冊は
2冊UPできましたけど
「灰色のピーターパン」は
読めずじまいでタイムアップになってしまいました。
「下北サンデーズ」は
ドラマとどないちゃうのかなっていう
好奇心で借りたので
ナナメ読みでもオッケーだったんですが。

これは2,3時間で読んじゃいました。
映画の後に書かれたもので
若干内容が違うらしいですが
その辺は今度映画見るときのお楽しみに
しときます。(笑)
Posted by Ageha at 2006年10月04日 09:01
見たい→いつにしようか→まだやってる→あっ終わった
という感じで中々映画にいけません。
「ゆれる」もその1本。

心から公開したのは
「かもめ食堂」...
どうしても映画館で見たかったのに...
Posted by アナグラム at 2006年10月04日 11:32
アナグラムさん、どうも。

かもめ食堂は良いです。(笑)
DVDがもう出ちゃいましたが、
コチラでは高槻で7日から
リバイバル上映がありまして。(エッヘン)

ただでさえ、オダジョーが出ると
ミーハー根性で見てしまうのに
ホント今回はタイミング悪くて。
つい最近までロングランしてたのに。

・・・ええです。おとなしくDVD待ってます。(泣)
Posted by Ageha at 2006年10月04日 12:11
 映画を観てから原作を読みました。
映画の印象と多少違う部分もありましたが、やっぱこの映画を観ていないAgehaちゃんが可哀想で(爆)

 めちゃ良い映画だったのになぁ・・・
惜しいなぁ・・・残念だなぁ・・・←めちゃイケズ(爆)
Posted by しんちゃん at 2006年10月04日 12:30
また。
しんちゃんは飢餓感を煽る煽る・・・。
ほんまイケズやわ。(笑)

いいもん、今日は夜ピク見れたし。
フフン・・・。

大人げない会話だな・・・。f(´−`;)
Posted by Ageha at 2006年10月04日 18:23
こんにちは。
コメント&トラックバックを失礼致します。

本書は、読みやすい形ながら、登場人物それぞれの語りにより構成された、出来事への奥深さを感じさせる小説でありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
Posted by たろ at 2006年10月06日 14:04
こんばんは〜♪
本の感想と映画の感想をTBさせていただきました。
壊れ感想のほうはTBを控えさせていただきました(爆)
うーん、この映画絶対に劇場で見ていただきたかったわ〜〜〜。
やっぱりオダジョーのアノシーンは大きな画面で見ないと〜。
というのも本音ですが(汗)、それよりなにより作品から漂ってくる緊迫感、役者さんたちの非常に細やかな演技などをぜひ味わっていただきたかったの。
DVDは2月発売って聞いています。
もうちょっとの辛抱ね。
あ、うちの地元ではただいま公開中なので見にいらっしゃいませんか?
Posted by ミチ at 2006年10月06日 22:15
たろさん、どうも。

智恵子の心理描写は
おそらく小説版に丁寧に書かれているはずなんで、
それをふまえて映画見ると
よりハマれると思いまして・・・。
そうでなくても、
このひとはこんな人だと思ってた・・のが
ガラガラと崩れていく話なので
映画の補完として読んで正解かなと。

Posted by Ageha at 2006年10月07日 15:51
ミチさん、どうも。
・・・うちの地元て。

キョロ (・.・ )( ・.・) キョロ

泊めてくれます?食事つきで。(笑)
ついでに送迎つきで。(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ

4つ星シネマに指定されると
リバイバル上映があるので、
数ヶ月遅れで高槻に来ないかなと、
ひそかに期待してる次第で。
(現在かもめ食堂が上映中でして・・・)
映画ブログの方たちの間では
まちがいなく今年のベスト10(3かな?)にはいってくるでしょうし、
・・・2月は待てないですぅ。(笑)
Posted by Ageha at 2006年10月07日 15:56
こんにちは、jamsession123goです。
ようやく映画館で観てきました。
原作も面白そうですね。
探してみます。
Posted by jamsession123go at 2006年11月23日 22:08
jamsession123goさん、どうも。

原作は若干話の展開が違うかもしれませんが
登場人物が本音を暴露するような書き方になってるので
映画よりもかなり具体的な心理描写になってて
これはこれで面白いかと思います。
・・・ってホント
これほど劇場でみれなくて悔しかった映画もないですよぉ〜。
Posted by Ageha at 2006年11月25日 17:27
はじめまして。
私は「ゆれる」はDVDで観たので
今頃記事を書いたのですが、小説の方も最近ちょっと立ち読みしました・・・(笑)
かろうじて架かる吊り橋の象徴するものは、兄弟の不安定な心のつながりだったのでしょうね。
映画の方も、心理描写・映像ともに、うまくまとまった仕上がりになっていましたよ〜☆

