2006年07月21日

ケンカ両成敗な話?

FIFAはジダンからMVPの剥奪はしなかった。
でもやっぱスーパースターの背中を追いかけて、
ワールドカップにあこがれてサッカーやってる子供たちへの
影響の大きさを考えて罰金と社会奉仕って形になったんだろう。

もっともジダンのこういうファウルは1度や2度ではなかったようで、
現在劇場公開してる「ジダン 神が愛した男」は
この事件の影響と、現役引退してしまった彼をもいちど見たさに
観客動員数は伸びてるらしい。
・・・映画のオチを配給会社や新聞がポロっと書いたことも
以外に「ふ〜んそうなんだ、それなら行こか」に
なぜかなってるみたいだし。
(と、いうことでヒトが集まるものの満足度には比例しない
ドキュメンタリーになったようだけどね。・・・あわわ)

スーパースター=人格者だっていう思い込みがどっかにある。
でも彼らだって人間やし、言われたくないこともあるし。
もっともオトナなんやからその行動がどこまで波紋を広げるのかは
わかってほしかった・・けどね。

移民であることの差別だとか、人種問題なんかが後ろにあって
日本でノホホンとしてる私にはそこんとこはよくわからないけど。
人間としての誇りと選手としての責任。
ジダンは自分のやったことを悔いていないとはいうけど
・・・やっぱりいい記憶としては残らないだろな・・。

そんなことは言うてないとかたや否定してたかの選手も
罰金と何試合かの出場停止。頭突きされた被害者にもかかわらず。

・・実は試合中のコトバの暴力ってのは当たり前にあるらしく
FIFAもどっかでこれに歯止めをかけたかったんじゃないかな。
・・となると、ますます審判の判断ってこれから大変だね。
本気で各国のコトバがわかるヒトでないとイエローかレッド、
どっちがホントのファウルなのか、ますます
わけわかめだよぉ〜・・・。
posted by Ageha at 18:30| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
讃遊亭禅楽先生のブログから来ました。

ブログにも書いたんですが
「挑発はゲームの一部」なんだそうです。
ヨーロッパの差別感覚は
アメリカとまた違って
日本人には分かりにくいですね。

FIFAの対応も中途半端でしたね。

また遊びに来ます。
Posted by アナグラム at 2006年07月25日 19:05
アナグラムさん、ようこそ。
こんな感じのブログですが、どうぞよろしく。

サッカーに限らず、ある程度技術を極めた人たちが
最後に直面するのはホントにメンタルなこと。
自分との戦い。
スポーツマンシップとして
コトバの壁も肌の色も政治も忘れて
ただがむしゃらにボールを追いかける
フェアな試合をしてほしいです。
Posted by Ageha at 2006年07月26日 02:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21159944

この記事へのトラックバック

相互リンクまでの流れ
Excerpt: どうも~FootBall-Kingです。 相互リンクまでの流れは簡単ですよ~ 120秒で完了で
Weblog: サッカー日本代表とW杯を愛するBlog
Tracked: 2006-07-21 22:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。