2008年10月07日

誰も幸せになれない結末。〜「容疑者Xの献身」〜

容疑者Xの献身01.jpg

大概のひとはドラマ「ガリレオ」のスペシャル版
THE MOVIEのつもりで行ってる・・のかな?
としたら、
あの葵の印籠みたいなシーン(爆)はないので
あしからず。
ドラマの持っていた、軽さとか派手さよりも
原作に近いつくりになってたんじゃないですかね?

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)東野 圭吾

おすすめ平均
stars一気に読み、最後に泣きました。
starsがっかりです。
stars東野ファン
stars●数学って、実に面白い!!
stars献身とは何でしょう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回は原作をちゃんと先に読んでいるため
「堤さんが”ダルマの石神”ってかっこよすぎない?」
ってのは、私だけじゃなくまわりで
原作読破したひとがみな言うてましたけど
実際見終わってみれば、
ここまで石神役を作りこんだ彼に拍手。
迫真の演技でございました。

逆に柴咲コウはいらなかったんじゃないか?(わわわ)

草薙さんが内海と湯川、石神と湯川を
つなぐ役回りとして演じるフツーさのほうが
よっぽど際立ってた気がします。
もともと内海刑事はドラマ制作にあたって
加えられたキャラなので(今はガリレオシリーズに
ちゃんと登場してるらしいが)
今回は草薙さんが出てきたことで
影薄かったな〜と・・・。
(10月4日の公開にあわせて、
テレビで放送してたスペシャルドラマ
「ガリレオエピソードゼロ」は映画とリンクしてて
ちゃんと石神さんまで登場させてました。
ドラマのラストと映画の冒頭がつながってましたんで
5日以降映画を見たひとは特に
ニヤリとしたんじゃないですか?(笑)
三浦春馬くんにヤング湯川をやらせて
数式を書くシーンが二回。
”実に面白い”ドラマでしたよ。)

そっちでもって娯楽性を高めて
ドラマならではの盛り上がりをつくっておいて
映画は別のアプローチになってます。

犯人が誰なのかは見てるひとにははじめからわかっていて
そのトリックを物理学を使って暴くというのが
ガリレオシリーズの特徴だったんですが

今回は湯川本人にも
はじめから犯人がわかってる、
石神の心の動きまでも察知してる。
それでも、石神がそこまでする理由が
さっぱりわからない。
・・・そして認めたくない。
湯川をして、
あいつに限ってそんなバカな・・・っていう
結構フツーのひとがもつ感情をちらちら見せつつ
変人ガリレオでない、湯川の素の部分を描く
謎解きというよりは湯川の内面を暴く外伝、
ミステリーというよりは恋愛映画で
人間ドラマな作品だったかと思います。
湯川のキャラを壊さずに
気持ちが揺れるシーンを演じるというのは
難しかったんじゃないですか?
福山さんがんばってましたね♪

雪山のシーンは原作にはありません。
同じ頂上(答え)を目指していくにも
数学者と物理学者はアプローチが違うんだと
言うせりふを先に言わせておいて
ココにつなげたなというのはアリアリでしたけどね。
石神は湯川が登場した段階でもう
臨戦態勢に入ってる。
湯川が事件の真相をつかんでしまったこともわかってる。
殺人を犯すつもりはないのだろうけど
何をしでかすかわからない石神というキャラを
堤さんが作りこんだぶんだけ
コチラでみててハラハラするようなシーンに
なったかと思います。

「博士の愛した数式」でも寺尾聡演じる博士が
答えを出すことよりも答えを導き出す過程が
「美しい」か「美しくない」かということにこだわってた。
仮説を立てて実証して答えに到達することを
「実に面白い」と感じる湯川と
すでに答えの出ている四色問題を
そういう解き方は美しくないんだと
自分の証明方法を確立しようとする石神。

ぜんぜん違う場所に立っていながら
こういうひとらだけにしか通じない、
共通言語みたいなのがココには存在して、
だからこそ湯川は相手を天才とみとめ
さらには友人だとも言う。
分かり合える数少ない相手の
その才能を尊敬しているからこそ
今回の事件の顛末は湯川にとっても
心の苦痛にゆがむ顔を人前にさらすほど
悲しい事件だったわけで。

