2009年10月03日

大変よくできました。〜「ゴールデン・スランバー」伊坂幸太郎〜

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー
新潮社 2007-11-29
売り上げランキング : 2571

おすすめ平均 star
star真相は?
star映画も期待
starこれぞ小説!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブックフロアにいて、
この本が本屋大賞をとり〜の、山本周五郎賞をとり〜のして
大騒ぎしてたときは全然読む気なかったくせに。
映画で、堺さんが青柳でっていうたら
買うか?文芸書。(笑)

・・・ホントはスタッフブログで取り上げる話なんですが
とにかく伊坂さんばっか書いてるので
映画公開が近づいてからあっちでももう一回
プッシュしたいと思います。(結局書くのかよ!)
アビイ・ロード
アビイ・ロードザ・ビートルズ

EMIミュージックジャパン 2009-09-09
売り上げランキング : 202

おすすめ平均 star
star迷ったらこれ
starアナログLP、「1」と比べてどうかな。
star一番ビートルズらしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

正直ビートルズにはいい思い出がないので
リマスター盤が出たときも
はいそうですかってむっちゃ冷めた目で見てたんだけど

映画「ゴールデンスランバー」のサイトには
まだ音楽がどうの・・は出ていない。
もしアビィロードがそのまま使われたらすごいだろうな。
レットイットビーよりも先に発売されていながら
実質ラストアルバム。
バラバラになった4人の気持ちを何とか
ひとつにしようとしたポールマッカートニーの思いが
メドレーにこめられてるという話が小説のくだりにでてきて
むっちゃひさしぶりに借りてきて聞いた。

映画での「4人」は誰だ?
実は青柳を真ん中にいくつも組み合わせがありそうだ。
逃亡の途中で知り合うひとやら
大学時代の旧友やら過去に助けたアイドルやら・・・。

首相暗殺の犯人に仕立てられた男が
出会いと勇気と仲間のおかげでなんとか逃げまくるという話。
それにしても街中に設置されたセキュリティポッド。
こんなものが現実にあったら恐ろしい。
そして、こんな形で見に覚えのない事件に巻き込まれ
それもとてつもない大がかりな組織の陰謀で
・・・実は誰でもよかったんだけど
たまたま青柳政春にしました・・・なんてのは
当人にとっちゃ冗談じゃないぜ〜〜〜っていう話で。

いや〜怖かった、ハラハラした。
んで、やっぱりバラバラのピースが
青柳救出に向かって動き出すともうそれはとっても
気持ちよかったです。
青柳本人はすべてを疑ってかかりながら
どこまでも人を信用していて、
どこまでも気の休まらない逃亡を続けるわけですが。

途中で出てくるナイフもった青年のイメージは
個人的には柄本佑にリンクしてたんですが。
・・・相関図ではは、濱田くんになるの?コレ???
あと先輩ドライバーは寺島進さんあたりで
イメージしてたんですがこの人誰?

・・・で、一番小説上の表現から遠いのが香川照之。

どこがポールマッカートニーやねん!!!(笑)
それともそんな風貌で出るの?(ないないない・・・)

でも、この人が出てくると話がしまりそうな気がするね、
安心してみてられそう。
青柳の父役、伊東四郎さんも
「ちゃっちゃと逃げろ」がごっつ似合いそうだ。

青柳の元カノ樋口晴子。
このひとけっこうがんばっちゃうんですね。
あなたとは「よくできました」で終わりそうな気がするんだって
それだけの理由でもって
特にキライになったわけでもないくせに振っておいて
今じゃダンナも子供もいるくせに
ここまで危ない橋渡るんだ。かなりの無茶しい。

小説でのしゃべり方はほえほえだったんで(!)
チームバチスタの竹内さんに確かに雰囲気は似てますね。

犠牲になった人がいて殺された友達がいて
決してハッピーエンドではないんだけど
なんていうのか見てるこっちがニヤッとするような
物語の結末を用意してた。


もう誰も彼のことがわからなくなったあとでもちゃんと
「僕は元気です、ありがとう」っていうメッセージを
お父さんに、先輩ドライバーに
彼らにだけわかる合図でもって伝えられるなんて。

特に、晴子とのラストシーン。
たったひとつのしぐさで見抜くあたりはさすが元カノ?
あと、ハンコね、ハンコ。
ボーゼンとする青柳の手に押されていたのは・・・。

・・・いや〜伊坂さんってうまいわ。大好きっ♪



posted by Ageha at 17:52| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(24) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 第二章だったかな?
いきなり「未来」っていうか・・・「結論」がでてくるやん?あれにびっくり(笑)

