2009年05月29日

重力ピエロ・リベンジ。

Sometimes
SometimesS.R.S 山口卓也 いしわたり淳治

トイズファクトリー 2009-05-20
売り上げランキング : 585

おすすめ平均 star
star無題
star新鮮なノスタルジー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画の宣伝と別に
CDの宣伝も流れるようになりました。PV見たんですが
岡田将生くんが映画に出てるときと同じかっこで
カメラをかまえてます。そこでいきなりモノが燃えたりすると
うわ〜、これ映画とのリンクですか?

この主題歌が「英語バージョン」であったことさえ
忘れていました。ドライアイになりそうなくらい、
見逃すもんかと今回は今回でスクリーンを必死で見てました。
・・・そう試写で実は一部意識がとんでたんです(!)
で、リベンジ。

まだ2月の段階では原作を読み終えてはいなかった。
どこかつまんないとあの時思ってしまったのはきっと
陽気なギャングのように
人を食ったような終わりをどこかで期待したからなんでしょうね。
どう考えたってこの話でそれはムリだ・・・。

それでも
伊坂さんの文体はホントに飛び越えていく。
話の重さや暗さを独特の語り口でその重力を解き放っていく。
だから家族愛の物語に人が感動し、
そこに書かれた印象的な台詞の数々に救われた気持ちになるんだ。

※先に言い訳しちゃいますが
このエントリはUPしてからも何度か書き直しました。
それじゃコメントできないじゃんというほど。
どうしても納得のいく感想が
自分の中でまとめられないでいます。
それでも何か残したくていつもよりダラダラ書いてます。
ご了承くださいませ・・・。

正直削除したいくらい恥ずかしいんですが
TBをいただいた方への感謝をこめて
一回目のレビューはコチラで。
「重力ピエロモニター試写会にて」



映画は映画だ、小説はフィクションだ、
それでも裁判員制度が始まった今、
もしこんなケースが出てきたらあなたならどうしますか?

もし自分の子供がこういう悩みを抱えて
24年生きてきたとしたら
親としてどうするのがベストですか?

やっぱりこの部分では、避けて通ろうとして
なかなかうまくいきませんでした。
ただ、2回目見て改めて思ったことは
原作の中で一番大切にしていたであろうテーマ

「それでも僕らは家族なんだ」
を忠実に再現してたんだなと。
ちょっとした事で簡単に崩壊してしまう家族がいるなかで
これだけ試されてもその絆がぶれることない、
むしろわらって飛び越えていく「最強の家族」。

もともとミステリー色はそんなにない作品なので
映画ではさらに家族愛を真ん中に持ってきた。
コレはいい選択だったんだと今は思います。

神様のあり方としては正しい・・といいつつも
まだ若かった父が
あの場で必死で自分で考えて決めた答えは
それだけでものすごく大変な決断を自分で背負いました。
それでも彼ら家族は必死で自分たちが
幸せに生きていこうとしてたんです。
もっとも「深刻なことほど軽く言っちゃう」スタンスですから
見た目にはホントに重力を感じないかのように生きてます。

お互いを思いやる彼らの愛情は
まず心無い人たちからの「重力」を
軽々と飛び越えていった。

ただ、さすがにレイプ犯が舞い戻ってきたとき
子供たちは冷静ではいられなかった・・・んですね。

そして、傷つきやすい心を持ちながら
どこかナイフのように危うい春を
泉水はいつもいつも守ろうとした。
お父さんがクローズアップされてはいるんですが
実際飄々とした父となにしでかすかわかんない弟の間で
このお兄さんも結構重要なポジションだったんですね。

悪者退治には兄貴とジョーダンバットでしょ。
いつも大事な場面には兄貴がいたからいないと不安なんだよ。

春はお兄さんを精神的にめちゃめちゃ頼ってました。
折れてもいない足にトイレットペーパー巻いて
服だけじゃなく、なんでもマネしてた子供の頃。
無意識になんとかしてホントの兄弟であろうとした。

高校でのシーンもクライマックスも
お兄さんはただ見てることしかできません。
それでも泉水をみつけて、炎のなかで春がちょっと笑った。
なんだろ、それを見てよかったなと思ってる自分。

夜の喫茶店で春がジンジャエールを注文したとき
泉水はどれだけショックだったか。
いや、こっちまで。

ただ、このシーンと逆に
お父さんに昨日の行動を聞かれて[口元をさわりながら]
何でもないというシーンに
お兄さんや父親だけでなく観客であるワタシまで
何かとてもほっとした。

