2006年05月10日

HEAVEN/メビウス ・Janne De Arc

音楽ネタ怒濤の3連発ラストはコレ。
そういえば、今日発売だったなと。

icon
icon
(↑クリックしていただくとTSUTAYA Onlineにアクセスします)

バンド結成10周年・・・ですか。
地元の人やなんて知らなくて、聞き始めたのも「月光花」から。
ファンの人からしたら帰れ〜って言われそうですが。(笑)
コレも「振り向けば・・・」同様両A面で
どちらのDVDがついてるかでジャケットが違う。
歌のみのものと3種類でてるはず・・。

この前の土曜の深夜、「HoLic」を見るのに起きてて
そのままつけっぱなしにしてたチャンネルで
エイベックスの音楽番組がはじまって
なんとなく見てしまった中にジャンヌの特集があって
このシングルのPV撮影裏話なんかをやってた。

HEAVENはビキニのおねーさん20人くらいに囲まれて
ウハウハしてましたね。
いや〜10代後半〜20代前半の女の人がいるだけで
こんなにテンションあがりますかね〜ってそれじゃ
オジサン丸出しでしょ〜?!
アニメとのタイアップソングだから今度はファン層の
低年齢化を狙ってる?!
これから夏に向けてノリノリのチューンですよぉ〜。

メビウスのほうは、ブルースクリーンの前で演技するのも
一人づつバラバラに撮影するのも初めてだったようで
けっこうとまどったらしいです。
でも幻想的モノトーンのプロモに仕上がってますよ。
着うたサイトのCMで流れてるから見た人もいるのでは。
彼らのサイトでも見れますのでどうぞ。
http://www.janne.co.jp/

そうそうこのyasuの声もバトンに入れ忘れた一人でして。

泣きのジャンヌといわれるくらい、バラードがよいです。
それでいてあの声は疾走感のある曲だとすごく気持ちいいハイトーン。

でも、「月光花」からジャンヌにはいったひとは
間違いなくその世界観にびっくりするだろうなという・・・。
イジメ、自殺、虐待、・・・けっこう取り上げるテーマが重くて
そのダークな世界にアングリしてしまった記憶。
米米と別の意味で、万人ウケするシングル曲と
アルバムの中の世界にものすごいギャップがある。
娘が友だちから借りてきた昔のアルバムは
一元さんおことわりの雰囲気だった。
・・というか同じ傷を持つもの同士が聞く歌という気がした。
オジサン、オバサンがとっつきやすい歌と
アルバムの中の個性的な歌と、どちらも込みでジャンヌなんですけどね。


posted by Ageha at 14:54| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music・(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。