2010年08月11日

バチュラパーティの落とし前。(爆)〜「ハングオーバー!消えた花婿と史上最低の二日酔い」〜

ハングオーバー.jpg

実はこの映画もう2月の段階でサンプルを見ていて
記憶はかなりおぼろ。
でもあえて書くのは、
映画ってやっぱり予告が大事なんだな〜ってこと。
何の前ふりもなく、なんの予備知識もなく映画を見るのは
これが初めてだったので
あとで、ほかの映画を見たときに
当然「ハングオーバー」の予告編を見たわけだけど
見たいと思わせる何かをちゃんと当然作ってくるわけで。
それが時として
予告と中身がちゃうやんけ〜〜〜ってことにもなるんだけどね。
この映画にこういう予告をつけたのか〜って
関心してみてるのも初めてだった。


・・・う〜ん個人的には
ものすごいスターを使ってないからどうも地味で
確かに笑えるんだけど、あともうひとつ
目の保養がしたかったなと(コラコラコラ・・)
それは映画の評価ちゃうやん、好みの問題やん・・・(爆)




あたしゃ〜そもそも「バチュラパーティ」ってやつが
フザケンナコノヤローなわけでして。

Agehaさん、そこ怒ったら話すすみませんてって
DVDを見せてくれたひとは笑ってましたけど、
女性としてどう思います?
これから結婚しよってときに
まるで人生の墓場に入る前にハメはずそうぜ〜〜〜
もうこんなこと一生できないぜ〜〜って
野郎ばっかでハチャムチャな時間を過ごすってどうなん?
そらオンナ遊びは勘弁してほしいですが
ギャンブルくらい程度の差こそあれ別にしたっていいじゃん。
野郎が集まって遊びに行くって別に結婚してからだって
できるじゃん、隠れてだっておおっぴらだってするでしょ???

・・・男性諸君からはそうじゃないってって
つっこまれそうですけどね。

まあとにもかくにも、
まだ独身だから今のうちに彼女抜きで
オトコ同志遊ぼうや〜〜ってラスベガスへ繰り出した。
繰り出したはいいが、冒頭の乾杯のシーンで
義弟がお酒にドラッグを混ぜたからさあ大変。
全員酔ったあとの記憶が吹っ飛んだまま朝を迎えると
バスルームに虎がいるわ、知らない赤ちゃんはいるわ、
そして花婿がマットレスごと消えて

え〜〜〜〜!!!!!

記憶を手繰り寄せながら友達探してあたふたするオトコ3人
しかも赤ちゃん連れて。
さて無事に結婚式までに全員揃って帰れるのか?!というお話。

バチュラふざけんな〜〜ってな目で見てますから
ザマミロ苦しめ苦しめとかドSな感覚で笑ってましたね。
少しは懲りたやろ〜〜って。(むっちゃ斜め目線です)

しっかし、どうでもいいですが
これだけ暴れて何も覚えていないって
・・・お酒ってコワイですね。気をつけましょうね〜〜。

PS:でもしっかり証拠写真が残ってるエンドロールは必見。
ホンマむちゃくちゃやわ〜〜。
たしかに結婚前やないとこんなこと出来ないだろうね〜〜(笑)




posted by Ageha at 01:37| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギャグの面白さもさることながら、私はこの馬鹿が出来る男友達が
実に羨ましいやら頼もしいやら。
もちろんこんなハメ外しはそんなに出来ない、というより一生に何回
出来るのかって程度だと思うんです。だからこそ盛り上がる彼らの気
持ちが凄く良く解って♪
また義父さんが、ラスベガスに置いて来いみたいな、も〜ね、話が
わかるじゃな〜〜い!って言いたいですよ。
Posted by KLY at 2010年08月11日 22:22
KLYさん、どうも。

確かにね、ここまでバカができるのは結婚前だけだし
ここまでむちゃくちゃできる相手がいるってのはサイコーだ。

そうだね、ラスベガスに置いてこいってセリフは
かっこよかったな〜♪

・・・う〜〜でもやっぱり納得いかんぞぅ・・(まだいう?)
Posted by Ageha at 2010年08月16日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
Excerpt: 主演俳優の知名度が足りず日本ではDVDスルーになる予定だったが、ファンの熱心な後押しもあり劇場公開が決定したというコメディ映画だ。出演は『ニューヨーク、アイラブユー』のブラッドリー・クーパーとジャステ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-08-11 02:01

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
Excerpt: 製作費が約3500万ドルというメジャー系の平均製作費の半分以下で制作され、 スター俳優が出演していないのにも関わらず、公開後、北米でアメリカ歴代 コメディー映画史上最高の興収を叩き出したコメディ映..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-08-15 01:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。