「”お前は俺に似て”嘘が下手だ」
ただそれだけの台詞が春の抱える「重力」をまたひとつ軽くする。


春を必死で守ろうとした家族の物語。
あの環境でもって二人の息子がまっすぐ生きてこれたのは
あの父あってこそ。

それでもなお、その家族のあり方が美しい分
どうしてこの結末になってしまったのか、
彼がここまでいくまでに何とかできなかったのか
心はそこをぐるぐる回っていました。

伊坂さんの作品は主人公が罪を犯しても
それよりももっと大事なことがあるねんってほうへ
人の目がいってしまう。
ワタシは春や泉水を責める言葉を持ちません。
できればつかまらなきゃいいと思ってる。

お前はこのことをずっと考えてきた、
他人に裁かれるようなことじゃない。
確かそんな風な台詞で泉水は引き止めます。
激しく同意しながらもすっきりしない。
作品そのものには独特の「浮遊感」があったのに。

それから1ヵ所だけ。
春ではなく泉水に向かって言った台詞で父に
俺に隠れて”悪い”ことをやった・・と言わせてました。
原作と異なるということは
監督は罪は罪として指摘しておいて
その後の救済のことばへつなげていったのかもしれません。

映画では特に、蚊帳の外にいたかのような父ですが
春がなにかしでかすときに持っていくジョーダンバットは
父・・だったかもしれません。これもまた
春を支えるアイテムだったのかも。
だから持って帰ってきたんだ・・・。


睡眠不足で見落とした部分を補完して
なんてすごい作品だったんだといまさら気がついた。


春が2階から落ちてきた。

人は誰でも何がしかの重力を背負ってる。
でも、精神的に受け止めてくれる誰かがいれば
こころは空も飛べるような気がした。
サーカスで言ってた母の言葉が
ラストでとってもリアルに感じられた。
フワっと舞う春の姿を見てるとね。

そしてそこにはいつも泉水がいた・・・。


PS:ハチクロで加瀬亮さんが
「人が恋に落ちる瞬間をはじめてみてしまった」って
せりふをいうシーンがあったんですが
映画の冒頭、
「春が2階から落ちてきた」
たったコレだけのせりふひとつとっても
彼でよかったと思いました。
なんていうか監督のキャスティングやっぱりすごいわ・・・。

PSその2:映画のつくり上省いて全く問題ないひとですが
背中しか出てこなかった「黒澤」とおぼしき探偵。
まあ、この人物に関しては「ラッシュライフ」で登場するし
しかも堺雅人さんが当てられてるから
かなり期待してたりするんだ。
「重力ピエロ」原作の中では、サブキャラにもかかわらず
黒澤に対して人が興味や好感を持つような
かなり詳しい人物描写がされていたので。

あ、そうそう「ゴールデンスランバー」は
中村監督×堺雅人主演で今月から仙台で撮影スタート
むっちゃ楽しみ〜〜〜♪



posted by Ageha at 07:18| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(32) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、よく考えると父が主役の映画だったような気がします。
日がたつにつれて、印象が濃くなるのは、
あえて「最強の家族だ」って言わなければならないほど
崩れそうな家族の絆を笑顔で守っていく父親の姿なのですから。
あのカツラ姿も含めて。
Posted by ジョー at 2009年05月31日 19:47
ジョーさん、どうも。

>カツラ姿も含めて。

・・・そこつっこまない。(笑)

KLYさんだったかな〜。
ヅラ時代の小日向さん(!)て
微妙に堺雅人さんに似てませんでした?
あ、いや雰囲気が。
というか、堺さんが年取ったら
小日向さんみたいな感じになってくのかなぁ・・・。

父の日に父にみせて、肩をたたいてひとこと
がんばれってツッコミましょう・・・?!(コラ)

父を尊敬する、うぉスゲーって思うような出来事って
なかなかないから、実際こんなお父さんおるかいっって
思ってしまいますが。
どこの家でもどんなとこでも
父って実はそれこそいろんな重力を背負って
家族のために働いてると思いますよ。

で、その重力のひとつが家族そのものだったりとかして
(わわわわわ)

仲良くしましょう。お互いがふわっとそらに浮かぶように。(笑)
Posted by Ageha at 2009年05月31日 23:37
ほい!
私です。若かりし頃の小日向さんが堺雅人さんに
にてないかなーと言ったのは。(笑)
でもあの笑顔は中々出せないですからね。年齢関係
なく素敵です。

