2006年08月10日

アオゾラペダル・嵐

GLAYと氷室京介の強力コラボをおしのけて
オリコン1位になったのがコレ。
映画「ハチミツとクローバー」の主題歌。
・・・あ、スピッツの「魔法のコトバ」もそうなんだけど、
今回は主要キャストの櫻井くんに敬意を表して・・?

はー、やっと音楽ネタが若返ってきた、いや若返りすぎ?

ただでさえ売れるのに、
2種類のDVD(片方はPV片方はそのメイキング)と
2種類のプチファイル。
で、あと通常盤にはこのDVD付きよりも収録曲が多い。
当然3パターンともジャケットは別。
・・・ファンが絶対ほしくなるのな、こういうのって。
最近多いよね〜、ひとつのCDSで3パターンってヤツ。

アオゾラペダル
アオゾラペダル嵐 スガシカオ 石塚知生

ジェイ・ストーム 2006-08-02
売り上げランキング : 1186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
アオゾラペダル(初回限定盤B)(DVD付)
アオゾラペダル(初回限定盤A)(DVD付)
ARASHIC(初回限定盤)(DVD付)
ARASHIC
きっと大丈夫


前に子どもたちには釘刺されたんですけどね。

「いくらネタやからっていい年してReal Faceはやめてね」って。
・・要はジャニネタはすんなと。(爆)
え〜でもこれはスガシカオとB'zの松本さんのコラボで出来た
すごくカッコイイ曲やんと弁明しても
「世間はそうみてくれへん」とかなんとか言うてバッサリ。
で、この歌に関してはやめたけど・・・。

でも結局書いてるオカン。(アハハハハハ)

映画館で初めて聞いたときは
エンドロールでスピッツがかかり、続けてこれだったので
なんかうまく説明できないけど
あまり印象がよくなかったんだ。
劇中竹本くんがチャリこいで旅に出るシーンで
「スガシカオの声で」流してくれたらよかったのにと
思ってたんだけど。

それでもこの映画のためにスガシカオが書き下ろした歌は
あとで聞いたらやっぱり
映画の雰囲気やワンシーンを思い出させるに十分な雰囲気は
持ってるし、
嵐が歌うと言うことにも違和感はなくなった。
となると、もうこれはスガシカオのファンとしては
ちゃっかりiTunesの1曲に仲間入りするわけである。

ホントは自分で歌いたかったんとちゃうやろかという
邪推もするんだけどね。
もともとハチクロの世界を作ったアーティストのひとりなんやし。

前にも書いたけど、そのうち
ジャニあてに書いた歌ばっかのカバーアルバムが
できるんとちゃうやろか?(わわわわわ・・・)
posted by Ageha at 18:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Music・(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「嵐」について
Excerpt: 「嵐(あらし/ジャニーズ)」についての記事をトラックバックで募集しています。 *メンバー:大野智、櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、松本潤 *主な作品:ARASHI No.1(ICHIGOU)嵐は嵐を呼ぶ、..
Weblog: ミュージック トラックバックセンター
Tracked: 2006-08-31 14:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。