2009年11月16日

悪夢のアトラクション(違)〜「ディズニーのクリスマスキャロル3D(吹き替え版)」〜

クリスマスキャロル.jpg

これはホントに3Dで絶対見てほしい!
それも「IMAXで字幕版」が見れたらサイコー。

・・・って、吹き替えしかやってない???
(少なくとも枚方はそうでした)
だからかな〜、字幕か3Dかで悩んでるのを
ちょこちょこブログ巡回でみかけたんですが。


ひとり7役だっけ?ジムキャリーもすごいけど
吹き替え版だって山寺宏一さんがいっぱいがんばってまっせ。

えっとね〜、ちょっと怖いです。
対象年齢はいくつだ?
幼稚園くらいの子が見たら泣くかもよ・・・?
生前によい行いをしてないと
ゴーストになっても鎖につながれてず〜っと
あの世とこの世の間をさまようんですか〜・・・。

ギャ〜、それだけはいやじゃ〜〜!(笑)

実はマーレイが出てきたシーン、
非常にビビリました。気〜弱っ。
ふ、ふだんホラー見ないひとで小心者ですから、ハイ・・・。
・・・ワタシならここで改心します(違)


・・・ハイ、では次。

過去、現在、未来の精霊に振り回されて恐怖体験をした
偏屈ジジィは一晩で性格矯正完了。(違うって)

お金がすべてじゃないよって言うけど
隣人を愛せよ、いつでも笑みを、
んなこたぁ〜わかってます。
でも実際、今の世の中にそれを問われても
お金で買えるものがありすぎて
愛だけじゃ食べてけませんってのもあって

・・・うわ〜ワタシやっぱり鎖につながれそう???

ギャ〜、嫌じゃ〜、それだけは嫌じゃ〜・・・

コホン。

絵本は徹底的に言葉を省略しますが
そのかわりに行間にふか〜い意味があったりなんかして
書かれていない部分をいかに汲み取るか
それは読み聞かせてあげる大人が
子供にわかりやすく語ってあげるもので
それはそれで読解力が問われます。

文庫になったディケンズのおはなしは
それを読んだひとならば、何がしかの思いを
受け取ったはずで、でなければ
クリスマスの名作にはならなかったでしょう。

映画は、・・・

3Dの迫力でかなり楽しめました。
技術点という意味あいにおいては
ここまできたのか〜っていう感動でもって
ああ、ええ時代に生まれたな〜としみじみ。
(オババン発言でどうも。)

ただ、内容に関しては
イヴの悪夢でスクルージのビフォーアフターが
あまりにも別人格になっちゃってるので
「あれだけ怖い思いすりゃ変わるやろな」でとまり
「お、脅されたからか〜〜っ?!」てなことになり(違)
これは老人虐待にはならんのか〜とか(爆)
しょうもないひとりツッコミをして
んなアホなと切りかえしてみたり・・・(何やってんだか)

どうにも内容がペラいと思ってしまったのだ・・・。

彼の心の変身過程において葛藤やら共感やら
感動があるもんだと思ってたんだけど・・・。

『未来はまだ、変えられるかもしれない』

その言葉に惹かれて、映画を見ると
カックシきてしまったというのが正直なとこ。
スクルージほど年老いてはいないけど
そういうこと少しは考えるわさ。(!)

・・・クリスマスは、そこから未来の幸せを手にするために
1年振り返って「悔い改める日」になったりして・・・(笑)

posted by Ageha at 02:37| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(19) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この3Dは凄いですねぇ。
文句なく今までで1番。立体的なだけでなく超高精細。さしずめ立体絵本とでもいったところでしょうかね。
実は原作は読んだことないです。ってか今回初めて聞きました。「クリスマス・キャロル」っていったらそりゃもう稲垣潤一でしょう。故に何の思い入れもなく客観的に観ると、小学校低学年とかじゃ理解不能な気がします。枕元でお話を読んで聞かせるが如く、家族で見たら見終わった後親が説明してあげた方が良いですね。
Posted by KLY at 2009年11月16日 23:41
KLYさん、どうも。

いや、ゴメンナサイ、ワタシも読んでないです。(!!!)