誰も幸せになれない結末。
でもだからといって正義をゆがめるわけにもいかない。
見てるこっちもとてもとても
つらい気分でした・・・。

「相棒」の右京さんがいたら
「あなたのやり方は間違っています」って
言うんだろうな。(コラコラ)

数学しか興味のなかった人間に芽生えたものは
決して愛を告白するとかそういうもんじゃなく
単純にそこにいてくれたらいい、
そういう存在の、その笑顔や幸せをただ
守りたかっただけ。
おそらくあのまま完全犯罪が成立したとしても
彼はあの部屋からあの親子の前から
姿を消すんじゃないかな。
そう思えただけに、
警察だけじゃなく彼女にまでも
ストーカーまがいな人だと思わせるほどに
自分を陥れてまでも救おうとしたその気持ちが
やり方はともかく
あまりに純粋で激しく強くて
痛々しかったです。

ここまで誰かを愛せますか?
posted by Ageha at 04:18| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(25) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 原作を読んで・・嫁にも読ませて

私は「刑期を終えて二人は結ばれるかな?」
嫁は「絶対にそれはない」

 男は(ってか私は?)やっぱ打算的なんだろうか(爆)
もちろん石神には打算はなく、見事「献身」を貫くことで、一生彼女の気持ちを彼への思い(これってすごく負の思いなんだけど)で埋めさせたかったのかもしれません。

 彼女が自首することで彼女は石神の呪縛から逃れられるのかもしれません。

 「ガリレオ」の同じスタッフ・キャストで「ガリレオ」とはまったく正反対のこのドラマ・・・直木賞受賞もめちゃ納得しました。

 で、私はまた原作読み直しては

「うーん・・・ここで湯川はコウ感じてるのか?」なんて、彼の天才を再確認しています(爆)

 
Posted by しんちゃん at 2008年10月07日 07:58
こんにちは。
美しいとか美しくないとか、解るような気はしますが、「犯罪も美学」みたいな何かが微妙に感じられ、愛情をすり変えてしまった石神がだた残念でした。
この感想は、役者ではなく、堤さんを石神として観たからの感想で、それだけ堤さんが見事だったということでもあります(^^)
Posted by たいむ at 2008年10月07日 16:49
こんばんは。

>”ダルマの石神”

この言葉、
他の方のところでもよく見かけます。
ぼくは原作は未読なのですが、
その言葉、
彼、石神の風貌を見事に表していますよね。
そんな先入観を打破するキャスティングと
そして演技アプローチ。
これは、まさに堤真一を観る映画ですね。
Posted by えい at 2008年10月08日 00:19
しんちゃん、どうも。

同じスタッフ・キャストで
つくったとは思えない作品でしたね。
ドラマのあの雰囲気を見たくて来たひとは
どうだったかわかりませんが
少なくとも原作を読んだひとにも
違和感がなかったってことは
いい出来だったんじゃないですか?

堤さん、わざとらしかった?

気持ち悪さと
外見の老けようをデフォルメはしてたけど
それもまた湯川との対比でもって
計算された演技ちゃいますか?
Posted by Ageha at 2008年10月12日 18:38
たいむさん、どうも。

せっかくの頭のよさをこんなことに
使うなんてといいつつ、
石神の不器用さもゆるぎない愛情も
実は湯川は理解できたからこその
苦悩だったわけで
実験で謎を解くのとは違う難問に
直面したガリレオがどうするのか
ガリレオシリーズでありながら
異色で大作のこの作品を
ここまで映像化できて
ちょっと感動もんでした。

にしても、今回は完全に
堤さんにもってかれたかな?
Posted by Ageha at 2008年10月12日 18:44
えいさん、どうも。

最初キャスティングを聞いたときは
あまりのイメージの違いに
びっくりしたんですが、

ふ〜ん、ここまで作りこむんだ。
さすが堤さんだなって思いました。
こんな人かもしれないと思うほどに。
原作で思い浮かべた人物像を
払拭されてしまいました。
Posted by Ageha at 2008年10月12日 18:47
こんばんは。
TBありがとうございます。
こちらからのTBはseesaaには反映されないので、
こちらに。

ドラマは全く観ていなかったのですが、
この作品は非常に面白かったです。
やっぱり石神という男が際立っていましたね。
湯川・福山もそんなに悪くなかったです。
ただドラマを観ていないので、今回の苦悩のギャップが
分からなかったのが残念です。