 私も井坂の長編はほとんど読んだけど、これが一番一機に読めて面白かったなぁ・・・

 で、やっぱ映画公開の前に文庫化?(笑)
早すぎるけど(笑)
Posted by しんちゃん at 2009年10月04日 08:08
 (⌒▽⌒)アハハ!
調べたら「第三章」だった(笑)
Posted by しんちゃん at 2009年10月04日 08:10
しんちゃん、どうも。

早いものだと
陰日向に咲く
あれなんか
映画公開こそまにあわなかったけど
1年そこらで文庫化したよ。

人気作家の場合
最近は露骨だな〜。
東野さんの容疑者X
伊坂さんの死神の精度
なんかもろに映画公開に合わせて来たし。

コレはでもW受賞作品だから逆にハードカバーでひっぱりそうだよ。
出版社の戦略次第かな。(笑)まだなんとも…。

こんだけ映画にあわせて文庫化されると
読んだ気になってしまう(笑)
でもおかげで今は活字ばなれから回復しつつあるよん。♪
Posted by Ageha at 2009年10月04日 09:22
こんにちは♪
そうか〜、映画化されるんだったねコレも。

本屋大賞なんて取っちゃった作品だけど、個人的にはまあフツーって感じだったので、肩身が狭いの(汗)
香川さんが出るなら映画にも俄然興味がわいてくるわ!
濱田君は伊坂作品に出過ぎ??
Posted by ミチ at 2009年10月04日 11:13
ミチさん、どうも。

伊坂作品というか、
おそらく中村監督が「アヒルと鴨のコインロッカー」で
起用したのがきっかけで
ある種「中村組」になっちゃった感ありで。
私はてっきりカズが濱田くんだとばかり
思ってましたけどね〜。(笑)

私、実は、終末のフールも死神の精度も
投げちゃったひとなんで
伊坂作品でも好みはありますね。
死神・・はもう単純に金城さんキャ〜〜♪と
伊坂さんの使う台詞や表現がどんだけ
映画でいいように使われてるのか
そこがポイントだったので。

セキュリティポッドに首相暗殺。
横山秀夫あたりが書いたら
もっとおもた〜い問題作になるようなテーマなんですが
組織の陰謀を暴くのではなくて
あくまでも逃走劇の顛末なわけで
その辺の軽さが好き嫌いあるかも。
そんなうまくいかね〜だろ〜と思いながら
たぶんおちょくった終わりになるだろうと思って
読んでるから気持ち気楽なのね。
個人的にはコレ伊坂作品でも好きな部類です♪
Posted by Ageha at 2009年10月04日 13:22
伊坂作品、はじめて読みました。
ハイ、堺=青柳のためです(笑)
うーん この大風呂敷加減は あまり好きではなく
それで終わりかいっ?!って感じでしたが
第三章をもう一度読んだら、あっ そうかー!と
さらに”ヤラレタ”感がありました。
そう!香川さんがポール?には無理がありすぎですよねぇ。
Posted by kino at 2009年10月06日 00:40
kinoさん、どうも。

ある意味これも”フィッシュストーリー”
(「ホラ話」とまではいいませんが
ありえね〜だろそれ、っていう小説の世界ですね
だんだん、話が偶然の産物の連続で
たまたまうまくいったからええようなもんのっていう
展開になっていきますから・・・。)
でもまあ本の世界もまた
作家の作った異世界を楽しむもんですし。
・・・もっともPC?AI?そういう技術が
どんどん進化していく先には
案外あるかもしれないと思うと怖いです。

堺雅人と竹内結子だけわかってる段階で読んだので
後の配役に関してはそれからサイト見たんですが

誰がポールやて?!
そこは思いっきりツッコミましたね。(笑)
Posted by Ageha at 2009年10月06日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎
Excerpt: うーん、困ったな…。 伊坂幸太郎は正直言って結構好きな作家だったりしたし、いささか物足りないところはあってもエンターテイメントとして軽く読む分にはこれまでそんなに不満はなかった。 ただなぁ…。 〜..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2009-10-03 20:15

ゴールデンスランバー  伊坂幸太郎著  新潮社
Excerpt:  さて・・・なにから書き始めようか(笑)
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2009-10-04 08:09

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎
Excerpt: {/book/}「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 2008年本屋大賞受賞作。 おはなしは・・・仙台市内をパレード中の新首相が暗殺される事件が起き、元宅配ドライバーの青柳雅春が犯人と特定される。..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2009-10-04 11:09

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎
Excerpt: この人気作家の著書、初めて読みました。 まぁアレです、堺雅人主演で 映画化されるからなんですが。 ホントに映像化されることの多い作家さんですよね。 アマノジャクな私は”ベストセラー?”けっ” と思うの..
Weblog: 目の中のリンゴ
Tracked: 2009-10-06 00:41

