2010年07月20日

角砂糖で捕まえてはいけない。(違)〜「借りぐらしのアリエッティ」〜

人間に見られてはいけない・・・って

いきなり見られとるやんけ。(笑)

Agehaはもう妖精とか小人とかこういうファンタジーは
むっちゃ大好きなんで
もうこの世界観からしてメロメロなんですね。
トトロを思い出すかのような自然にかこまれた空気のええとこで
美しいガーデンで。

Arrietty's Song(借りぐらしのアリエッティ・主題歌)
Arrietty's Song(借りぐらしのアリエッティ・主題歌)セシル・コルベル

おすすめ平均
stars『静か』で『流れる』ような…だけどポップソング
stars映画公開前、「路線変更?」の感を匂わせる映画BGM
starsジブリに新しい風
stars不思議な世界へ・・・おすすめです!!
stars軽やか&爽やかな曲

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このうたもフルははじめて劇場で聞いたんですが
とってもいい感じ。BGMの音楽もハマりました♪

心臓の手術を控えて静養にきた少年と
小人の少女アリエッティのふれあいを描いた94分。

予告を毎日みながら原作本並べてたら
ただでさえジブリ好きなのに
そらもうソッコーで行ってきました♪
床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)メアリー ノートン ダイアナ・スタンレー

岩波書店 2000-09
売り上げランキング : 37

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
野に出た小人たち―小人の冒険シリーズ〈2〉 (岩波少年文庫) 空をとぶ小人たち―小人の冒険シリーズ〈4〉 (岩波少年文庫) 川をくだる小人たち―小人の冒険シリーズ〈3〉 (岩波少年文庫 (064)) 小人たちの新しい家―小人の冒険シリーズ〈5〉 (岩波少年文庫) The Borrowers Afloat


ポットから落ちる1滴のお茶でカップがいっぱいになる、
シソやローリエの葉が一枚で一年使えるとか
ホッチキスの針、両面テープ、カーテンフック、使ったあとの糸まき
待ち針を武器に、クリップを髪留めに
それをそこでそう使うんだのミニマムな世界にも
満足満足・・・。



宮崎駿好みなんですかね〜、
ムーンみたいにもネコバスみたいにもみえる、
ネコのニーヤ。

このこが
ラストになかなか重要な役割を果たします。


人間の家から
生活に必要なものを少しだけ借りていく、
人がねむりについたあと、こんなふうに
ちっちゃな大冒険が繰り広げられてるって
想像するだけで楽しい。
子供がベッドタイムストーリーに聞いたら
楽しい夢が見れそうなおはなし。

当然見つかったことでもってそこに住めなくなって
引っ越していくわけですが
人間は危険だと決め付ける親世代の慎重さも必要だけど
子供世代の小人たちは勇敢で柔軟で
今置かれている状況に応じて生きていく力強さがある。
またそれがないとおそらくは生きていけない。
アリエッティは、翔を信用し、協力してもらって
さらわれた母親ホミリーを救出に行く。
それはとっても勇気のいること。
でもサバイバル能力がなけりゃ彼女たちは
文字通り滅び行く運命をたどる。
彼女のような行動ができればもしかしたら
小人たちはまだホントにどこかにいるかもしれない。
・・・そんなことを思わせてくれた。

そして彼女の生命力や勇気が
翔の心をも動かしていく。
生きようとする力をもらって、彼の表情がどんどん
変わっていくのが朝日とおなじくらいキラキラしてた。

小人に限らず、何か珍しいものキレイなもの、
そばにおいて自分のものにしたくて
閉じ込めちゃいけない。
そうやって人間のわがままで死んでいった滅んでいった
生き物はきっとたくさんいて、
そんなことまで考えさせてくれるような話で
ホントに子供にみせたい映画だなって思ったわけで。

でも、サンタを信じるような純粋な子供たちって
好奇心でもって
家のあちこちに角砂糖置いたりして(爆)

でも会いたいね、小人さん。(笑)

posted by Ageha at 00:00| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(33) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニーヤ可愛いよニーヤ♪
あの目がジブリ作品ぽくて、コワカワイイのです。^^
そうそう、お茶が一滴づつとかって重要なんだよね、要は人間の世界を縮小したんじゃなくて、あくまでも世界は人間の世界、小さいのは小人さんだけ。こういう細かいところをキッチリ描いてるから、小人目線の“借り”がしっかりアドベンチャーになる。決して派手じゃないし、テーマもとっても簡単だけど、シンプルで素朴で情緒豊かな作品で、大切にしたい作品になりました。^^
Posted by KLY at 2010年07月20日 01:00
こんばんは。
映画を観た後、揺れる草むらに小さな影をつい探してしまう自分に気づきます(笑)案外、小さな子供よりも大の大人の方が信じたいし、入り込みたいような世界観なのでは〜と思いました。
ジブリの絵って良いですよね〜
東京でやってるアリエッティの居住空間等再現してる企画展、行きたくなりました。
Posted by Ray at 2010年07月23日 03:08
 今夜も日テレ系でトトロが放送されるけど、トトロがあれだけ日本家屋での日本の田舎を表現してたのに、これはその家の中は外国だったね(笑)住民は日本人・・・って、ハルさんだけが日本人だったかな?(笑)