柴咲コウは必要ないぐらいの役柄でしたね。

http://cinechan.at.webry.info/200810/article_11.html
Posted by CINECHAN at 2008年11月08日 02:15
CINECHANさん、どうも。

ドラマはとにかく実験でもってトリックを暴く番組で
ドラマクライマックスでいきなりどこにでも
数式をブワ〜ッと書いて
古畑任三郎みたくポーズをとる。(爆)
今回それなし。(笑)
あれは、あくまでもテレビサイズで
徹底してエンターティメントにしちゃった結果。
でもそのおかげで変人ガリレオは
かなり面白く見れた・・・はず。
もともと若いときの佐野史郎さんがガリレオのモデルなので
・・・福山さんを抜擢した段階で
かなりさわやかクールに変更されてるし。(笑)

で、それをふまえて映画にしたときに
こんどはおちゃらけを一切排除した
「恋愛もの」にした。
ガリレオが苦手分野にどう対処するのかって。
他のガリレオ作品と異なり、
実験もなく、かなり早い段階で犯人がわれていて、
でもどうしてもその動機や犯人の想いが
理解できずに苦しむというお話だったと。
そもそも容疑者Xはミステリーじゃないって
直木賞受賞のころ散々論議された作品。

今回は草薙さんが出ていたので
ホント柴咲さんの立場なかった気がします。
Posted by Ageha at 2008年11月08日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

容疑者Xの献身
Excerpt: 福山雅治「容疑者Xの献身」で映画初主演 「自然に泣けた」 朝日新聞福山雅治の初主...
Weblog: ひろこの出来事
Tracked: 2008-10-07 06:31

容疑者Xの献身 (2008) 128分
Excerpt: 原作、もう一度読み直します。
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2008-10-07 07:58

容疑者Xの献身
Excerpt: 福山雅治「容疑者Xの献身」で映画初主演 「自然に泣けた」 朝日新聞福山雅治の初主...
Weblog: まさるの日記
Tracked: 2008-10-07 11:50

「容疑者Xの献身」みた。
Excerpt: TVシリーズは先日の一挙再放送を見直したが、原作は未読まま。高視聴率のドラマが当たり前のように映画化されるこの頃だが、「ガリレオ-容疑者Xの献身」というタイトルで無かったことは正解だったように思う。福..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2008-10-07 16:34

「容疑者Xの献身」映画感想
Excerpt: 大分前に本を読んでた、容疑者Xの献身の映画化です。原作は探偵ガリレオの前に読んでいます。これはガリレオシリーズとは言いな
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2008-10-07 19:34

『容疑者Xの献身』
Excerpt: 「そうか。そりゃ、そうだよな」 ----ニャに、ぶつぶつ言ってるの? 「いや、この『容疑者Xの献身』って、 東野圭吾の原作だったんだなって。 なるほど、どんでん返しがあるわけだ」 ----あっ、観るま..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-10-07 20:40

容疑者Xの献身
Excerpt: 容疑者Xの献身’08:日本 ◆監督: 西谷弘「ガリレオ」(TV) 「県庁の星」◆出演: 福山雅治、堤真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、長塚圭史、ダンカン ◆STORY◆天才物理学者..
Weblog: C'est Joli
Tracked: 2008-10-08 00:32

「容疑者Xの献身」完全犯行トリックの末にみた湯川が導き出した底辺×高さ÷愛の答え
Excerpt: 「容疑者Xの献身」は東野圭吾の物理学者湯川シリーズ「容疑者Xの献身」を映画化し2007年10月からフジテレビ月9で放送された「ガリレオ」の劇場版で天才物理学者湯川学が天才数学者石神哲哉の仕組んだ完全犯..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2008-10-08 06:07

ガリレオが挑む、 “愛” の証明●容疑者 X の献身
Excerpt: その謎を、愛そう。 ――― (公式キャッチコピー) 『容疑者 X の献身』 容疑者 X の献身 公式HP 発見された男性の死体は顔がつぶ...
Weblog: Prism Viewpoints
Tracked: 2008-10-08 15:00

『容疑者Xの献身』
Excerpt:  □作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-10-09 12:59

容疑者Xの献身
Excerpt: ありえない、わからない、おもしろい・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-10-09 21:30

