2008年09月11日

NO MUSIC,NO DREAM. 〜「デトロイト・メタル・シティ」〜

DMC01.jpg

松山ケンイチってひとはどうしてこうも
カメレオンな俳優さんなんでしょね。すごいわ〜♪

原作未見で鑑賞したんですが
根岸くんが気持ち悪すぎ。(わわわわわ)
ええ子なんだけど、渋谷系ポップミュージシャンには
程遠いってか、しんどい。(わわわわわ)

かつて一世を風靡したオザケンでも
ちょっと私は苦手だったので、あの雰囲気もダメなら、
ベタベタに甘い歌詞は
うわ〜〜〜〜〜・・・でございました。
あたしゃ〜ダメだ。

その点、なに言ってんだかよくわからん轟音で
聞き取れたと思ったらトンデモな歌詞でも
DMCなかなかでございました。
あれ、ホントに歌ってギターもやってんなら
すごいわ、そのカリスマ性って。


原作マンガはさらに過激と聞きました。
実際劇場で流せないような言動が
ホントは多いんだろうな。

その辺を幾分オブラートに包んで
それでも松雪泰子さんのぶっ飛びぶりは
あれはあれで気持ちよかった。

で、なんだか見終わった感じは
ファミリーでも見れる、ちょっとほんわかした
コメディになっちゃったかなと。

なんだかひょろっちいデーモン小暮みたいだ。(わ)

憧れの誰かを真似してグレても
その誰かからの忠告なら聞くんだ。
この辺も「ボクにしかできないこと」?(笑)

気持ちが折れて実家に帰って
そこはお母さん。何もかもお見通しで
クラちゃん(爆)に会ったら渡してって
お守りを託して子供を送り出す。

夢がかなう人は少ない、
ましてや人に夢を与えられるひとはもっと少ない。
自分の望む道と正反対のメタルで
結局は帝王まで倒しちゃって
♪アマイアマイアマイアマイ〜♪

もしかしたらクラウザーはこれからも
まるでファンに与える試練(!)のごとく
好きな音楽を
アノカッコでやるのかもしれない。
売れたらそういうこともできるもんな〜(え)

・・・メタル対決よりも
そっちのほうがもっと簡単に
ノックアウトできたような・・・(笑)
あのジャックがKISSのジーンシモンズって
あとでわかってびっくり〜〜。
よく出てくれたね〜。

ボクにしか見せられない夢がある。
でもそのパワーをくれるものは
家族だったり、恋人だったり、ファンだったりして
ま、ものすごい社長も含めて
そういうものがクラウザーを育ててる、見守っている。
(デスメタルの歌はある種怒りや憎しみのような
ドロドロした感情を力にして作るようなとこはあるけどね。
それもまたピュアな根岸くんにはしんどいとこで、
隠れた才能を開花させるのが難しかったんだろうな)

ファンって一方的に夢を見せてもらってるようでいて
ステージに立つスターをどれだけ支えてるか、
なんだか改めて「お客様は神様です」を
そこに見たような映画でした。(え)
posted by Ageha at 01:56| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(8) | 映画、DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何時もお世話になっております。

やりたい事と持っている才能の違いに葛藤する姿を描いたストーリーでしたね。
うちは音楽Blogも兼ねているので個人的にはどちらも極端なジャンルなんですよね。大甘はダメだけれど激辛は大丈夫みたいな・・・
ファン心理が良くわかるだけに支えてくれるファンがいるから音楽活動をできるというのがある意味現実なんですよね。
ファンがいなかったら復帰したくてもできない人だっているわけで、私も過去の経験でそれは良く解っております。
家族は全てお見通しだったというのはね!
でもよくあの音楽受け入れましたねという感じです。
犯罪じゃないからOKという事で納得しましたけれどね。
Posted by PGM21 at 2008年09月12日 00:39
PGM21さん、どうも。
最近更新が滞っていてなかなかブログめぐりもできない状態ですが
お越しいただいてありがとうございます。
(感謝)

お母さんはおそらく
全く方向性の変わってしまった息子を
むしろ心配していたのではないでしょうか。
そして帰ってきたときの息子の様子次第で
かける言葉を考えていたと思います。
旅立った息子に対して親ができることは
信じることと見守ることだけですしね。