 まあディテールにこだわった映像と素晴らしい効果音だったけど、もうすこしだけハラハラドキドキしたかったかも。せっかくの初めての獲物を使って、ゴキなりネズなりと戦ってもよかったんじゃ?(笑)
Posted by しんちゃん at 2010年07月23日 08:07
KLYさん、どうも。

ホミリー、若さがない〜〜(わわわわわ)

・・・それはさておき。(笑)

最近どうもジブリのキャスティングする声優の声
妙に気になりませんか?
キャラにハマった声を出してくれないっていうか
キャラよりも吹き替えをしている人の顔のほうが
前に出てしまうというか・・・。
うまい下手っていうんじゃなくて、今回はどうも
主役のアリエッティ以外は俳優さん本人のオーラのほうが
目立っちゃった気がします・・・。

あまり波のない物語なので
そのへんはもの足りなさを感じるかもしれませんが
音楽がいいし、絵もきれい。
そもそも小人の暮らしぶりと借りるための「狩り」と
物の使い方のアイディア、その辺で十分私は楽しめました。
Posted by Ageha at 2010年07月24日 02:16
Rayさん、どうも。

ダンナが単身赴任してたころ、1日遅れで
スカイクロラの戦闘機を見損ねたことがあります。
むっちゃ悔しかった・・・。
いいな〜東京・・・・・。

三鷹にはいきましたよ♪
あそこへはもう一度行ってみたいですね〜。

・・・子供がみたらこの映画って
借りてるいうけど、あきらか盗んでってるじゃんって
みもふたもないこと言いそうだから(笑)
大人が見てほのぼのするファンタジーかもしれませんね。

無条件にサンタを信じちゃう子供とはまた違った目線で
こういうのが身近にいてくれたらいいな、っていう期待とか想像とか
そういう目線で見れる映画だったかと思います。
Posted by Ageha at 2010年07月24日 02:22
しんちゃん、どうも。

そだね〜、ジブリに出てくる女の子たちってみんな強いから(笑)
借りに行く途中でネズミとかそれこそゴキちゃんとかと
バトルやるのかと思ったんだけどな。(コラコラコラ)
初めての獲物は結局あそこでしか使わなかったのは
ちょっと寂しいね。

もともと海外小説だから、
ドールハウスがおっきくなったような家に
人間も住んでるのだろうし(違)
舞台を日本に移して小人だけがガイジンで(違)
原作のイメージとは若干違うかもしれませんが
でも、アリエッティって名前はとってもいい響きだと思いますよん。

久しぶりにトトロ見てた。
いつまでたっても色あせないアニメがそこにあった。
古さなんてこれっぽっちも感じない映画。
何回見ても、ストーリーわかってても何度でも見てしまうもんって少ない。
そのクオリティを保つ戦いってむっちゃ大変だから
どうしても人の目は厳しいですね。


Posted by Ageha at 2010年07月24日 02:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『借りぐらしのアリエッティ』
Excerpt: 注・内容、少しラストに触れています。主題歌を歌うセシル・コルベルのミニライヴ、監督らの舞台挨拶付き試写会(7月2日大阪)で『借りぐらしのアリエッティ』(脚本・宮崎駿、監督・米林宏昌)を見た。 ぼくは、..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2010-07-20 00:04

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: 原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-07-20 00:52

「借りぐらしのアリエッティ 」生存競争の先にみたアリエッティとの共存に理解した少年と理解なきおばさん
Excerpt: 7月17日公開の映画「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞した。 この映画はスタジオジブリ最新作品で、 家の下に暮らす小人たちが人間に見つからないように 食料などを借りながら暮らしていたが ある..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2010-07-20 05:17

『借りぐらしのアリエッティ』(2010)
Excerpt: スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたの..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2010-07-20 20:57

映画『借りぐらしのアリエッティ』(お薦め度★★★)
Excerpt: 監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。
Weblog: erabu
Tracked: 2010-07-21 05:41

『借りぐらしのアリエッティ』
Excerpt:     □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-07-22 21:35

映画:借りぐらしのアリエッティ 今、この物語を映画化する「意味」とは。
Excerpt: 当ブログでは、通常ネタバレしないように最大の配慮をしているつもり。 なのだが、今回に限ってはラストにふれることで、この映画の価値について論述したいので、あらかじめ。 【以下、ネタバレ】 ラスト、..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2010-07-23 01:58

借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers)
Excerpt: アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なア..
Weblog: yanajun
Tracked: 2010-07-23 02:36

〈映画〉借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: 公開日初日。朝イチで早速観てきました♪◆内容(「allcinema」より)とある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリスで出..
Weblog: Crescent Moon
Tracked: 2010-07-23 02:50

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: 梅雨明けしてしまった夏本番。今年もジブリ作品を観ることが出来て良かった(^.^)
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2010-07-23 06:40

