2006年09月16日

VOCALIST2・徳永英明

実はVOLALIST1の時も取り上げたんですが。

VOCALIST2
VOCALIST2徳永英明 Satomi 坂本昌之

ユニバーサル・シグマ 2006-08-30
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
VOCALIST (通常盤) BEAUTIFUL BALLADE~20th Anniversary Super Ballad Single Best~ シングルコレクション(1986~1991) 再生 シングルコレクション(1992~1997)

個人的にはシングルコレクション86〜91が一番好きかな。
CDラックにも入れてるんですが。
バラードセレクションは何枚もあるんだけど
それにプラス「Wednesday Moon」が一緒に収録されてるのは
たぶんコレ1枚だけなので。
前のレビューの時も書いたな。
あんなロックっぽいヤツがもう一度聴きたいなと。

ただ、選曲がいいというかなんというか
VOCALISIT2はえらい売れてるようで。
2枚続けて女性アーティストのカバーかよと思ってたのに。
先行シングルの「雪の華」がよかったせいかな?
アルバム全体を聞いた人の反応は賛否両論なんだけど・・・。

この時期になると「壊れかけのRadio」が聞きたくなりますねぃ。
って昔のアルバムを引っ張り出してきたりするんですが。

カバーは世代をつなぐもの・・・くらいに思ってて
(たとえば、尾崎の「I LOVE YOU」は
今まで誰がカバーしてもイマイチピンとこなかったんだわ、
そういう譲れないもんってあるじゃないですか)
やっぱりオリジナルを好きなひとにとっては
う〜ん・・・って気持ちが正直なきにしもあらずなんだけど
それでも徳永さんが歌ったらこうなるだろうなというアルバム。
その声が好きだからそれはそれで
カラオケに行って彼が歌ってるとこを想像しながら
聞いてたりして・・・。(ノ*゚▽゚)ノ

ちなみに音楽を選択してた娘が声楽のテストで
「時代」をセレクトしたんだけど、
(これかベッドミドラーの「ROSE」ってすごい2択だと思うが)
彼女は徳永さんの声でこの歌聴いてますしね)
ついついホントは中島みゆきで聞いてくれと
ツッコミたくなる母。
同じ歌でも声もアレンジも解釈も違うもんね。
・・・好みもあるんですが。



posted by Ageha at 09:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music・(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。