Posted by まさみ at 2007年05月30日 21:07
まさみさん、ようこそ。
映画のレビューのほうに
ブックレビューのリンクをはってますので
そちらの記事のほうをTBさせていただきました。

原作と映画は全然別物だったり
取り上げて膨らませるポイントがちがったりするんですが
もともと映画のノベライス版として
監督自らが書いた作品なので
どちらからはいってもより詳しく深く
内容を味わえるようなものに
なってたんじゃないでしょうか。

あ〜映画館で見たかった。(まだ言う・・笑)
Posted by Ageha at 2007年05月31日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24825255

この記事へのトラックバック

【劇場鑑賞77】ゆれる
Excerpt: 弟 ―東京の売れっ子カメラマン 兄 ―家業を継いだ独身の男 事故か 殺人か 愛情か 憎しみか あの橋を渡るまでは、兄弟でした。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-10-03 22:47

『ゆれる』
Excerpt: 「ちょっと気が早いけど、 この映画はぼくの上半期邦画の暫定ベストワン!」 ----そりゃ、また大胆な……。 この映画って確か『蛇イチゴ』の監督だよね。 「そう。西川美和。 前作の『蛇イチゴ』を観たとき..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2006-10-06 17:37

ゆれる
Excerpt: 殺人罪で裁かれる兄と、その弟の葛藤を描いたドラマ。評判がいいらしいので、シアターキノ朝の回一番乗りで観てきた。
Weblog: 新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>
Tracked: 2006-10-06 21:24

映画「ゆれる」
Excerpt: 映画館にて「ゆれる」 『蛇イチゴ』の西川美和監督のオリジナル脚本による第二作目。 サスペンスタッチのストーリーと裁判劇という全く私好みの作品。どこから感想を書いていいかも分からないほどいろいろ言い..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-10-06 22:09

「ゆれる」西川美和
Excerpt: {/book/}「ゆれる」西川美和 監督デビュー作『蛇イチゴ』で映画賞を総ナメにした西川美和が4年ぶりに挑んだ完全オリジナル作品『ゆれる』を自らが小説化したもの。 すでに映画を見ているので、登場人..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-10-06 22:11

ゆれる
Excerpt: 恥かしながら...オダギリジョーの演技、初めて観た、、、、{/hiyo_s/}{/kaminari/} あまり関心なくって、ドラマも観てないし、、、、でもびっくり☆ 自然で素晴らしい役者さんなんだ。..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-10-07 11:46

『ゆれる』
Excerpt: リアル度[:スペード:][:スペード:][:スペード:][:スペード:]      2006/07/08公開  (公式サイト) 緊迫感 [:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]  満足度 ..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2006-10-10 02:24

ゆれる(2006/日本/西川美和)
Excerpt: 【アミューズCQN@渋谷】 東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛(オダギリジョー)。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父(伊武雅刀)と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔(香川照..
Weblog: CINEMANIAX!
Tracked: 2006-10-16 21:39

ゆれる
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  ゆれ堕ちた…その先にあるもの  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-10-17 23:42

『ゆれる』
Excerpt: あの橋を渡るまで、兄弟でした。     ■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-11-14 17:21

映画のご紹介(213) ゆれる
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(213) ゆれる-二人の役者の演技の力強さがみえた。 オダギリジョーといえば、ちょっと変わった映画に出..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-11-23 22:09

ゆれる
Excerpt: 出演 オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀 ほか 母の一周期で帰省する。 猛(オダ
Weblog: いろいろと
Tracked: 2006-12-13 21:48

か細い橋は朽ちていなかった●ゆれる
Excerpt: 「兄を取り戻す」 取り戻したのは、兄が弟を取り戻していた。 主人公のカメラマンである、弟の早川 猛(たけし)役には、 『激辛カレーを食べて、あなたは「辛い!」と怒ります?●SHINOBI..
Weblog: Prism Viewpoints
Tracked: 2007-04-20 17:06

ゆれる 〜 本音をぶつけ合ったその先にあるモノ 〜
Excerpt: 〜 本音をぶつけ合ったその先にあるモノ 〜 女性監督・西川美和による人間ドラマ。吊橋のように揺れ動く人の心情を長回しのカットや視線の動きなどで表現しているのが印象的な作品です。 主演は、最..
Weblog: Prototypeシネマレビュー
Tracked: 2007-04-29 10:16

映画「ゆれる」
Excerpt: ゆれる。印象に残る映画です。 揺れ動く心を象徴するような吊り橋。 そこで起きた事件を中心に、兄弟のゆれる心を描いた映画。 都会と田舎のはざまで。夢と現実のはざまで。 そしてひとりの..
Weblog: 創作といろいろ
Tracked: 2007-05-30 20:53

ゆれる
Excerpt: あの橋を渡るまでは、兄弟でした。
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-09-17 23:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。