2006年05月22日

アンジェリーナ・佐野元春

なんかね、もう 書けなかったうっぷんを晴らすかのように
エントリあげてましてどうも。

めちゃ眠いです。深夜放送されてた「共鳴野郎」大阪城ホールライヴを
リアルタイムで見てしまったもので。
久々に佐野元春の歌ってるとこが見れるからと起きてたら
・・ま、まあ あのメンバーでは一応大御所だから仕方ないけど
出てきたのは3時を過ぎていた・・トホホ。
でも、2曲ってことはないでしょ?すごく編集されてない??
トークもなかったし。インタビューもなかったし。

BACK TO THE STREET(紙ジャケット仕様)BACK TO THE STREET(紙ジャケット仕様)
佐野元春 伊藤銀次 大村雅朗

Sony Music Direct 2005-12-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジャケ買い・・とまではいかないけど、ジャケットそのものも
お気に入りの1枚。
ついでにいうと、佐野元春の歌って
思い浮かべる風景が結構洋画っぽいのね。あくまで主観ですけど。
あと、スピッツや桑田さんも真っ青な、
意味不明な単語がポンポン入るんだけど、それがまた
歌の雰囲気をかもし出すという不思議な詩の世界をもってる。


「アンジェリーナ」
デビュー曲・・だったかな?(ファンだったワリにはいい加減)
京都や大阪でライヴのある時は何度か見に行った。
それはそれは結婚前の遠い昔の話ですけど。(笑)
これと「ニューエイジ」を歌ってた。
髪はすっかりグレーになっちゃったけど、
雰囲気はあの頃のまま。ピアノとホーンセッションもグー。
タイムスリップした気分。

今ビールのCMにおとぼけキャラで登場してる。
あともひとつ笑えるのがぐっさんのMusiGという番組で
「佐野Rock」というコーナーをもってて、結構楽しみにしてたりする。
番組に寄せられた「似た言葉」をRockかRockじゃないかを
判定するという、たった数分間のコーナー(失礼)なんだけど
個人的にはツボにはまってケラケラ笑ってたりして。
「熱帯雨林」と「絶対不倫」(!)
「コンビニ」と「ゾンビ似」(!!)
・・心を揺さぶられる言葉はみなRockらしい。アハハハハ・・・。

歌はかっこいいんだが、しゃべらせるとものすごく
独自の世界観があって凡人にはついていけない(?!)
一度ご覧になってみてください。(それでも薦めるひと・・・笑)
posted by Ageha at 14:55| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music・(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 作詞をする場合「韻」を踏むって言うのはやっぱお約束みたいね。
古今東西みなさん韻の踏みまくり(笑)

もう20年くらい前に大阪駅でのミッドナイトライブに特別出演して
リズムボックス一つで「コンプリケイションシェイクダウン」と「99ブルース」を歌ったっていうの覚えてる?

どこか探したらビデオテープがあると思うんだけど(笑)
Posted by しんちゃん at 2008年11月29日 05:37
しんちゃん、どうも。
20年前ですか〜。しかもビデオテープ。(笑)

大阪駅でのライブだったら
かなり近くで見れたんだろうな〜。いいな〜・・・
うちは18〜20歳の頃に
厚生年金会館とか、京都会館へ
よくライブを見に行ってました。

韻を踏むのはわかるんですけどね、
桑田さんにしても、佐野さんにしても
意味不明な英語が入る。
右脳では理解できても、左脳ではハァ〜?っていうような。
たとえば「ガラスのジェネレーション」なら
女の子をプリティーフラミンゴ、
男の子をミッドナイトカンガルーですから。(笑)
Posted by Ageha at 2008年11月29日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。