舞台挨拶へは行けなかったので、「ガリレオφ」を見てからのんびり観に行った『容疑者Xの献身』
Excerpt: 10/4に公開された『容疑者Xの献身』だが、舞台挨拶へは行けなかったので、同じ日に放送された『ガリレオφ』を見てから、ゆっくり観に行った(爆)映画『容疑者Xの献身』公開記念10/4はガリレオの日!『ガ..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2008-10-09 22:38

容疑者Xの献身
Excerpt: その謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは? 製作年度 2008年 映時間 128分 脚本 福田靖 監督 西谷弘 原作 東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊) 音楽 菅野祐悟/福山雅治 ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2008-10-10 00:42

劇場鑑賞「容疑者Xの献身」
Excerpt: 「容疑者Xの献身」を鑑賞してきました変わり者の物理学者、湯川学が難事件を解決する東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズを、福山雅治主演でTVドラマ化した「ガリレオ」の劇場版。今回の原作は、小説シリーズ中、..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-10-10 07:09

★「容疑者Xの献身」
Excerpt: 今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレ..
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2008-10-11 01:28

「容疑者Xの献身」 愛は割り切れない
Excerpt: 昨年テレビシリーズが放映された「ガリレオ」の劇場版です。 テレビシリーズは毎回欠
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2008-10-11 09:10

容疑者Xの献身 ─ どちらの想いも根底には“孤独”がある ─
Excerpt: ─ どちらの想いも根底には“孤独”がある ─ 福山雅治が演じる天才物理学者・湯川が事件を物理学の観点から解明していくテレビドラマ『ガリレオ』。湯川の口癖「実に面白い」は、お笑いのネタにも取り上げ..
Weblog: Prototypeシネマレビュー
Tracked: 2008-10-15 00:21

【映画】容疑者Xの献身
Excerpt: ■動機 原作の補填と福山視点でのシナリオ再構成 ■感想 随分と原作を丁寧に扱った ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 惨殺死体が発見され、草薙俊平(北村一輝)は後輩と事件..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2008-10-16 22:35

「容疑者Xの献身」
Excerpt: **************************** 男の絞殺死体が発見された。顔が潰され、指を焼かれたその男の身元は、富樫慎二(長塚圭史氏)と判明。捜査に乗り出した貝塚北警察署の刑事・内海薫(柴..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2008-10-17 14:34

容疑者Xの献身 (福山雅治さん&堤真一さん)
Excerpt: ◆福山雅治さん(のつもり) ◆堤真一さん(のつもり) テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』に、福山雅治さんは湯川学 役で、堤真一さんは石神哲哉 役で出演しています。 先日、仕事の..
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2008-10-26 02:20

容疑者Xの献身(2008年)
Excerpt: フジテレビで放映され、大ヒットした『ガリレオ』の映画化。って言うより、東野圭吾の探偵ガリレオシリーズの中の長編『容疑者Xの献身』の映画化と言った方が正しいんでしょうかね?  テレビの際も(元々原作に..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2008-10-31 21:51

容疑者Xの献身
Excerpt: 第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞に輝いた東野圭吾の同名小説を映画化したもの。この作品に登場する物理学者湯川が謎を解く「探偵ガリレオ」「予知夢」も以前ドラマ化され、高視聴率を取っていましたね。 ..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2008-11-18 21:56

容疑者Xの献身
Excerpt:   原作は東野圭吾の小説。 本の方はすでに読んでいるので ストーリーは分かっています。 どういう風に映画化されているのか 見届けたくて観に行きました。   石神が堤真一が演じる? それを知った..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2008-11-19 19:09

容疑者Xの献身
Excerpt: その謎を、愛そう。 ガリレオが苦悩する、その謎とは? 2008年 日本 2008/10/04公開 監督 西谷弘 出演 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一/ダンカン/長塚圭史..
Weblog: レンタルだけど映画好き
Tracked: 2008-11-19 22:32

容疑者Xの献身
Excerpt: 東野圭吾の原作は読みましたが、 この映画は人気テレビシリーズのキャラクターが 事件を解決する様子。 どうなるんでしょう? ある日、河原で顔を潰され指紋も焼かれた殺害遺体が発見された。 被..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2009-03-09 13:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。