2010年01月02日

日本インターネット大賞2009日本映画部門。

ハイ、続いて邦画の投票作品です。
いや〜、コレも参った。
ベスト3は揺るがなかったんですが
そのあとは、その3作のハマリ度と比べてしまうと
投票した作品もかすんでしまいました・・・。
あんなに大作があったじゃないか、あんなにほめてたやんという
ツッコミを覚悟でかなりの作品を泣く泣くはずしました。

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ゲキ×シネ 五右衛門ロック」   7点
  「エヴァンゲリヲン新劇場版・破」   4点
  「サマー・ウォーズ      」    4点
  「南極料理人      」    3点
  「のだめカンタービレ最終楽章前編」    2点
  「ハゲタカ」            2点
  「フィッシュストーリー」    2点
  「ハルフウェイ           」   2点
  「空気人形       」    2点
  「大丈夫であるように Cocco終わらない旅」 2点
【コメント】
今年の映画のキーワード「こだわり」というか[頑固」というか
そういう作品が多かった気がします。
映像美に、料理の見栄えに、音に、
役のなりきり度に。
・・・もしかしたら何度作り直してもコレっていう答えや完成形が
ないかもしれないのがエヴァ。
でもそれもまたこの作品の個性かもしれません。

五右衛門ロックはここにいれていいものか悩んだんですが
舞台ならではの面白さを映像でしか表現できない形で
舞台を知らないひとに見せる、コレはすごい宣伝で
面白いコラボだと思いました。
実際の満足度もダントツの1位でした。



【監督賞】              作品名
   [ 細田守 ] (「 サマー・ウォーズ 」)
【コメント】
   次世代ジブリ、いやもしかしたら越えたかもしんない。
【主演男優賞】
   [ 堺雅人 ] (「南極料理人」「ジェネラルルージュの凱旋」)
【コメント】
   いやもう、好きです。
   飄々としてたかと思うとなに考えてるかわからない微笑を浮かべ   る人。
   ジェネラルルージュは影の主役で、彼で持ってた気がします。
【主演女優賞】
   [ペ・ドゥナ] (「空気人形」)
【コメント】
   透明感があって、きょとんとおどけていながら
  生きるという事、愛するという事に一生懸命な『人形』
  限りなく人間に近い感情を持ちながら
  あくまでも『人形』というスタンスがぶれないのがすごかった。
【助演男優賞】
   [小日向文世] (「 重力ピエロ 」)
【コメント】
  この作品の感動は彼なしに語れません・・・。
【助演女優賞】
   [ 蒼井優 ] (「いけちゃんと僕」)
【コメント】
  日ごろ、人気だけで誰でも彼でも声優に起用するな〜〜って
  わめいてるんですが、彼女はうまい。
  いけちゃんに命をふきこむ彼女の声はなかなかのもんでした。
  ・・・これって助演女優じゃなくて助演声優賞?(笑)
【新人賞】
   [ 高良健吾 ] (「ハゲタカ」「フィッシュストーリー」)
【コメント】
   デビューして5年目を新人というていいのかはともかく
   去年おととしあたりから俄然出演作品が増えた気がします。
   目力が強いのか顔がとても印象に残ります。
【音楽賞】
  「のだめカンタービレ最終楽章前編」
【コメント】
   コレがただのラブコメならスペシャルドラマでええやんと
  いうところなんですが
  人を使ってこれでもかとマンガチックに遊んでおいて
  物語の真ん中にあるクラシックに対する姿勢は
  演技もそして音楽もストイック。
  やるときはやる、それもバージョンアップを見せる。
  大音響のオーケストラに感動。
  聞いたこともない個性的な「トルコ行進曲」にびっくり。
【ブラックラズベリー賞】
  「レインフォール・雨の牙」
【コメント】
  お願いですからゲイリーオールドマンを
  ただのヒステリックなおっちゃんに格下げしないでください。


【勝手に○×賞】
   [ Love and peace賞 ] (「大丈夫であるように」)
  「Cocco           」
【コメント】

  是枝監督がCoccoのライブツアーに密着したドキュメンタリー。
  沖縄に生きるからこその平和への祈り、
  自然を、ジュゴンの海を守りたいという願い。
  ただ、思いの強さの分、いつも折れそうな彼女。
  見終わってどうかあなたも生きてくれと願わずにいられなかった。
  強く儚い彼女を知ることのできた一本でした。


 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
posted by Ageha at 03:58| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。こちらにもお邪魔します☆
今年の主演女優賞はやっぱりペ・ドゥナですよね。
あの役がここまで素直に演じられるなんて…
本当に感動でした!
「レインフォール」一緒です(笑)
どこをどう切ったら、こんなになってしまうのだろうと
詳しい事情を知ってみたくなる作品でした〜
Posted by non_0101 at 2010年01月11日 00:36
non0101さん、こちらへもアリガトー♪

ペドゥナサイコーでした!
でもコレって投票できるんかな〜。
日本人俳優に限る・・・わけじゃないですよね?

レオンも見てるはずなんですが
自分にはハリーポッターのシリウスブラックの印象しかない
ゲイリーオールドマン。
それでもあんな使い方はないよ〜って。
Posted by Ageha at 2010年01月11日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2009年度日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票します
Excerpt: 2009年度日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票しました。
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2010-01-02 14:48

2009年のまとめ・日本インターネット映画大賞
Excerpt: 2009年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2008年はココ 2007年はココ 2006年は..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-01-04 19:48

【日本インターネット映画大賞】邦画部門投票
Excerpt: 「日本インターネット映画大賞」さま2009年度宛の投票記事です。 2008年度分は、明日書こう明日書こうと思っている内に 締め切りが過ぎてし...
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2010-01-04 21:26

日本インターネット映画大賞日本映画部門
Excerpt: 【作品賞】(5本以上10本まで)   「色即ぜねれいしょん」  10点   「おと・な・り」        7点   「インスタント沼」      7点   「不灯港」          3点   「..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2010-01-09 15:27

日本インターネット映画大賞・日本映画部門に投票!
Excerpt:  続いて、日本映画です。こちらも作品賞は、昨年末のマイ・ランキングを流用いたします。 [作品賞投票ルール(抄)]  ・選出作品は5本以上10本まで  ・持ち点合計は30点  ・1作品に..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2010-01-18 17:46

2009年ベストシネマ15(邦画編)
Excerpt: 2009年ベストシネマ15(邦画編)  なんだかまとめるのが遅くなってしまって・・・。 昨年は年間87本(洋画39本、邦画48本)の映画を劇場で鑑賞しました〜 一昨年が101本でしたから、少し減って..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-01-24 10:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。