2006年03月14日

失われた時を求めて〜「Love Letter」〜

コレは彼氏が不在のラヴストーリー。
・・渡辺博子と藤井樹の間で不思議な文通が交わされていくなかで
映画には登場しない、大人になった藤井樹のキャラまでも浮き彫りにしていく。
・・・色分けしたのは、ややこしいんだけど
同姓同名で中学3年間を過ごした「二人の樹(いつき)」の
物語を回想するお話だからなんである・・。
Love Letter
Love Letter中山美穂 豊川悦司 柏原崇

キングレコード 2001-03-07
売り上げランキング : 5,044

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
四月物語
PiCNiC
FRIED DRAGON FISH
はつ恋



いまどきの子はどうだかわかんないんだけど、
好きな女の子の名前をノートに書くとか
あるいは好きな子の苗字を重ねてひとり照れてみるとか
そういうのなかったですか?

ところがこの二人の場合は名前がまったく同じなんで
彼女はそれが愛の告白だとは気がつかないまま
彼の突然のひっこしでもって幕を閉じるのである。
図書カードに書かれた「藤井樹」の名前を5枚差し出して
「藤井樹ストレートフラッシュ」と突き出す彼は
嫌がらせやイタズラじゃなくってホントはマジだったんだけど
・・裏を返せば振られてもごまかせるわけで
それに対して何の説明もせず、また彼女もおもっきり鈍感で。
いやなことも多かった、さんざん冷やかされた、
でもかかわった分だけ逆に
気になる存在だったのに・・・。

文通のラストのほうで実はすでに彼がなくなったことを
知らされるんだけど、ホントは渡辺博子が
亡くなったフィアンセに対する気持ちの整理をするために
天国へ送ったはずの手紙は
現在の藤井樹の手元へ
中学当時の彼の届かなかった思いを載せて
後輩の図書部員の手で届けられる。
図書カードの裏に描かれた藤井樹のイラストは
何より彼が彼女のことをどんなに見つめていたかを伝えてくれる。
ホントは引越し前に彼女に
「返し忘れたから戻しといてくれよ」って
おしつけた本の図書カードに書かれてたラブレターだったんだけどね。

・・う〜ん・・切ないけどやっぱうれしい・・かな。


雪の上で時を止めてしまったトンボのように、
愛する人の存在はいつまでも鮮やかに残るのだろう。
博子の心にも、樹の心にも・・・。

お元気ですか?私は元気です・・・。

なんでもないこの言葉が最後にとんでもなくドーンときます・・。
posted by Ageha at 23:40| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(7) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ読んで、先日見たのを思い出して、グッと、来ました。要約力がありますね(^^♪
Posted by らふぃん at 2006年03月21日 21:39
らふぃんさん、ようこそ。
大好きな映画の1本です。
岩井監督の映画を見始めるきっかけにも
なったし。

ちょうどこの日は娘の中学の卒業式でして。
ホワイトデーでもあったし、
なんとなくリンクさせてみたんですけどね。
・・さてバレンタインのお返しはどうなったのかな。こういうことは
言うてくれへんからな〜。(笑)
Posted by Ageha at 2006年03月22日 10:03
TBありがとうございます。
「藤井樹ストレートフラッシュ」彼にしかできない微妙な告白でしたよね。
青春時代は特に、照れ隠しのためにやってしまいそうなことです。
岩井作品の青春ドラマでは「花とアリス」「リリィシュシュ」などありますが
こういったひとつひとつの細かい「あるある」が
岩井作品の魅力の根幹のような気がします。
Posted by GAKU at 2006年11月11日 09:44
GAKUさん、どうも。

岩井作品ではあと「打ち上げ花火・・」も
このブログで紹介しましたが
この3つですっかり岩井俊二の世界に
ハマっちゃった口です。(笑)
アリスは微妙でしたけど、
蒼井優ちゃんのバレエシーンだけが妙に
印象に残ってて、
この時の彼氏役だった男の子が
つい最近みた「夜のピクニック」に出てきて、
キャ〜もんで喜んでました。

ひとつひとつのエピソードはそんなにたいしたことじゃないけど
身近な分だけ人はその世界に入っていきやすい気がします。
そのお話に、
ちょっとした偶然やファンタジーを足すと
こういう胸キュン映画になるんでしょうね。
Posted by Ageha at 2006年11月11日 12:05
TBありがとうございました。
早稲田松竹という映画館で丁度この作品と「スワロウテイル」の2本立てがやってて見に行ったんですけど、本当に見てよかったです。
Posted by TM at 2007年07月13日 15:44
TMさん、ようこそ。
バリバリの大阪弁でアホばっか書いてる
ブログでございますがどうぞよしなに。

高校の頃から結構友達の影響で映画は見てたんですが
就職して一時期離れてて
ブログを始めてから一気に
劇場へ足を運ぶ機会が増えました。
もっとも映画ブログさんたちの
足元にも及びませんが。(笑)

最近のだと岩井俊二テイストの
「虹の女神」もオススメ。
監督ではないですが
製作に関わってるからか
雰囲気というか撮り方が似てますよ。
Posted by Ageha at 2007年07月13日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Love Letter |中山美穂
Excerpt: Love Letter出演:中山美穂 /豊川悦司 /柏原崇 /加賀まりこキングレコード発売日 2001-03-07神戸に住む渡辺博子は、2年前に山で死んだ恋人の藤井樹に宛てた手紙をポストに投函したが、..
Weblog: DVDを観よう!
Tracked: 2006-03-15 22:34

love letter
Excerpt: love letter★★★★★★★★☆☆ 8/10 出演: 中山美穂, 豊川悦司  監督: 岩井俊二 2001/03/07  岩井俊二はリリイシュシュシュの監督ですね。この人好きかも。   中..
Weblog: 読書&映画メモ
Tracked: 2006-03-21 21:48

『 Love Letter (ラブレター) 』
Excerpt: 映画 『 Love Letter (ラブレター)  』 [ DVD鑑賞 ] 1995年:日本 監 督:岩井俊二 脚 本:岩井俊二 [ キャスト ] ..
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2006-06-03 04:26

Love Letter 〜 前に進めなくなった心を癒してくれる 〜
Excerpt: 〜 前に進めなくなった心を癒してくれる 〜 現在公開中の作品『虹の女神 Rainbow Song』でもプロデューサーを務める岩井俊二が監督として長編映画デビューを果たした記念すべき作品です。『ス..
Weblog: Prototypeシネマレビュー
Tracked: 2006-11-11 09:35

TAKE 33「Love Letter」(1995年)
Excerpt: 第33回目は「Love Letter」(1995年)です。 この作品は岩井俊二さんが監督・脚本・原作を務める岩井俊二さん自身の 映画デビュー作です。岩井俊二さんの監督作品及び脚本作品を..
Weblog: 映画回顧録〜揺さぶられる心〜
Tracked: 2006-12-09 00:54

(今日の映画)Love Letter
Excerpt: Love Letter (1995/日)
Weblog: Kozmic Blues by TM
Tracked: 2007-07-13 15:50

Love Letter(1995) ふたたび
Excerpt: 何度も観てる作品だけど… テレビ画面がさらに大きくなったのを機、また改めて、鑑賞するだに胸キュンやはり、岩井俊二、ある時期(特に思春期の少女)特有の空気やきらめきを表現させたら、絶品ですね。初めて、こ..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2014-08-04 17:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。