2010年03月18日

オスカル以登と名探偵才助。〜「花のあと」〜



動画まで引っ張ってきてしまいました。
先月映画原作本コーナーでコレと同じものを売り場で流していて
一青窈の主題歌も印象的で
ものすごく見たかったんです・・・。
北川景子主演で時代劇・・ってのは
正直不安もあったんですが何が惹かれたかってもう
コレでしょ?花のあと02.jpg
このオスカルぶり(違)
武家の娘に生まれ、家督を継ぐことを期待され
父はオトコであったならと
ほんの一瞬であれ顔を曇らせたといいますが
しっかり剣の道を究めてしまい
強すぎて誰も近寄れない高嶺の花となりまする。
花のあと.jpg
この宣伝ポスターの彼女はとても美しいですが
正直この顔よりも
胴着に着替えた彼女の凛々しさが一番の見所かと。
それはそれはかっこよかったです。
このギャップはいいなずけの片桐才助にもあてはまります。
ビジュアルではなくて内面の変身といいますか
実はね・・って部分で以登はもちろんのこと、
おそらくはこの映画をごらんになった方のほとんどが
むっちゃええひとやんか〜〜って感想を持たれると思います。
またしても惚れましたっ。
(・・・だからそのひとことは誰も聞いてないってば)

花のあと03.jpg

てっきりかっこいい復讐劇かと思ってました。
ちゃいましたね、
コレは以登が本当の愛に気がつく話。
無理やり親のきめたひとと結婚させられたはずが
ちゃんと夫婦の気持ちが通いあって
実はうまくいったんやでというお話。
・・・切ない恋物語として孫四郎との思い出を
年老いた以登が回想する形をとっていますが
しっかりおちつくとこへおちついています。
もっともたまたま才助がええひとやったからよかっただけでと
言うてしもたら、みもふたもないですけどね・・・。(笑)

自己主張も自由結婚もない時代です。
どんなささいなことで恋に落ちるのかなんてのは
誰にもわからない。それはいつの世も同じかと思います。
あまりにもくど〜く、
一目惚れしてしまったシーンを繰り返すので
もうええって〜とは思いましたが(爆)
そこしかつながりがない以上、まあ仕方ないっちゃ仕方なく。

くどいといえば、所作の美しさはわかったけど
そないに何べんも見せんでもと・・・。
この辺が若干もたついたというか
もっとコンパクトにできたんちゃうんという・・・。

画像が持ってこれなかったのは残念ですが
歌舞伎役者の市川亀治郎さん。
悪役わかりやすっ(笑)
でもね〜、立ち振る舞いが美しいし姿勢がいいし
殺陣も腰が入ってるからかっこいい。
なんていうかオーラが違うから
時代劇でよく出てくるお前もワルよのう〜な
安っぽ〜い悪代官じゃないの。
うまく説明できないんだけど、にやりと笑っても
悪い事してても品があるというか(それどんなんやねん)

脇を固める柄本明さんと國村隼さんも
語りながら言葉にしてない部分の感情表現がうまいというか
言葉にならない言葉を演じてるとこがすごい。
で、コレを北川景子ちゃんもしてるのな。
黙して語らずの部分でまあ表情が訴える訴える。
今こんな気持ち〜ってのをちゃんと出してます。
どっちかいうと台詞回しが若干・・(自主規制・・・)

この時代、オンナばかりが我慢して耐えてるんだとばかり
思っておりました。
でもあながちそうでもないようで。
思うように生きられぬ、やりたい事を極められない、
それはオトコもまた同じ、
いや、いつの時代も同じなのかもしれません。
恋とて同じ。

才助ひとがよすぎます。
頼みごとをされた段階で以登の気持ちは
はっきりとわかっているはずで
それでもそこまでしてくれますか、
さらにやりたいようにさせて、そのフォローまでしますか。
すごすぎます。
最初のがさつさや大飯食らいのお尻タッチなんて
ぜ〜〜んぶ許せちゃいます。
単におおらかなだけじゃんと。
もともと関西人はおもろいひとが好きですから
あたしゃ〜最初からこっちがええワン♪(ホンマか〜〜?!)