実は小日向さんはお仕事を一緒にしたことが何度か
あります。本当に素敵なで、礼儀正しくて、温厚で、
人間的に物凄く尊敬出来る方です。
あの父親役は小日向さんでなくては何て事は言いま
せんけど、でも小日向さんで良かった。

心からそう思います。
Posted by KLY at 2009年06月01日 00:11
KLYさん、どうも。

来ましたね。(笑)
逆に堺さんがもっと年を重ねたときに
小日向さんみたいな役ができるんじゃないかなとも
思いました。
堺さんの微笑みはホントに何通りもの意味を
持ちますんで。

台詞に命を吹き込むときに必ず
その人の持ってるカラーとかオーラとか人生とか
大げさだけど役として作ってる部分にプラスされる何かに
人が心を動かされるのだとしたら
伊坂さんの描いた父親像に小日向さんの魅力が加わって
この人にしか表現できないものがそこに出来上がって
「最強の父」になっちゃったのかもしれません。(笑)

その父の姿は他の人が演じればまた別のものがきっとできる。
世の中に父の数だけ理想のお父さん像があるように。

でも、なんだかんだ言うて
ワタシも小日向さんがこの役演じてくれてよかったと
心から思います。(笑)
Posted by Ageha at 2009年06月02日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120412265

この記事へのトラックバック

『重力ピエロ』 (2009)/日本
Excerpt: 監督:森淳一原作:伊坂幸太郎出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、鈴木京香、渡部篤郎試写会場 : 京橋テアトル試写室公式サイトはこちら。<Story>遺伝子を研究する大学院生・泉水..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2009-05-31 17:54

『重力ピエロ』舞台挨拶@新宿バルト9
Excerpt: 基本、キャストが見られないと映画を見ない人w三木聡×麻生久美子の『インスタント沼』も観たかったのだが、今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レ..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2009-05-31 18:31

「重力ピエロ」みた。
Excerpt: これも原作は未読。だけど、珍しく最初のほうでネタが分かってしまった。映画は、いつもの伊坂作品と変わらず過去と現代を行きつ戻りつしながら次第に謎が明らかになっていく作り。要所要所に優しくヒントが散りばめ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2009-05-31 18:46

重力ピエロ
Excerpt: 重力ピエロ (加瀬亮、岡田将生 出演) [DVD] 監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香... ...
Weblog: ひめの映画おぼえがき
Tracked: 2009-05-31 21:00

〜『重力ピエロ』〜 ※ネタバレ有
Excerpt: 2009年:日本映画、森淳一監督、加瀬亮、岡田将生主演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2009-05-31 23:01

重力ピエロ (加瀬亮さん&岡田将生さん)
Excerpt: ◆加瀬亮さん(のつもり) ◆岡田将生さん(のつもり) 映画『重力ピエロ』に加瀬亮さんは奥野泉水 役で、岡田将生さんは奥野春 役で出演しています。 昨日よりついに全国公開されました。 ●導入部のあら..
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2009-05-31 23:39

重力ピエロ・・・・・評価額1500円
Excerpt: 「重力ピエロ」という不思議なタイトルからは、映画の内容がまったく想像できない。 実際、掴みどころの無い不思議な映画である。 この原作...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2009-05-31 23:42

重力ピエロ
Excerpt: 伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、私が最初に読んだ伊坂作品です。大好きなお話なので映画化を楽しみにしていました〜【story】遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見す..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-05-31 23:51

映画 【重力ピエロ】
Excerpt: 映画館にて「重力ピエロ」 伊坂幸太郎の同名小説の映画化。 おはなし:遺伝子研究をしている大学院生の奥野泉水(加瀬亮)は、弟の春(岡田将生)から奇妙な話を聞く。春は街の落書き消しを仕事にしていたが、..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2009-06-02 00:01

【映画】重力ピエロ
Excerpt: ▼動機 駄作だと思ってた小説の映画化 ▼感想 そういうことだったのかっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-06-02 20:44

『重力ピエロ』 試写会鑑賞
Excerpt: 遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2009-06-02 23:18

『重力ピエロ』
Excerpt: 昨日の夜は京橋にある京橋テアトル試写室に5/23公開の『重力ピエロ』の試写会に行ってきましたー。Yahoo!映画のレビュアー限定の試写会で、今回は監督の森淳一さんのティーチイン付きのものでしたー。会場..
Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2009-06-03 00:23

