2010年01月22日

トヨエツはセカチュウで愛していると言ってくれなのだ。〜「今度は愛妻家」〜

aisaika.jpg

夫婦で見に行ったら「実に面白い」映画だろうね。(笑)
お互いの反応が見たいもんです。

これは結婚10年目の夫婦があるできごとをきっかけに
お互いの気持ちを確かめ合うというお話。

・・・もっとも若干ネタバレ的な言い方をすれば
後悔先に立たず。
愛してるひとにはちゃんと愛してるって言いましょうという
警告映画。(笑)
失ってからでは遅いんですよ。ホント。
それでもトヨエツ目線でボロボロ泣いてしまいました。
アホなやつと思いつつも
やっぱなんかかわいそうになってしまって。




夫婦のことは夫婦にしかわからない。
あんなひとのどこがええん?ってはたがおもっても
この辺はB'zの「イチブトゼンブ」じゃないが
きっとどこかに”愛しぬけるポイント”があって
そこさえ見失わなければ続けていけるんだろう。
じゃなきゃ正直薬師丸ひろ子演じるさくらが
あ〜んなトヨエツみたいな夫に
なんでくっついてんねん、捨てればええやんと(コラコラ)
イマドキそんな離婚いくらでもあるやんと眺めてたんですが。

あれだけかいがいしく世話を焼き、
ダンナの健康を気ずかってるのに
部屋が散らかってるとか同じ服をずっと着てるとか
?!な箇所のオチがわかったとたん、実はむしろ
さくらってそこまでダンナのこと好きで好きで
離れられなかったんだ、心配でほっとけなかったんだって
ポロポロきちゃいました。
前半はとにかく、忘れ物が多くてドタバタしてて
健康オタクで、夫をかまいすぎるゆえにともすればうっとおしい
そんな奥さんだったんですが
とにかく話が進むにつれてどんどん切なくなりました。
なんでもないしぐさがとんでもなくかわいくて
「惚れてまうやろ〜〜」っていうくらいに。(笑)

あまりにもなんでもやったげるから余計に
ダンナ、何にもできなくなっちゃうんですよ、
愛情と甘やかしはちゃいまっせ。
ダーリンをダメ夫にするのもしないのも実は妻次第かもです。
あれはさくらにも責任あり。ダンナは育てましょう。
子供といっしょです。(笑)
それでもたったひとこと、あるいはなんでもない態度で
「俺にはお前が必要やね〜ん」っていうサインが
こちらに伝われば
「ん、もう何でもやっちゃう〜♪」って
オンナはオンナで単純ですから、
お互いに掌で転がしあってればええんですよ。
(すごい爆弾発言やな・・・・)


PS:
何一つネタバレ発言ができないので
話はあらぬ方向へいきましたけど
いやもう石橋蓮司さん、今年の『助演女優賞』に
決定かも〜〜〜(爆)
posted by Ageha at 01:48| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(4) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なーるほど〜。
さくらさんにも責任があるんだって意見は面白いなぁ。
いや、この作品て女性の方がどう考えるのかが凄く興味深いです。
あんな酷いだんなで可哀想!とか、あそこまで愛されて幸せだったね!
とかいうご意見もあるんで、ホント人生色々女性も色々<(C)小泉純一郎>
ですねぇ。
わたし?私は男目線なんで、明らかに旦那はサクラを超愛していたと思う
し、そんな彼を支えることが彼女の生き甲斐でもあったんじゃないかと思っ
たりしました。
Posted by KLY at 2010年01月22日 02:22
>失ってからでは遅いんですよ。ホント。

その通りですよね(笑)。
でも、だからこのタイトルなんだと思うとちょっとジーンときちゃうんですよね。
Posted by かのん at 2010年01月25日 23:00
KLYさん、どうも。

手がかかって何もしてくれへんねんってぼやく奥さんに限って
しっかりものでいたれりつくせりで
「ダンナに何もさせてこなかった」ひとが多いんですよ。
それだけデキタ奥さんには違いなくそれはきっとええことなんですが
それもドが過ぎるとホントにダンナは
何もしなくなる⇒何も「できなくなる」んですって。
自分で自分の首しめる。(笑)
適度にてをぬきましょう、
家事でも育児でもいっしょに楽しむことができる夫婦のほうが
あとあとええかと。(それって奥さんが楽してるだけ???)

うちですか?さあ〜?(爆)
ワタシのほうが世話やいてもらってるかもしれません。
おっちょこちょいなんでしょっちゅうツッコまれてます。
あははははは・・・。(笑ってごまかすんじゃないって)
Posted by Ageha at 2010年01月31日 17:53
かのんさん、どうも。

クリスマスにみんなが神妙なときに
特大ツリーを買ってくる。
でもそれは夫なりの愛情表現でもあったと思うんですよ。
まわりは信じられないって顔してましたが
あれは最高の○○だったと思うんですが(漢字二文字ひらがなで3文字
口に出せどネタバレになるので書けず)

あ〜ココが感動したって箇所をいくつも書きたいのに
それってゼンブネタバレになるから何も書けないってすごく
つらいです〜〜〜(笑)
Posted by Ageha at 2010年01月31日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「今度は愛妻家」失って知る大切な人と愛されていた日々
Excerpt: 「今度は愛妻家」は亭主関白で自由気ままなダメ夫と健康オタクの妻が離婚寸前までいってしまい沖縄へ離婚旅行へ行くがそこから1年の月日を経て妻が出て行ってしまうストーリーである。確り内容を辿っていくと冒頭の..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2010-01-22 06:30

『今度は愛妻家』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-01-24 10:18

今度は愛妻家/豊川悦司、薬師丸ひろ子
Excerpt: 行定勲監督の久しぶりの新作ですね。豊川悦司さん、薬師丸ひろ子さんの主演でダメ夫と献身的な妻の夫婦を描くハートウォーミングなラブストーリーだそうです。子供の頃から薬師丸ひろ子さんを観ているせいか薬師丸ひ..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2010-01-25 22:59

今度は愛妻家
Excerpt: 夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 製作年度 2009年 上映時間 131分 原作 中谷まゆみ 監督 行定勲 出演 豊川悦司/薬師丸ひろ子/水川あさみ/濱田岳/城田優/津..
Weblog: to Heart
Tracked: 2010-01-27 01:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。