2010年05月06日

ぶっきらぼうな武蔵とキャピキャピな小次郎。〜「武士道シックスティーン」〜

武士道01.jpg
武士道シックスティーン (文春文庫)
武士道シックスティーン (文春文庫)
文藝春秋 2010-02-10
売り上げランキング : 1008

おすすめ平均 star
star熱いっっっ青春!!
star爽やかな読後感
star16歳の武士道。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



幼い頃から剣道一筋にストイックに生きてきた香織が
たった一度だけ中学時代に負けた試合があった。
その屈辱がどうしても忘れられず
それだけのために彼女のいる高校へ編入してくる。
ところがその相手早苗はどう考えても
何で自分が負けたのか理解できないほどにへっぽこに見えた。
こっから彼女は
早苗を強くしてインターハイで優勝するんだと言い出す。
強いのはいいが協調性のない香織と
剣道好きなの〜でやぁ〜♪ってやってる早苗が
さてどうなっていくのか。
・・・まあこんなとこですかね?

鳴海璃子ちゃんも北乃きいちゃんも大好きなので
単純にそれだけで満足。キャストに関してはね・・・。
彼女たちのボケツッコミとしかいいようのない
ええコンビのやりとりは見ててほほえましかったです。

busido02.jpg
原作では日本舞踊から剣道へ転向して
独特の足裁きをもつ・・・ことが早苗の強みであることが
書かれているそうですが、
映画では正直逃げまくりなんですね。
勝てない、でも負けたくない。
もうそれを試合でもって全身で表しちゃってて。
まるで卓球のカットマンです。
相手がイライラして平常心じゃなくなったとこへ
渾身の一本でもう
ホント気持ちよく決めちゃう。
まぐれでそんなこと何度も出来るわけないですから
やっぱり素質はあったんだと思いますね。

香織は確かに強いです。
でも、香織に足りないもの、欠けているものを
早苗が持っていて
なんというか、
へっぽこ小次郎に振り回されて
いわゆるフツウの女子高生の楽しみだとか
自分を応援してくれる、叱咤激励してくれるライバルを
みつけたことで彼女はまたひとつ強くなります。
そして豊かになります、心の鍛錬だったわけですね。(笑)

逆に早苗は今までお遊びでやっていた剣道が
ホントに勝ちたいと思い始めたときに
楽しくなくなっていきます。今までなかった
心の迷いを抜けることができたのは
多分香織がいたから。
それにしても、
あたしに負けたらクラブに戻れって
香織へ果たし状を渡すとこまで
強くなっちゃうんですね、こんだけ変わります。
この成長ぶりはすごい。
・・・いやそれよりも巌流島と名づけた丘の上で
まあ胴着もつけずにあんなふうに
面〜!だ、胴〜!!だってむちゃくちゃっしょ?(笑)
ホンマ真剣勝負。痛そう〜〜〜〜。

あくまでも香織と早苗を対比させて
この二人がいかにして宿命のライバルになっていったのか
そこをピンポイントで描いた・・・気がします。

この二人の凸凹さが真剣に剣道に取り組んでいながらも
笑える部分がいっぱいあって楽しかったんですが
けっこう心理描写ムシで全力疾走してしまった感が
あったかな?
タラタラ描くよりも女子がエイヤーやってるだけで
いいっちゃいいんですけどね・・・。
読んで見に行くと若干物足りない?

posted by Ageha at 14:46| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Agehaさん、こんばんは!

僕も先に原作を読んでいたので、少々もの足りなかったです。
早苗の日本舞踊はけっこう彼女の強さの秘密だったので、触れてほしかったなあーとか。
とはいえ、二人が可愛かったのでそれで満足してしまったりもして(笑)。
Posted by はらやん at 2010年05月12日 21:37
はらやんさん、どうも。

映画のあの感じだと、とても早苗が強いようには見えなかったんですね。
単なるビギナーズラックと度胸、
確かにあの場でその一手を打つだけの平常心があったのは
すごいことですが。
だもんで、小説をはしょるにしても
その片鱗みたいなのはやっぱりちょこっといれてほしかったなと。
あるいは、香織が開花させたようにちゃんともってってほしかったなと。

ただ、二人とも好きな女優さんなんで
ヤー!っていっしょうけんめいやってるだけでもう
顔がほころんじゃってオバチャンは母の目で見てました。
かわいい〜って。(爆)
Posted by Ageha at 2010年05月21日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『武士道シックスティーン』(2010)/日本
Excerpt: 監督:古厩智之出演:成海璃子、北乃きい、石黒英雄、荒井萌、山下リオ、高木古都、賀来賢人、波瑠、古村比呂、堀部圭亮、小木茂光、板尾創路公式サイトはこちら。<Story>厳...
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2010-05-11 03:47

武士道シックスティーン
Excerpt: 誉田哲也著の同名小説を映画化した青春ドラマです。 成海璃子さん&北乃きいさんの二人が並んだチラシを観た瞬間、観たい〜!と思っていました。 剣道への通して自分を見つめなおす主人公たちの、気合の入った掛け..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2010-05-11 12:38

武士道シックスティーン
Excerpt: 誉田哲也原作の同名人気小説を映画化。16歳の女子高生2人が剣道を通して成長していく姿を描いた青春スポーツドラマだ。主演は『罪とか罰とか』の成海璃子と『ハルフウェイ』の北乃きい。共演に『彼岸島』の石黒英..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-05-11 16:51

武士道シックスティーン
Excerpt: 誉田哲也の剣道少女を描いた青春小説を、「ロボコン」「ホームレス中学生」の古厩智之監督が映画化。主演は成海璃子と北乃きい。幼い頃から...
Weblog: 単館系
Tracked: 2010-05-11 23:42

武士道シックスティーン
Excerpt: 誉田哲也の同名ベストセラーを映画化した青春スポーツドラマ。 性格などが対照的な二人の女子高生が剣道を通して出会い、お互いを通して 成長していく姿を描く。 主演の二人の女子高生を『幸福な食卓』『ハル..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-05-11 23:48

「武士道シックスティーン」 原作ファンとしてはちょっともの足りない
Excerpt: 原作はずっと前に読んでいて(こちらその記事→)。 そちらでも書いていたのですが、
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2010-05-12 21:31

成海璃子×北乃きい。ふたりのヒロイン。「武士道シックスティーン」
Excerpt: おめ〜〜ーーーっん!!いきなり凄い形相で始まる「武士道シックスティーン」この始まり方はかなりビックリしたぞ〜そして、あきらかに逃げ腰の対戦相手。もはや勝負は見えたかに思った矢先の・・・!「神童」成海璃..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2010-05-23 17:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。