本「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎
Excerpt: 『首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、巨大な陰謀から逃げ切ることができるのか?』 〜二年ぶり、千枚の書き下ろしは、直球勝負の娯楽大作!  冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力・・..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2009-10-07 10:43

伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』
Excerpt: ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎 ¥1,680 Amazon.co.jp 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2009-10-09 02:36

ゴールデンスランバー<伊坂幸太郎>−(本:2009年読了)−
Excerpt: ゴールデンスランバークチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2007/11/29) # ISBN-10: 4104596035 評価:95点 ゴールデンスランバーって、どこかで聞い..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2009-10-24 16:20

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎
Excerpt: −仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、 青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。 訝る青..
Weblog: 気まぐれな猫の日常
Tracked: 2009-10-25 20:16

「ゴールデンスランバー」面白かったです
Excerpt: 世の中捨てたもんじゃない・・って思わせられるシーンが多かったです。{/hiyo_en2/}あと、マスコミの怖さとか、色々な事考えさせられる内容もあり、読み応えもあって、さすがに本屋大賞1位に選ばれただ..
Weblog: ポコアポコヤ
Tracked: 2009-11-18 07:47

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎
Excerpt: ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎 JUGEMテーマ:読書 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれて..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-11-18 21:36

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎
Excerpt: 装幀写真は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春の逃亡劇。手に汗握って読みました。 始めに...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-11-19 02:24

ゴールデンスランバー(試写会)
Excerpt: [ゴールデンスランバー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年7本目です。 【あらすじ】 宅配便ドライバーの青柳雅春(堺雅人)はある日..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2010-01-23 00:03

劇場鑑賞「ゴールデンスランバー」
Excerpt: ゴールデンスランバー〜オリジナルサウンドトラック〜「ゴールデンスランバー」を鑑賞してきました原作は未読。圧倒的なリーダビリティと鮮やかすぎる伏線回収で、2008年の“本屋大賞”や“山本周五郎賞”を受賞..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-01-30 14:00

ゴールデンスランバー (堺雅人さん)
Excerpt: ◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじ..
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2010-02-04 15:21

ゴールデンスランバー(試写会)
Excerpt: [ゴールデンスランバー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年7本目です。 【あらすじ】 宅配便ドライバーの青柳雅春(堺雅人)はある日..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2010-02-04 15:40

ゴールデンスランバー
Excerpt: 《ゴールデンスランバー》 2009年 日本映画 宅配ドライバーの青柳は、突然首相
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2010-02-04 21:59

【ゴールデンスランバー】★堺雅人
Excerpt: 無実の男、首相暗殺犯に断定誰が、彼を救えるのか。ゴールデンスランバーHPゴールデンスランバー シネマトゥデイ監督中村義洋製作総指揮−原作伊坂幸太郎音楽斉藤和義脚本中村義洋、林民夫、鈴木謙一キャスト堺..
Weblog: 猫とHidamariで
Tracked: 2010-02-05 16:56

舞台挨拶へ行けなかったので1000円で見てきた『ゴールデンスランバー』
Excerpt: 基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイ..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-02-05 22:07

ゴールデンスランバー
Excerpt: JUGEMテーマ:映画館でみました!無実の男、首相暗殺犯に断定誰が、彼を救えるのか。
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2010-02-06 17:01

「ゴールデンスランバー」とりあえず逃げろ!
Excerpt: 「ゴールデンスランバー」★★★★ 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之主演 中村義洋 監督、139分 、 2010年1月30日公開、2009年、東宝 (原題:ゴールデンスランバー) ..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-02-10 07:46

ゴールデンスランバー
Excerpt: 監督:中村義洋  原作:伊坂幸太郎  脚本:中村義洋/林民夫  撮影:小松高志  編集:阿部亙英 出演:堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり 公開年:2010年  製作国:日本  上映時間:139..
Weblog: 〜映画盛り沢山〜
Tracked: 2010-02-10 15:00

「ゴールデンスランバー」
Excerpt:                              「ゴールデンスランバー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・中村義洋 原作・伊坂幸太郎 舞台は仙台。オール・ロケーションの力作であります..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2010-02-10 23:32

ゴールデンスランバー
Excerpt: 作品情報 タイトル:ゴールデンスランバー 制作:2009年・日本 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季 あ..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2010-08-10 00:29

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』
Excerpt: ゴールデンスランバー (新潮文庫)伊坂 幸太郎新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』を紹介します。文庫化したら読んでみたい作品でしたので、早速読んでみました。まあ..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2010-12-31 17:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。