『重力ピエロ』
Excerpt: ♪ピエロに涙は禁物さー T.映画と小説、両方見たい時は映画が先に決まっている。だって、先に小説を読んでから映画を観たら、小説の方がいいと思うに決まっているんだもん。映画を最大限に楽しむためには、原作を..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2009-06-03 09:59

【重力ピエロ】
Excerpt: 監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳      家族の愛は、重力を超える。 「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2009-06-03 11:01

重力ピエロ、ミステリーだったとは知らず・・・・。
Excerpt:  重力を背負った家族の、“愛”と“謎” 「重力ピエロ」公開開始からお客さんが多いそうです。年齢層もぐ〜んと下がって若い人たちが観にやって来るようですね。私は伊坂幸太郎という小説家がいるのは知っていま..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2009-06-04 20:31

重力ピエロ
Excerpt: 家族の愛は、 重力を 超える。 製作年度 2009年 上映時間 119分 原作 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』(新潮社刊) 脚本 相沢友子 監督 森淳一 出演 加瀬亮/岡田将生/小日向文世/吉高..
Weblog: to Heart
Tracked: 2009-06-06 22:26

重力ピエロ☆独り言
Excerpt: 伊坂幸太郎祭りのような今日この頃ですが皆様はいかがお過ごしですか?このところ、本当に伊坂作品映画化されているんですねぇ、、、そして、なんとなく全部観ている気がします。しかも原作まで読んじゃって(笑)ち..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2009-06-09 10:34

愛はDNAを超える。『重力ピエロ』
Excerpt: 伊坂幸太郎の小説を映画化した作品。大学院で遺伝子の研究をする兄と落書き消しの仕事をする弟の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2009-06-09 15:55

『重力ピエロ』
Excerpt:  □作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2009-06-09 17:15

「重力ピエロ」
Excerpt: (2009年・ROBOT=アスミック・エース/監督:森 淳一) 直木賞候補にもなった、伊坂幸太郎のベストセラー小説を、秀作「Laundry」の森淳一監督が映画化。 仙台市内で、壁や
Weblog: お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2009-06-09 22:58

映画 「重力ピエロ」
Excerpt: 映画 「重力ピエロ」
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2009-06-10 00:42

重力ピエロ
Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 原作も読んでなけれ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2009-06-10 23:01

試写会「重力ピエロ」
Excerpt: 「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2009-06-11 06:38

「重力ピエロ」
Excerpt: 「重力ピエロ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 何かと話題のこの作品。 「はるが2階から落ちてきた」 という印象的なフレーズ。 これがすごく深い意味をもっていたんですね。 加瀬亮は淡々と兄..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2009-06-11 15:02

「重力ピエロ」 自分で考えろ
Excerpt: 遺伝か、環境か? 劇中でも語られていたように、ある人の人間性を形成するのは、遺伝
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-06-17 16:14

重力ピエロ
Excerpt: この映画、いいです!素晴らしかった! ワタシ的には完璧!文句をつけるところがありません! あの「アヒルと鴨のコインロッカー」を見た時の感動と同じでした。 どちらも原作が伊坂幸太郎さんの小説で..
Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日
Tracked: 2009-06-17 20:27

重力ピエロ / 73点 / 良い映画やけど非常に文章的なんよなー・・・
Excerpt: 原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 重力ピエロ / 73点 』 2009年 日本 119分 監督 : 森淳一 脚本 : 相沢友子 出演 :..
Weblog: FUNNY GAMES?
Tracked: 2009-06-21 22:37

重力ピエロ
Excerpt: 家族の愛は、重力を超える。
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-09-19 19:16

重力ピエロ
Excerpt: 重力ピエロ 特別版 [DVD]/加瀬亮,岡田将生,小日向文世 ¥4,935 Amazon.co.jp 遺伝子研究をする兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・春。そして、..
Weblog: 映画君の毎日
Tracked: 2009-12-06 15:31

重力ピエロ
Excerpt: 「重力ピエロ」(2009)を観ました。監督:森淳一原作:伊坂幸太郎出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、鈴木京香、渡部篤郎<内容>遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ..
Weblog: paseri部屋
Tracked: 2010-01-31 18:48

「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感
Excerpt: 久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず..
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2010-02-14 23:01

岡田将生 加瀬亮 渡部篤郎 / 重力ピエロ
Excerpt: ワケもなくコンピューターおばあちゃん どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの坂本龍一担当、ブロッケンです。 伊坂幸太郎...
Weblog: 中川ホメオパシー 
Tracked: 2010-05-04 14:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。