2010年02月21日

遅ればせながらフィギュアの話・・・。

世の中はバンクーバーオリンピックで盛り上がってる。

・・・・すいません、自分の関心が
開会式と男女フィギュアにしかなくて。(わわわわわ)

男子フィギュア、SPもフリーもリアルタイムで見れなくて
後だしじゃんけん状態でありながら
テレビ見つつツイッターで散々しゃべってました。

いやもう〜小塚く〜ん!(そっちかい)
4回転成功おめでとう〜♪
結果が8位でも日本代表3人とも入賞って
やっぱり今回は最強メンバーだったんすよ。
しかも初出場で度胸だわん。
コレがメダルまでいったら
エキシビジョンで布袋さんは
オリンピックで生演奏してくれるんだろうか・・・
(さらにそれを期待してる自分てどうなん?)

ランピエールはSPでまさかの失敗失速だったけど
フリーで魅了してくれたし、
ジョニーウィアーのあのフリーの採点には
ワタシもブーイングだったけど
キス&クライでこれでもかと話題をかっさらった
「バラの王子様」(笑)
いや〜外人さんてなんて絵になるんだ。
ってかフィギュアの選手ってみなイケメンでもう・・・
(あ、やっぱりそっちかよ)

でね、金メダルとったライサチェックは
手足の長さに迫力、演技力抜群のノーミス。
4回転が飛べる事は確かにすごいことなんだろうけど
それだけじゃないんやでっていうのを
証明してくれたわけで。

コレ、真央ちゃんとキムヨナ対決でも言えるのだろうけど
技術ハイレベルの真央ちゃんに対して
ホンマ表現力のキムヨナなのよね、
トリプルアクセル連発してやっとキムヨナと張り合う
・・・とこまで厳しい対決になってしまってるのは
ひとえにキムヨナの演技構成点やら表現力を
みながむちゃかってるし、
ジャンプ、スピン、スパイラル、ステップっていう技の部分じゃなくて、
なんでもないつなぎの一瞬の表情だけで
魅了されちゃうとこあるからな〜って
・・・フィギュアは最近特に表現力が求められてる気がして。

決められた時間内に必要な技を入れて成功させる、
それはスタート地点のお約束でしかなくて、
同じ事やってんのに、メダリストとその他大勢が違うのは
それぞれのチェックポイントに上乗せの技術点加算はもちろん
「その人にしかできないこと」でもって
いかに観客を味方につけるなんだろうなと。
ステップでもジャンプでもスピンでも
会場を沸かせた人は絶対上位にくる、
少なくとも人の記憶にしっかり残る。

高橋選手が演じたピエロは本来織田くんが得意とするもんなんだけど
同じ道化師でも人によってこんなに違うんだなと。
いや〜、演技構成点があれだけ高かったからこその
ジャンプ失敗をカバーできたわけで
一時はもうどうなるかと思ったし
アレひとつのミスでもうダメかと思ったけど
いかに表現力が豊かだったかってことなんでしょうね・・・。
もっというと、審査員席にかなり近いとこで
っていうか目と鼻の先でアピールして
目力で悩殺(爆)、あれも作戦。すごい自己PRだったし。

靴紐の一件では後日談があって
高橋選手の紐も実はやばかったらしい。
コーチだったかどうかは忘れたが聞いた話によると
本人に内緒でこっそりちゃんとした紐と交換しといたとか。
それくらい紐ひとつにしてもデリケートなもんなのだが
にしても、いつ切れるかわからん不安かかえて飛んでいたら
変えたら感覚が狂う心配とどっちとるんだって話で。

だから、織田選手の選択も高橋選手サイドの判断も
どっちが正しかったのかはわからない。
実際そのせいで4回転が飛べなかったのかもといえば
もうきりがない・・・・。


しかも演技云々じゃなく、そっちばっかり
インタビューで聞かれてる織田くんがむっちゃかわいそうだった。
あわてて紐結びなおす間クラップハンズで見守っている、
会場の人たちのほうがどれだけあたたかかっただろうと
気の毒になってしまった。
国を越えてスケート好きが選手を応援してる、
最後まで滑れよって待っている、
アクシデントではあったけど、織田くんを一番後押ししたのは
あそこにいた観客たちではなかったろうか?

もうひとつ残念だったのは捨て台詞を残していった
プルシェンコの談話。
確かに絶対王者みたく言われていて、本人もそう思ってて
SPでいきなり4回転コンビネーションで
どやって言わんばかりだったんだけど、
正直フリーではらしくないジャンプが続いて
シロウト目にみても何かいつもと違うよな〜って思ってた。
転倒こそなかったけどジャンプでふらつく彼は
見たくなかったな・・・。SPで演技力イマイチ
技と技のつなぎが荒いってまあむちゃくちゃ言われたのが
フリーでは十分かっこよかったのを思うと(個人的好みですが・・・)
実は問題は演技構成点の評価が低かったのではなくて
「加点がもらえないようなジャンプのせい」だったんじゃないかと
・・・ね〜おとなげない抗議はやめようよ〜
偉大なる功績に傷がつくだけだよぅ・・・。

ライサチェックの滑りってホント非のうちどころなかったもん。
滑りや個性に好みこそあれ。
スピンしてるときにグリースで固めた髪が
ちょこっとだけひとたばピョ〜ンととがってたから
「サリーちゃんのパパだ♪」とかいうて
茶化すのが精一杯で(コラ)あ〜もうコレは
もってかれたな〜って思ったもん。

いや、タラタラとしゃべってしまいましたが
それくらいフィギュアにはのめりこんでました。
今度は女子!!!

ここ何年かしか見てないとはいえ、
男子でいうならヤグディンみたいな選手、
そう簡単に出てこないのかな〜・・・。
今だにワタシの中ではダントツ1位の皇帝なんです・・・。
完璧なジャンプと表現力、ステップはピカイチ、
そして削った氷をすくいあげてぱあっとまく
あのしぐさが忘れられないです・・・。
posted by Ageha at 11:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

男子フィギュア、高橋大輔が銅メダル
Excerpt: 華やかさと美しさを争うフィギュアだったが、今回は激闘というべき 展開になった。 金メダルは、アメリカのライサチェックが手堅いながらも力強く、そして完璧な演技を見せて獲得した。 前回王者、今回..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2010-02-22 20:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。