ただ、「ミッキーのクリスマスキャロル」
(たしかドナルドがスクルージじゃなかったかな?)
有名なところでは映画「3人のゴースト」
結構この題材で映像化されてるものって
多いですからどっかで見てるんですよ。

・・・稲垣潤一。
そうですよね〜、季節ですよね〜〜。(笑)
「僕らのワンダフルデイズ」は泣きたかったけどね〜、
あまりにもアハハハハ・・・・。

子供に説明する前に
この物語の教訓、今のご時世ウケるのか?
(わわわわわ)
・・・スクルージがどんなきっかけで
金の亡者になってしまったのかが
わからなかったら意味ないような気がするんですよね。
もともといいひとだったからこその
人格激変ビフォーアフターだったはずなんですが(コラ)
そこがすっ飛ばされるとどうにも・・・。
Posted by Ageha at 2009年11月17日 17:22
こんにちは〜♪

>ここまできたのか〜っていう感動でもって
ああ、ええ時代に生まれたな〜としみじみ
あはは〜!私もそんな事考えていましたよ。オバサン発想でしたかしら?(笑)
でも映像には感動した!素晴らしかったですよね〜

>彼の心の変身過程において葛藤やら共感やら感動があるもんだと思ってたんだけど・・・
お話はねぇ・・・もうちょっと感動させて欲しかったですね!
Posted by 由香 at 2009年11月19日 08:07
由香さん、どうも。

ホントね、3Dはすんばらしかったわ〜。
とにかくそのスピード感とか
高低さ、奥行きっていうか
すっかり入り込んでましたね。
それを堪能できただけでも
この値段は決して高くないです。

ただ、もしコレを
クリスマスの教訓とするならば
あまりにもペラ(わわわわわ)

あとね〜、せっかく一人7役やったんだもの
ジムキャリーをじっくり味わうなら
字幕で見たかったな〜。
3Dで字幕・・・どこもやってないんだろか?
Posted by Ageha at 2009年11月19日 23:19
♪クーリスマスキャロルが〜
って私も稲垣潤一の曲を思い出しましたよ(笑)

スクルージのビフォーアフターには、家政婦のおばさんが一番正しい反応をしていたと思いました〜〜
あんなに嫌っていたのに、あの街の人たちはみんな良い人でしたね〜

鎖に繋がれて浮遊していた人があんなに居たのに(笑)
Posted by たいむ at 2009年11月21日 21:15
たいむさん、どうも。

稲垣潤一。
久しぶりに歌いたくなりました。
・・・そっちいくか〜〜〜(笑)

鎖につながれて浮遊してた人多すぎ。(爆)
あんなにいるんだと思うと
かつてあの街で生きていたひとらも
そんなにええひとばかりではなさそうで
(わわわわわ)
・・・マーレイやスクルージだけちゃうやん。(笑)
Posted by Ageha at 2009年11月24日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol
Excerpt: 今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバー..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2009-11-18 21:56

Disney'sクリスマス・キャロル
Excerpt: フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キ..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-11-19 07:48

Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版
Excerpt: 英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-11-21 02:13

映画「Disney’sクリスマス・キャロル」
Excerpt: 109シネマズ木場。 ジム・キャリー、ゲーリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン。 *** 「クリスマス・キャロル」については既にご承知のとおり。 エベニーザ・スクルージという強欲でけちな嫌わ..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2009-12-03 17:14

Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版
Excerpt: チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化す..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2009-12-03 17:22

Disney's クリスマス・キャロル
Excerpt: 映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2009-12-03 19:18

「Disney's クリスマス・キャロル」
Excerpt: JUGEMテーマ:映画  芸達者なジム・キャリーの熱演。せっかくだから迫力ある映像で…と思い川崎のIMAXシアターまで出かけました。(近所のシネコンでは3D上映が吹き替え版のみ..
Weblog: ハピネス道
Tracked: 2009-12-03 21:24

時代を越えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』
Excerpt: 金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2009-12-03 22:17

こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』
Excerpt: 金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2009-12-03 22:17

Disney'sクリスマス・キャロル(2009)
Excerpt:  未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2009-12-03 22:54

Disney's クリスマス・キャロル・・・・・評価額1600円
Excerpt: 「Disney's クリスマス・キャロル」は、デジタルアニメーション映画の世界で、独自のスタイルを追求しているロバート・ゼメキス監督による最新...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2009-12-04 01:09

Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol
Excerpt: レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごい..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2009-12-04 05:56

Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ!
Excerpt: 【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2009-12-04 10:21

Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ!
Excerpt: 【 68-13- 1ヶ月フリーパスポート=16 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2009-12-04 10:21

「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D
Excerpt: イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-12-06 05:35

Disney's クリスマス・キャロル
Excerpt: Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しく..
Weblog: 犬・ときどき映画
Tracked: 2009-12-08 07:16

Disney'sクリスマス・キャロル
Excerpt: 家族を持たず人とのきずなに背を向け、 金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。 あるクリス...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2009-12-11 21:09

クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり>
Excerpt: 観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動..
Weblog: HAPPYMANIA
Tracked: 2009-12-29 03:08

Disney's クリスマス・キャロル
Excerpt: Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2011-06-06 01:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。