人はみかけによらない。
にしてもええひとでよかったね、以登。
コレはコレで縁。親の決めた運命だけどラッキー。

桜ではじまり桜で終わる、古きよき日本が
いっぱいつまった作品。
堅苦しさはあるものの、
正直現代人がなくしてしまった美が
たくさんたくさんあったような気がします。

とにかく黙して語らず。コレにつきる作品でした。
みんながみんな思ってることみんな言うてしもたら
こんな奥ゆかしい、品のある作品には
ならなかったと思います。時代劇なんてまず見ないひとですが
この作品に関してはもう感動しまくりでした♪





posted by Ageha at 02:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(14) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

花のあと☆独り言
Excerpt: 久しぶりの時代劇です。しかも女剣士が主役。北川景子主演の『花のあと』原作は藤沢周平の『海坂藩大全』の中の短編のひとつ。たった一度竹刀を交えただけだった。そのとき以登が感じた想いは、たぶん恋だったのだろ..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2010-03-20 00:26

花のあと
Excerpt: 『蝉しぐれ』『たそがれ清兵衛』など数々の時代劇小説を生んだ藤沢周平の 同名短編時代小説を『青い鳥』の中西健二監督が『ハンサム★スーツ』の 北川景子を主人公に迎えて映画化。 女性でありながら幼き頃よ..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-03-20 18:21

『花のあと』
Excerpt: 「いまさらあたりまえすぎることだけど、 やはり映画は監督次第だね」 ----えっ。この映画って、そんな有名な監督ニャの? 「いや、まだそれほど有名ってわけじゃないけど…(汗)。 この映画は、ぼくのお気..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2010-03-20 22:17

『花のあと』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「花のあと」□監督 中西健二 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□原作 藤沢周平 □キャスト 北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、市川亀治郎、柄本 明、國村 隼、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-03-22 09:01

「花のあと」を観たあと
Excerpt: 大好きな藤沢周平原作ということで映画「花のあと」を見ました。goo映画より東北にある海坂藩。女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登は、一度だけ竹刀を交えた藩随一の剣士・江口孫四郎に、一瞬にして熱い..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2010-03-23 00:07

花のあと
Excerpt: [北川景子] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年20本目です。 【あらすじ】 女でありながら、男顔負けの剣術の腕を持ち、一度だけ竹刀を..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2010-03-24 09:01

「花のあと」
Excerpt:                                    「花のあと」 T・ジョイ大泉にて。 監督・中西健二 原作・藤沢周平 山田洋次監督の三部作「たそがれ清兵衛」「隠し剣、鬼の爪」「武..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2010-03-31 15:59

映画 「花のあと」
Excerpt: 映画 「花のあと」
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2010-04-03 12:23

花のあと、ネタバレありません
Excerpt: 一度竹刀を交えただけという宣伝がされているが、それに到るまでにはしっかりと物語がある。藩で一番の腕と言われる男性には負けたが、事実上の一番の剣豪である女性の活躍が描かれている。この映画の見所は、殺陣シ..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2010-04-03 20:01

「花のあと」
Excerpt:                                    「花のあと」 T・ジョイ大泉にて。 監督・中西健二 原作・藤沢周平 山田洋次監督の三部作「たそがれ清兵衛」「隠し剣、鬼の爪」「武..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2010-04-04 11:27

花のあと
Excerpt: 『花のあと』(2010年東映 107分)監督:中西健二 脚本:長谷川康夫、飯田健三郎 主演:北川景子 Official ▼ / Wikipedia ▼ /Kinejun▼..
Weblog: WEBLOG:e97h0017
Tracked: 2010-04-07 12:41

【映画】花のあと
Excerpt: ▼動機 期限付きの無料鑑賞券を使うため ▼感想 ダメな若手を支えきった甲本雅裕の底力に敬意を ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2010-04-12 21:47

花のあと
Excerpt:  『花のあと』を丸の内TOEIで見ました。  数寄屋橋近くにあるこの映画館の存在自体は知っていましたが、入るのは今回が初めてです。暇な時間ができたので、そんな映画館を開拓するのも面白いと思い、また久..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-04-14 05:03

10500「花のあと」★★★★★☆☆☆☆☆
Excerpt: 『蝉しぐれ』『武士の一分(いちぶん)』など数々の時代劇作品の原作者として知られる藤沢周平の同名短編小説を、『青い鳥』の中西健二監督が映画化。江戸時代の東北を舞台に、ひそかに思いを寄せていた武士が自害し..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2010-11-12 00:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。