ホントは過激なコミックのはずですが
その辺はスクリーンにもってく時点で
起動修正されたかもしれません。
それでもうるさいお母様方が見れば
うわ〜〜な作品ですが
それはあくまで外見と言葉の話だけで
親子の愛情やら見守るファンやら
結構ええ話に仕上がってた気がします。

たとえば、言葉使いはぞんざいだけど
ええひとってのが出てしまう
泉谷しげるとか、
声のトーンだけで人格が変貌しちゃう
竹中直人とか
なんていうかこう両極端を演じられるひと
どんな格好をして何を言っても
人柄の良さが表にでちゃうひとって
大好きなんですよ。
デトロイトも俳優松ケンの器用さと
キモイといいつつも
根岸くんの生真面目さや優しさが
人の心をつかんだ作品だったのでは
ないでしょうか?
Posted by Ageha at 2008年09月14日 08:56
こんにちは♪
お引越し疲れは出ておられませんか〜?

とうとうご覧になれたんですね、DMC!

松山クンはもちろんのこと、熱いファンである大倉君がツボでした。
あの人たちの扇動(先導?)があるからこそクラちゃんも引き立っていたと思います。
ホント、お客様は神様なのね〜。
Posted by ミチ at 2008年09月15日 16:02
ミチさん、どうも。

篤姫、3回くらい見逃してます(泣)
玉木宏はもう現れたのかしら〜(そこかい)
東京で夜遊び(コラ)してたり、
新幹線の中だったりして見れなかったよ〜〜。

さて。
大倉さん、かなり目立ってましたね〜。
かなり心強いファンだったなと。
それとお母さん。
すっとぼけていながらええひとでした。
Posted by Ageha at 2008年09月18日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「デトロイト・メタル・シティ」望まなかった夢がみんなの夢になっていた純粋な青年のドリームストーリー
Excerpt: 「デトロイト・メタル・シティ」は李闘士男の漫画「デトロイト・メタル・シティ」を映画化した作品で大分の田舎から出てきた1人の青年が大学を卒業してポップシンガーを目指したがレコード会社を間違えた事でデスメ..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2008-09-12 00:33

映画 「デトロイト・メタル・シティー」
Excerpt: 予告編の時、出演者の名前の中にカタカナで「ジーン・シモンズ」? エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?、本物ですか? (((( ;゜ω゜)))アワワワワ、あの...
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2008-09-12 21:00

【2008-198】デトロイト・メタル・シティ DETROIT METAL CITY
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!!
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-09-14 19:11

『デトロイト・メタル・シティ』
Excerpt: ----松山ケンイチって、 いつの間にかカメレオン俳優と呼ばれるようになったね。 「うん。 ぼくが最初に彼を意識したのは『不良少年(ヤンキー)の夢』。 まさか、あのツッパリが 『NANAーナナー』のシ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-09-15 09:56

映画 【デトロイト・メタル・シティ】
Excerpt: 映画館にて「デトロイト・メタル・シティ」 若杉公徳原作の大人気コミックを実写化。 おはなし:純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょん..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-09-15 16:00

デトロイト・メタル・シティー
Excerpt: ★★★☆  またまたマツケンがやってくれたね。マツケンこと松山ケンイチは、決してハンサムボーイじゃないけれど、『デスノート』以来人気沸騰で、最近は演技にも磨きがかかってきたじゃないの。彼みたいに芸達者..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2008-10-12 22:27

デトロイト・メタル・シティ
Excerpt: 松山ケンイチがあまり好きではない私です。( ^ _ ^; 特に「椿三十郎 」のしゃべれないっぷりといったら、もう! でも話題になったし、見ないと始まらないので 観ておきますか。 大分県..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2009-03-07 03:09

【映画】デトロイト・メタル・シティ…今ヤングアニマルが熱いのか?
Excerpt: 昨日{/kaeru_fine/}は息子の誕生日でした{/cake_2/} もう18歳の高校三年生で、まぁうちの子はそこまで学業が優秀じゃなかったから(なんて言ったら悪いかな…本人の選択で…ですね{/f..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2009-06-14 22:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。