2004年11月15日

生き残るのは大変だ。

昨日の続きになるのだけれど、
最近嘉門さんをあまりみかけない。
深夜放送のDJなら、師匠だった鶴光さんばりに
下ネタばっかしになりそうな気もするけど。
CDで、歌になってしまったネタより、
ギター一本で一人二役の漫談やってる方が好きなんだけど、
どちらにしろ一度聞いて机バンバンたたくほど笑ったのに
それを2回聞こうと思わない。もう笑えないのである。
昨日書いた替え歌メドレーはレコード会社、タレントさん、
あらゆる所へ頭さげて許可をもらう分、発売までの道のりは大変で
ガッツ伝説どころじゃない。ユーミンみたく、「好きなんだけど、
卒業写真だけはネタにしないで」といったケースもあるし。
やっと世に送り出したと思ったら、人はもう次を要求する。
もっと面白いのを、もっと違うのをって。ほとんど麻薬で、病み付きになるのに
そのくせ一口目のビールにも似て、楽しいのはその一瞬一回きりだったりする。

エンタの神様くらいしか見てないけど、そこからいろんな番組へ進出していって
ネタ披露する時「それ何回やんねん」ってつっこんでしまう。
忙しくなって引っ張りだこになってうれしい反面、人やものを観察するだけの
十分な時間がなくなってマンネリ化したり、おもしろくなくなったり
・・・でも人気はあるから、今度は別の仕事がまいこんでくる。
個人的にはモンスターズインクで吹き替えをした、爆笑問題の田中さんは
なかなかはまり役だったと思うけど。

スマスマ以降、ジャニーズ系のひとのコントがおもしろかったら、
笑いをとるために体張ってがんばってるひとはどうすればいいんだか。
意外性を求めて逆に俳優、歌手、小説家、キャスター、政治家
方向性を変えていかざるを得なくなって
そっちで成功してしまって、元は何してた人だかわからなくなる。
どんどん、そのへんの境目がなくなってきて、器用なひとだけが
生き残ってくような気がする。ひとつの道をきわめる人もいるけど
情報が早くて、人が飽きっぱくて、作り手がついてこれない。
個人的にヒロシもギター侍も陣内さんも青木さやかも好きだけど
流行語大賞を争うだけであくる年にはいないなんてことが
ありませんように。ちょっと心配なAgehaなのでした。

中は切っても・・・さん。だいぶ前の話になるんですが
TBします。
posted by Ageha at 15:26| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新ネタ、私も大変だろうなぁ〜と思います。
一度見たネタって2度目はもういいやって思いますもんね;
でも、陣内や友近あたりのネタは
2度目のネタもゲラゲラ笑える。 
一瞬の笑いってことじゃなく
ひとつの作品としてよく出来てるってことなんでしょね^^
Posted by ちぃ at 2004年11月15日 17:07
TBありがとうございます。
同じネタでも、何度でも笑えるネタもありますね。
吉本新喜劇が代表例ですが、私は毎週見ていても、パブロフの犬の如く、笑ってしまうのです。
パブロフの犬といえば、三平師匠がおでこの横に手を置いたときに笑ってくださいといっていたのは、パブロフの犬をまねしたのでしょうか。
Posted by 中は切っても発出さん at 2004年11月16日 00:16
ちぃさんへ。

関西の人間だからかもしれませんが、
お笑いにはシビアなのかもしれません。
そしてあつかましい事に、昨日TVで見たネタは
あくる日学校でもう日常会話に溶け込んでしまい
自分のものにして、ものすごい勢いで
バリエーション増殖するんですよ。
まるで自分があみだしたみたいに。
それだけ影響力を持ってるじたいほんとは
十分偉大な芸人さんなんですが。

中は切っても・・・さん。

スマスマ特別編で稲垣くんが林家ぺーさんとの
対談のなかで三平師匠はどちらかといえば
ワンパターンだったのに人気者だったという
ような話をしてました。人柄なんでしょうか?
Posted by Ageha at 2004年11月16日 15:01
三平師匠は偉大な父に芸では敵わないことを知っていたのです。
だから、正面から勝負せずおちゃらけに走ったのでしょう。
そんな三平が不憫に思えて、人気があったのではないでしょうか。
それに比べ、こぶ平は勘違いしているのかな、と思えてしまいます。
Posted by 中は切っても発出さん at 2004年11月16日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1041716

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。