2009年07月14日

なんでそんなオチやね〜〜ん!(泣)〜「イントゥ・ザ・ワイルド」〜

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]エミール・ハーシュ, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ウィリアム・ハート, ジェナ・マローン, ショーン・ペン

Happinet(SB)(D) 2009-02-27
売り上げランキング : 1920

おすすめ平均 star
star生きるってなんだろう
starいいんだけど・・・
starInto The Mind

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


かわいい子には旅をさせよといいますが。

あくまでもそれは遠く離れていても生きていることが最低条件で
幸せに暮らしてれば別に一生会えなくても
それはそれで仕方ないと親は思いますが。

コレはないだろ〜〜〜・・・・・。


裕福な家庭に育ち、優秀な成績で大学を卒業し、
ある種将来を約束されてたような青年が
ある日突然、親の前から姿を消した。

究極の自由ってなんだ???

両親の不仲がひとつの原因でもあったろうし、
このままスーツ着て結婚して社会に飲み込まれくのがやだっていう
社会に対する疑問だとか、幸せの定義探しだとか、
それは、はたから見たら
ある種ボンボンのわがままみたいにも思えるのだけど
フツーの家出とはワケが違う、なんか壮絶なもんを
見せてもらいました。

クレジットカードにはさみを入れ、
学資金をすべて寄付し、
ヒッチハイクで移動しながらアラスカを目指す。

何者にも頼らず、左右されず、
あらゆるものから開放された世界で
自分ひとりの力で生きるために。

・・・とはいえ、旅の途中でであったひとたちに
いろんなこと教わったはずで
たくさんの人に愛されて、
おそらくは親の気持ちもわかったはずなんだ、
自分の思いを伝えるすべも見つけたはずなんだ・・・。

ひとつの真理にせっかくたどり着いたのに
その命の終わりはあまりにあっけなかった・・・。

最後に両親に会わせてあげたかった。
息子と親が和解してほしかった。
2年の放浪を経てお互いにあれだけ変わったのに。

自然て美しい。でも残酷だ。
人はやっぱりちっぽけで地球の一部、景色の一部でしかない。
で、ひとりひとりそのなかで一生懸命いきてくんだ、

・・・でも、やっぱり一人はあかんやろ・・・
喜びも悲しみも、あらゆる感情をわかちあう誰かが
隣にいてナンボの人生ちゃうん???
それはもちろんわずらわしいことも投げ出したいことも
あるだろうけど
そうやって誰かとかかわってくことで
人間て成長するもんとちゃうん???


脳みそフル回転でいろいろ考えさせられた話でした・・・。
posted by Ageha at 18:52| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(15) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「人」って漢字は、線と線が支えあって出来ている・・・みたいな、
「人」は一人では生きてない・・・という真理は、
見知らぬ人からの優しさや、
一人になってみないとわからないものなんでしょうね。
早く悟って、社会に復帰して欲しかったですけど・・。
Posted by ひらりん at 2009年07月17日 03:05
こんにちは。

ずっと親に手厚く守られるようにして生きてきた主人公にしてみれば何もかも捨てて自分の力だけで生きてみることで自身の存在意義を見いだしたかったんでしょうか。

決して社会と決別したり他人との関わりを拒んでたわけじゃないと思うんですけど、ある意味修行のように彼は自分の人生に挑戦したかったんじゃないかなと思うのでした。この旅を終えた後の人生こそ彼にとって重要だったのかもしれませんけど、残念な結末でした。
Posted by かのん at 2009年07月17日 12:14
ひらりんさん、どうも。

死んで名を残す・・・それもありですが
別に本人はそうしたかったわけではないし、
どんな回り道をしても幾度間違っても
そこで得たすべてを血肉にして
人間として成長してほしかったわけで、
それをちゃんと生かしてほしかったわけで
亡くなってしまったことそれのみが
こんなに悔しいとは思いませんでした・・・。
Posted by Ageha at 2009年07月22日 14:25
かのんさん、どうも。

チェ・ゲバラみたく
医学生から革命家になっちゃうひともいる。
旅って実はそのひとしだいで
こんなにもその人生を変えていくもんなのかと
思うことがあります。
親からしたら学校休んで何さぼっとんねんとか
一見社会からのドロップアウトにも
とられてしまうようなことだとしても。