映画「借りぐらしのアリエッティ」(2010年、日)
Excerpt:     ★★★☆☆  英児童文学『床下の小人たち』を スタジオジブリがアニメ映画化。 郊外に住む叔母の西洋館風の屋敷に、 病気療養にやってきた少年、翔。 屋敷の床下には、 人間が使うものを少しだけ借り..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2010-07-23 07:38

借りぐらしのアリエッティ (2010) 94分
Excerpt:  掟破りを期待したんですが(笑)
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2010-07-23 08:09

『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか?
Excerpt:  ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-07-23 08:23

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: 飽きのこない「あっさり爽やか味」  
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2010-07-23 10:13

映画<借りぐらしのアリエッティ>
Excerpt:   早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>!   ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言って..
Weblog: 美味−BIMI−
Tracked: 2010-07-23 11:48

映画「借りぐらしのアリエッティ」童話の本を開いてみると
Excerpt: 「借りぐらしのアリエッティ」★★★★ 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林 声の出演 米林宏昌監督、94分 、2010年7月17日公開、2010,日本,東宝 (原題:原作・床..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-07-23 19:53

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-07-23 22:45

『借りぐらしのアリエッティ』・・・夏の草花、角砂糖・・・そしてノイチゴの実
Excerpt: 深い緑と色鮮やかな夏の草花たちが織り成す美しい風景、そしてそこに息づくジブリらしい表情豊かなキャラクターたち。ストーリーに特別なインパクトはないものの、こじんまりとまとまった愛らしく優しい作風はとても..
Weblog: SOARのパストラーレ♪
Tracked: 2010-07-24 00:28

借りぐらしのアリエッティ 感想 〜これは小人と人間の物語〜
Excerpt: 2010年7月17日公開『借りぐらしのアリエッティ』観てきました。 ネタバレになりますのでまだご覧になってない方はご注意を。
Weblog: サイネリア〜わたしのひとりごと〜
Tracked: 2010-07-24 00:39

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: “とりあえず”ジブリなので『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。 ★★★ 美しい緑が映えまくる外、家の中の家具、小人の世界のギミックな構造と書き込まれた世界が素晴らく、音楽と相まっていつものジ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2010-07-24 02:37

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2010-07-24 08:22

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: メアリー・ノートン著『床下の小人たち』を原作にアニメ化したファンタジーです。 原作を読んだこともあったので、この物語をどのように映像化したのか楽しみにしていました。 爽やかな風とささやかな希望を感じる..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2010-07-24 11:27

「借りぐらしのアリエッティ」
Excerpt:  昔、「小学一年生」という学習雑誌に「わんぱくミューたん」という小人が主人公の漫
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2010-07-24 23:32

「借りぐらしのアリエッティ」:小滝橋車庫前バス停付近の会話
Excerpt: {/kaeru_en4/}忘れ物があったら、こういう遺失物取扱所に来れば見つかるかもな。 {/hiyo_en2/}角砂糖ひとつでも? {/kaeru_en4/}角砂糖ひとつじゃあ、忘れ物にはならない..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2010-07-24 23:45

借りぐらしのアリエッティ・・・・・評価額1600円
Excerpt: 二十一世紀に入ってからのジブリ作品で、一番好きかも。 タイトルロールの「借りぐらしのアリエッティ」は、古い屋敷の床下にひっそりと暮ら...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2010-07-24 23:53

【借りぐらしのアリエッティ】また会えると言う希望
Excerpt: 借りぐらしのアリエッティ 監督: 米林宏昌    出演: 志田未来、神木隆之介、三浦友和、大竹しのぶ、樹木希林     竹下景子、...
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2010-07-25 02:53

『借りぐらしのアリエッティ』
Excerpt: ----これってジブリ の新作だよね。 監督の米林宏昌って初めて聞く名だけど…。 「そうだね。彼はジブリ最年少、37歳の監督。 『崖の上のポニョ』でフジモトの部屋から金の水魚に乗って 地上にやってくる..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2010-07-25 10:12

「借りぐらしのアリエッティ」 小さな小さなアリエッティが持つ大きな大きな生命力
Excerpt: スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2010-07-25 19:12

借りぐらしのアリエッティの感想 〜宮崎駿に潜む人間への絶望感〜
Excerpt: 昨日、借りぐらしのアリエッティを見てきました。 映画館の入り状況ですが、客は120人収容ぐらいの会場に半分ぐらい埋まった感じでした。男女比の割合は女性6、男性4の割合でしょうか...
Weblog: アニプレッション!!
Tracked: 2010-07-25 19:48

『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC
Excerpt: こちらも行きました『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-07-25 19:58

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt:  たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-08-08 08:36

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作 アニメ制作はご存知スタジオジブリ 主演ふたりはドラマ探偵学園Q以来の共
Weblog: 単館系
Tracked: 2010-09-16 21:55

映画:借りぐらしのアリエッティ
Excerpt:  観たのはだいぶ前なのですが記事にする時間がなくてようやくのアップです。今回は借りぐらしのアリエッティです。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-09-19 21:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。