2010年02月21日

みんなのうたと初音ミク(!)〜「まっくら森のうた」・谷山浩子

しっぽのきもち
しっぽのきもち谷山浩子

おすすめ平均
starsSINGER SONG WRITER
starsかわいくて、親しみやすい
starsしっぽのきもち
starsニャコとニャンピ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このアルバムの表紙をとりあげるのはコレで二回目かな。
「時の少女」につづく谷山さんのエントリなんですが
なんでこないにしつこく書くかというと
Twitter。(やっぱりそっちかい)
ちなみに谷山さんのはコチラ。
http://twitter.com/taniyama_
もちろんフォローしてます。
彼女のツイッターで「Dr.パルナサスの鏡」の話からなぜか
♪パルナ〜ス、パルナ〜スモスクワ〜のあじぃ〜♪と
話はあらぬ方向へ進んでしまって
しかもそのパルナスのCMの話を
TSUTAYAonlineのツイッターhttp://twitter.com/shop_TSUTAYA
のほうにワタシが書いてしまい
しばらく盛り上がってなんだかアハハハハで・・・。







過去にも 「エッグムーン」

「テルーの唄」

「てんぷら☆さんらいず」

「恋するニワトリ」

・・・とまあ、曲紹介をするでもなく
なんだかよくわからんエントリで
実は谷山浩子さんのうたは何度もとりあげてきました。
まるでオモチャ箱のそこから引っ張り出してきました感覚で。

一時期は胃薬のCMソング(爆)で「風になれ」だったかな?
歌ってました。それもはるか昔になった。
ここにあげたアルバム「しっぽのきもち」は
長女がうまれたばかりの頃ホントにエンドレスで聞いていた。
かれこれ20年以上前の話。
谷山浩子の歌はダークファンタジーだって
先日「時の少女」のエントリで書いたけど
このアルバムに関して言えば、ある意味異色で
可愛い部分と不思議な部分でまろやか〜につくられた
ぶっちゃけ怖さと毒は抜きました〜的な1枚。(わわわわわ)
ベビー雑誌に紹介されるアルバムがホラーじゃあかんでしょ。(笑)

で、話を戻しますが、
映画が字幕でないとやだ〜ってのと同じで
カバーってのは、もうそのひとの手を完全に離れた別物に
なってます。
ただ、今流行りの、あるいは今しかないものの手によって
それが復元されると
その時代のそれを聞いたひとにはきっと
その声で耳に残って次の時代へ流れていく。
ボーカロイド初音ミクはワタシはまったくついていけないが
ネット漬けになってるわが娘にとっては
超有名人でアイドルなわけで、
ニコニコ動画みてるひとで知らないひとはいないだろう。

時折娘が、自分がまだ生まれてない時代の歌を
やたら知っていてびっくりすることがある。
わたしゃ〜、基本、「今TSUTAYAのカウンターで聞いてました」な
歌しかカラオケで歌わんから(それもある意味極端だけどね)
Agehaにとっての古きよき時代のヒット曲とか
大好きだった歌を彼女は知るはずもないんだけど、
意外なところで意外な接点を見かけることがある。
もしかしたらこういうところからくるのかと。
ネットってスゲー・・・・。

谷山さんご存知でしたか〜〜。
と、またよびかけてみたくなったAgehaなのでした・・・。


posted by Ageha at 13:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Music・(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141780249

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。