恵まれた環境で生きてきたからこそ
自分ひとりでどこまでやれるのか、
お金を持たずにどこまで生きられるのか、
それはもうストイックに追求したかったのでしょうね。
しっかりと自分の足で胸はって立つために
あえて過酷なことにトライしていく。
・・・ただ、とにかくそれを終えて
帰ってきたときの
彼の精悍な顔とそれこそひとまわりもふたまわりも
大きく強くなった彼を両親に合わせたかった、
やっぱりそこへ思いはいってしまいますね・・・。
Posted by Ageha at 2009年07月22日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★「イントゥ・ザ・ワイルド」
Excerpt: 今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。 ショーン・ペン監督作品で、 「スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。 実話ものらしいけど、アラスカ・・っ..
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-07-17 02:55

映画「イントゥ・ザ・ワイルド」@一ツ橋ホール
Excerpt:  19日、試写会の主権はニッポン放送「高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン」で、上映前にパーソナリティーの高嶋ひでたけさんとアシスタントの小口絵里子さんの舞台挨拶があり上映、客入りは7割ほど..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2009-07-17 10:46

イントゥ・ザ・ワイルド/エミール・ハーシュ
Excerpt: 話題作だと思っていたら意外と公開規模が小さいんですよね。でもそのおかげでTOHOシネマズららぽーと横浜のプレミアスクリーンで観ることが出来ました。ここはゆったりしていて快適なんですよね。 出演は..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2009-07-17 11:17

『イントゥ・ザ・ワイルド』
Excerpt: ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Into The Wikd) ----これって、今回のカンヌ映画祭審査委員長ショーン..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2009-07-17 11:21

荒野へ〜『イントゥ・ザ・ワイルド』
Excerpt:  INTO THE WILD  優秀な成績で大学を卒業したクリストファー・ジョンソン・マッカンドレス(エミール ・ハーシュ)は、誰にも告げるこ...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2009-07-17 18:17

『イントゥ・ザ・ワイルド』 (2007) / アメリカ
Excerpt: 原題:INTOTHEWILD監督・脚本:ショーン・ペン原作:ジョン・クラカワー出演:エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ウィリアム・ハート、ヴィンス・ヴォーン鑑賞劇場 : 1..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2009-07-17 21:41

「イントゥ・ザ・ワイルド」:魚籃坂下バス停付近の会話
Excerpt: {/kaeru_en4/}あそこに見えるのはテレビ屋か?もうすぐアナログテレビは見れなくなっちゃうし、地デジ対応テレビでも買っていくか? {/hiyo_en2/}それより、これを機会にテレビのない生..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2009-07-17 21:47

270「イントゥ・ザ・ワイルド」(アメリカ)
Excerpt: そして僕は歩いていく、荒野へ  1990年夏、アトランタのエモリー大学を優秀な成績で卒業した22才の青年・クリス・マッカンドレス。卒業祝いに両親から新車を買ってやるという申し出を断り、預金全額を慈善..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2009-07-18 01:44

「イントゥ・ザ・ワイルド」 同世代だから感じる苛立ち
Excerpt: 1968年生まれ。 エンドロール前に実話を元にしたこの作品の主人公クリス・マッカ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-07-19 22:27

イントゥザワイルド
Excerpt: ショーンペンが監督した作品だから、見に行こうかなぁとは思っていたものの、裕福な若者が何もかもを捨てて一人アラスカを目指す話?それって、大自然との闘いみたいなの?一人で行くってことはセリフもめちゃ少ない..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2009-07-22 09:13

「イントゥ・ザ・ワイルド」
Excerpt: 「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 よみうりホールで鑑賞 これまた、主人公に思い入れができなくて、私には受け入れられない作品でした。 監督はあのショーン・ペン。 途中でほかの監督さんたちのよう..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2009-08-07 10:02

『イントゥ・ザ・ワイルド』 2008-No66
Excerpt: ショーン・ペン監督作品 『スピード・レーサー』に主演したエミール・ハーシュが 18キロも減量して演じている。 『 そして僕は歩いて...
Weblog: 映画館で観ましょ♪
Tracked: 2009-09-21 00:12

「イントゥ・ザ・ワイルド」
Excerpt: 徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2009-10-05 08:11

そして若者は旅に出るI 「イントゥ・ザ・ワイルド」 DVD
Excerpt: この映画の主人公クリスは大学を捨てて冒険旅行に、アラスカの荒野で自分で自然の物資を調達し過ごすという目的のために旅に出た。この映画は実話を元にしている。クリスは自らの家庭環境や世の中のことが嫌いだった..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2009-11-05 23:37

映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を観て
Excerpt: 81.イントゥ・ザ・ワイルド■原題:IntoTheWild■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月27日、テアトル・タイムズスクエア(新宿)ス...
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2011-02-10 22:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。